新着Pick
1319Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
昨日のSHOWROOM前田さんの記事(https://newspicks.com/news/2878813)を読んで、Focus Timeというアプリをダウンロード→25分作業+5分休憩「ポモドーロ・テクニック」を実行しています。

意識しているのは、25分は座って作業して、5分は立ち歩くということ。
ずっと座っているより眠くならないし、集中力も圧倒的に高まります。

あとは、“座りながら運動できる”椅子「ing」が気になっています!

関連記事:「日本人の座りすぎ問題」解決へ コクヨ、“揺れる”椅子発表
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1711/06/news096.html
学生時代、京都鴨川の飛び石の上で、3日間座っていたことがある(おにぎりとお茶を持ち込み、トイレの時は離れる)

初日は川下を向いて水の流れを眺めていた
身体の中の悪いものが洗い出されていくような感覚に
まるで過去を眺めているようだ

二日目は川上を向いて
今度は自然界のエネルギーが身体の中に入ってくるような感覚に
まるで未来を眺めているようだ

三日目は川岸方向を向いて
ずっと横に流れ続ける景色を眺めているとめまいがしてくる
まるで現実を眺めているようだ


ふと、子犬が飛び石をぴょんぴょん撥ねて川を渡っていく姿をみて
見るべきは過去でも未来でもなく、現実方向に行動を起こすことと気づく


そして、私は再び歩き始めた


今思えば、川の流れを見続けたことによる心理効果は、いわゆる「ベクション刺激」による心理効果である。

Milesら(2010)の報告によると、収束ドット刺激(ベクション効果(視覚誘導性自己運動感覚)により、身体が後ろに向かって動いているような錯覚を受けるので、川下を眺めているのと同じ)と、拡散ドット刺激(同じく身体が前に進んでいるかのような錯覚があり、川上を眺めるのと同じ)を長時間眺めながら、自由に被験者に夢想してもらうと、収束ドット刺激では63.4%が過去に関する夢想を、拡散ドット刺激では59.7%が未来に関する夢想をした。これは、脳内の時間の流れのイメージと対応していると思われる。

Miles, L. K., Karpinska, K., Lumsden, J., & Macrae, C. N. (2010). The meandering mind: vection and mental time travel. PLoS One,5 (5), e10825. doi:10.1371/journal.pone.0010825
人類はずっとずっと日没と共に寝て、日の出と共に起きてきました。また僅かな食べ物を得るために1日中動き回り、それでも飢餓との戦いが続いてきました。そのような環境に適応してきた人体は飢餓や長時間の運動と睡眠にはめっぽう強い反面、食べ過ぎや寝不足それに運動不足には非常に脆いですね。
そもそも座るという行為は腰にも負担がいく
人間として自然で、生物として不自然な姿勢
まあ、一番負担のないのは横になる、、だけど
結局そうするわけにもいかんのよね

トレードオフ
オフィスワーカー、全員ダメじゃん。