新着Pick
188Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
>オートパイロットの能力に関しては、限界があると事前に説明を受けていた。だがあまりに快調だったため、うっかりバックミラーの確認を怠りそうになった。

運転者にこういう感覚を誘うことこそ,危険なシステムだと言えるのかも。
人気 Picker
実際にTESLAユーザーを3年以上続けている経験から言うと、高速道路の巡航走行においては現在のオートパイロットであっても非常に安定した自動運転を実現している。一方一般道においては、自転車、歩行者、駐車中のクルマ、信号、右折レーンなど不確定要素が多く、また速度制限が実態と合っていないため、安全側に設計されている自動運転車は教習車並みののろのろ運転となり、自分で運転した方が遙かに速いし、精神衛生上もいい。さらに言えば、もっとも眠くなりつまらないのは高速道路の長距離運転なので、高速道のオートパイロットだけが実現されている状態でも全走行時間の中で自動運転状態が占める割合は大きい。しかもこの一般道の状態は、レベル3、レベル4というテクノロジーが可能になってもほとんど解決されないので、ドライバー的にはレベル2で得られる満足度でも十分かも知れない。
そうだとすると、自動運転の本命はレベル3以上だと言っている日本の自動車メーカーの戦略に不安を感じる。実際に各メーカーによってレベル2と言っても単にオートクルーズレベルのものから、センサーを積みまくって将来に繋げようとするモノまで千差万別。まずはレベル2の精度をさらに上げて、世の中にレベル2のクルマを増やさないと、道路交通法の改正もできないし、自動運転社会の実現はできないと思う。
という題目でくくるには、テスラとエヌビディアからの情報開示が少な過ぎる。
本件の議論、少なくとも連邦政府の事故調査結果を見るまで控えるべき。
「オートパイロットは目的どおりに作動していたが、ドライバーがシステムに頼りすぎたとの結論を出している。」
慣れは恐ろしい。いつの間にか盲目的に信頼し(過信)、頼りすぎるドライバーが多くなるリスクが高いのではないか?と怖くなります。
1年半ほど前にシリコンバレーで友人の所有するテスラに同乗し、オートパイロットを経験しました。そのときは、怖かった。やはり信頼していないからでしょう。もちろんそのときよりはソフトが相当バーションアップされ進化しているでしょうが。
過信をさせない工夫を考える必要がありますね。
オートパイロットはテスラだけの話ではないので気になります。将来、必ず実用化して欲しい技術なので各社でデータをオープンにして開発を進めて欲しいです。
過渡期にはいろいろな問題がおこる思いますが、人命を最優先しながら勧めるしかありません。
頑張って欲しいです。
オートパイロットが自動運転レベル2なら、夏野さんが言ってるように長距離運転ではこれで十分そうだね!

「オートパイロットは「部分的運転自動化」を実現しているレベル2」
人間なり法治国家なりに問われているのは、責任ってナンダ?
たとえ99.9%事故が起こらない完全自動運転が生まれたとしても、0.1%の事故の「責任論:誰がどんな行為に対して責任を背負うのか?」へのみんなの合意がないと、社会モノ(みんなのもの)には、ならないんだろうなぁ。
CEOが自ら工場に寝泊まりして対応って、具体的に何をしているのだろう。
ゼロにはならない。受け入れるのは環境次第か「テクノロジーが人間の作業を代替するなか、最大の問題は『どこまで安全なら、十分に安全か』ということだ。車線変更テクノロジーの効率が、人間が行った場合を50%上回るなら十分なのか。これは誰も答えたがらない重大な問いだ」
この連載について
世界のクオリティメディアの記事をNewsPicks編集部が厳選し配信します。
時価総額
18.6 兆円

業績