新着Pick
19Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
イオンの動きが興味深い。単にデジタルやりますではなく、M&A,そして自らスタートアップに取り組もうとしている。道のりは険しいが、将来を考えていけば正しい選択だと思います。ポイントになるのは、人材の採用、そして育成です。あきらめずこの挑戦を継続することができれば、日本でも新しい形の小売業が誕生することだろう。
イオンフィナンシャルサービス株式会社は、イオンの子会社で、イオングループの金融事業を統括する金融持株会社(中間持株会社)である。 ウィキペディア
時価総額
3,633 億円

業績