新着Pick
522Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
ブリヂストンさん、タイヤで世界トップシェア、時価総額3.4兆円で4,000億円超の経常利益を出す超優良会社で、日本が誇る完璧なグローバル企業。しかも石橋家創業一族による創業86年のオーナー会社でホントハンパない会社。タイヤというアナログなプロダクトビジネスからデジタルビジネスへの挑戦はかなり相反する部分も多くあると思いますが、これだけの会社ですからもっともっとデジタルを通じて世の中に挑戦をアピールしてほしいですね。
2017年1月、CDOという「旬のポスト」を初めて設けて、デジタル戦略に本腰をいれているブリヂストン。この職の必要性を訴え、初代CDOに就いたのが技術畑の三枝さんでした。約1年3か月の成果、マーケティング部門に傘下に専門組織を設けたわけ、デジタルトランスフォーメーションではない目指す理想、NECのCMO榎本さんとともに語ってくれています。
「私の役割は、デジタルトランスフォーメーションではなくブリヂストン全体のビジネスに変革をもたらす、「ビジネストランスフォーメーション」だと強く意識しています。」
三枝さんのこの言葉100%合意です。

だからこそ、CEOはCDOの重要性、必要性を理解して欲しい。
Digital TransformationにはExperience、Operation、Business、Cultureが大きなポイント。CDOは既存ビジネスとデジタルをどう結びつけていくか。そういった視点で「ビジネスに変革をもたらす」とコメントされている三枝さんがいるブリヂストンはDigital Transformationを成功させそうな気がします。
今、C○Oという役職の種類はどれくらいあるのでしょうかね。役割に名前をつけることでメッセージを出せるという一定の意味は理解しますが。。。
デジタルはマーケティングの一部でしかないので、この議論自体がちょっと?ではあるけど
記事読む限りだとブリジストンの場合はCDOと言うよりICT担当役員て感じですね。
この連載について
NEC
NECは、先進のICT技術・サービス・長年培った知見を融合して、世界の人々との協奏・共創をとおして社会課題を解決し、より明るく豊かに生きていくための「安全」「安心」「効率」「公平」な社会を実現していきます。「Orchestrating a brighter world」には、NECの強い意志と未来への想いが込められています。ビジネスに役立つ最新情報と、NECの最新ソリューションや技術の情報をお届けします。

業績

株式会社ブリヂストン(英語: Bridgestone Corporation)は、東京都中央区に本社を置く世界最大手の巨大タイヤメーカーおよびそのブランド。 ウィキペディア
時価総額
3.47 兆円

業績