新着Pick
1487Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
2年前、私は生まれて初めて購入し、20代を過ごした古いマンションをカウカモで売却した。ツクルバが綺麗にリフォームしてくれて、素敵な物語を添えてカウカモに掲載してくれた。誰なのかは全くわからないけれど、あの頃夜景を見ながら、明日も頑張ろってビールを飲んだあのベランダのある部屋で、今日も誰かが頑張っていると思ったらなんか胸が熱くなる。
最近周りでもカウカモの話題を話す人が増えてきた。
3年前に村上君から構想を聞いた時は、夢物語と思って聞いていたけど、物語とともに売る不動産に共感している人は、今、確実に増えている。
顧問先のツクルバ代表村上さんのインタビュー。よく言うことですが、デジタル的な視点で不動産を考えるのがいま一番おもしろい時代だと思います。その急先鋒がツクルバ😊
本当これ。暇な時不動産サイトをみようとは思わないけど、カウカモはみたいって思って定期的に見てしまう。

一連の購買プロセスに関わるすべての体験を、デザインとテクノロジーの力によってアップデートしている点
流通が保証されていれば、人は大きな買い物もするようになるということ
中古の流通が盛り上がることで、いいものを長く使う文化が強みを増すと嬉しいです。東日本大震災の時に消費する社会の限界を感じました。いいものを長く使おうと。この形でものを大切にする文化ができて嬉しいです。
BIM(ビルディング インフォメーション モデリング)のような領域は一般的に分かりづらいし、あまり派手に盛り上がらないかもしれないけど、

実はレガシーな業界を変えたい人たちや、ITを駆使して既存産業をハックしようとする人たちの交差点みたいなところに位置するので、志が近いけど多様性あるメンバーで仕事できるんじゃないのかなーと思う。

余談ですがCIM(シヴィル インフォメーション モデリング)というBIMの手法を橋や高速道路建設とか「都市」に使う領域もあって、不動産じゃないけど都市開発とかやりたい人はそっちが楽しいかも(所有の括りが大きいので大変そうだけど逆にやりがいある、とか)
ツクルバ、オフィスに遊び行ったこともありますがとても素敵な空気に包まれてました。うちもいつかオフィス内装をお願いしたくなったわ。^ - ^
友人も働いていますし、毎日カウカモのメルマガで物件のぞいてます。


圧倒的成長!とかってより、地に足ついていながらモチベーション高く組織全体としていいバランスを保っている、そんな印象です。
おもろー!そして、つい先日オフィスにもお邪魔したユーザー。
生きてる限り「住」は大きな要素。裏側の仕組みは勿論ですが、一見して伝わる「この人たちオシャレやん…」というUIなりオフィスなり言葉遣いが、cowcamoさんの魅力です。
デジタル化・AI化が進むと、プラットフォーマが台頭して、製品・サービスの画一化が進みます。圧倒的に安く、利便性高く、そして品質は結構良かったりします。決して安かろう悪かろうではありません。

画一化が進む一方で、もうちょっと良いもの、私だけのものが欲しいという需要が増え、一定のニッチ市場も出現するようです。5分で完売するランドセルの「土屋鞄」や数か月待ちというヘッドマッサージの「悟空のきもち」などはその例ですね。でも、超高級ではなく値段はせいぜい2倍くらい。この画一化と多様化の二極化があらゆる業界で進んでいます。

マンションは広さと立地で相場感が出来ていて、画一化も多様化も進んでいません。だから、ツクルバのような1点モノだが超高級ではない物件は確実にニーズを捉えていると思いました。

一方、マンションの画一化はアメリカで始まっています。keterraという建築スタートアップは、建材・備品製造~設計~物流~施工まで、デジタルで最適化して数週間で建築できます。2015年設立ですが、急激に業績を伸ばし、最近ソフトバンクからも調達しています。
東京以外にも広げて欲しいですね。大分県でも中古マンションは増えつつありますが、安いクロスとフローリングに張り替えただけの、自称「リフォーム済み」で出している家がほとんどです。つまらなさすぎる。