新着Pick
196Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
NPと読売新聞の記事でコメントがすでにたくさんついた後だったので、コメントを控えていましたが、冨山さんのL型・G型は、個別具体的な案(特に本稿にもあるL型大学の「職能教育」の具体例w)を見ると相当ひどいですし、コンセプトそのものも、むしろ新しいようで「時代遅れ」のように思います。

これも本稿で触れられていますが、統計や線形代数を知っていることは、エンジニアだけでなく、ビジネスの世界でも、これからは普通に必要です。仮にこれがローカルビジネスであったとしても。数年前には高度だと思われていたものが、テクノロジーの進化によりコモディティと化すと言うのは、さすがの冨山さんもご存知でしょう。それなのに、学問を一部の対象者だけに固定されたものとして考えるのは、極めて時代遅れだと思うのです。

そして、彼自身の視座が、文系の大学に閉じちゃってるんですよね。結局、ビジネスマンでしかないんです、冨山さんは。テクノロジーや、デザイン・アートの領域にまで頭が回らない。そして、それぞれの分野に、それぞれ確かにヒエラルキーがあり、ヒエラルキーが高いほど、もちろんグローバルレベルに達するのですが、そのレベルに達するには、裾野も厚く広くある必要があると言う観点が抜けていると思うのです。まあ、冨山さんがデザインの話なんてしだしたら、「どうしちゃったの?」と私は笑っちゃうかもしれませんがw

まあ、とはいえ、世の中にはL型にもG型にもなれない大学が多いと言うかほとんど(特に文系において)というのは、残念なことながら現実とは思います。そう言う意味で、良い問題提起をしていただいているとは思いますが、諸手を挙げて、素晴らしい提言、と言うわけには行かないと思います。

追記:L型大学のコンセプトそのものは私は賛成です。地域経済に貢献すると言うモデルの大学は極めて重要で、しかもそのミッションは崇高なものと思います。しかし、そこで教育すべき内容となると、「いや、それ大学以前でいいんじゃね?」というものだからダメなんです。
ちなみに、話題になっている線形代数(≒行列論+ベクトル空間)ですが、平成27年度から高校数学の課程から「行列」は消えました(「数学C」自体が消えた)。

【参考】
行列はもういらない
https://newspicks.com/news/2886820/
最先端ではなく、昔の工作機械の旋盤などで実習は必要だし、東大でも、やらされた。
学問をやる背景は、そのものの知識と、考える方法だ。

行列が無くなったとは驚き。線形代数の考え方を知るのは他に転用がある。
制御で、最近はボーデ線図とか要らないというが、考え方を知るのは大事だ。

基礎は一生に影響する。最先端ほど、寿命が短い。

今でも、高校時代の漢文や、教養学部のファインマン物理、キッテルの熱力学、旋盤や切削などが生きている。

筑駒って、尊敬したたが、大した教育をしてないのかなあ。ただの東大合格AI的マシンを育成しているだけか。そうした東大現役より、浪人したり、他の大学へ行った人間の方が、その後活躍している方が多いのはそういうことか。
これは本質的な良い批判!>この数年、世界的にAIブームが起こって以来、日本中のITエンジニアの多くが、突然線形代数と統計を真剣に学ぶ必要に迫られました。
それまでのIT業界において、線形代数も統計も、一部の例外を除いて、それほど必要とは思われていませんでした。
これが突然「必須科目」となったことで、慌てふためくエンジニアも多かったのです。周囲でもそういう人達を見てきましたし、かくいう私自身、統計は元来あまり得意科目ではなく、苦労した思い出があります。

しかし本来ならば、線形代数も統計も、大学の教養課程で真面目に勉強していれば自然に身についたことです。
元記事への是非はともかく、非常に重要なことを言っている。

応用の利かない即物的な職能教育ではなく、複数領域を深堀するために必要な学問の基礎体力、基本動作を学ぶのが重要
というのは完全同意。

そして、”競技人口”という言葉で言及している、有望な領域が見えてきたときには、国家単位で人材リソースをダイナミックにシフト、集中させていく戦略性が肝要。
冨山和彦さんの元記事のNPコメントは下記。

https://newspicks.com/news/2940491

私も「競技人口」が大切だという視点がすっぽり抜け落ちているなぁ~と思っていました。「選択と集中」を推し進めたから既に論文数が減って科学技術では二流国になりつつあるところで、GL型で中間層を破壊したら、完全に終わっちゃうでしょうね。
L型やL型にもなれない大学で起きていること。昨今のパーマネント教授職不足で基礎科学系の教員のレベルは高止まる一方で、大学全入時代の影響で学生のレベルは低下傾向。その剥離は深刻なレベル。極論、全大学全学部数学必修化でも良いと思う。
実は日本の大学は10年以上前からG型、L型に取り組んだ経緯があります。平成17年に出された中教審答申「我が国の高等教育の将来像」で、今後の大学の機能として、以下7つの機能類型に分かれるとしています。

○ 世界的研究・教育拠点
○ 幅広い職業人養成
○ 特定の専門的分野の教育・研究
○ 地域の生涯学習機会の拠点
○ 社会貢献機能 ○ 高度専門職業人養成
○ 総合的教養教育

これと並行して文科省は21世紀COEプログラムという世界的研究拠点となり得る研究に競争的資金を配分しました。ここまでは、現在のG型と方向は一致しているのですが、この後、研究のみに資金配分するのはおかしい、同様に教育に対しても行うべきだという意見からGP(Good Practice)プログラムが立ち上がりました。ここで機能分化ができれば良かったのですが、COE採択校がこぞってGPにも申請・採択されるという流れになり、結局分化の流れは消えていったという経緯があります。

ですのでG型、L型の議論は、確かに新しくはないですし、構造として乱暴な部分もあると思っています。ただ逆説的に言えば、10年以上、似た議論をしながら変わりきれなかった姿が今の大学です。

多少の暴論であっても、それにより議論を起こし、現状をひっくり返さないとまずいぞ、という点で冨山さんの意見は私には刺さります。
元文章の意図がどこにあったかわからないですが、教養とは何か、大学で何を学ぶべきかを考えさせられる良記事。
中部鋼鈑株式会社(ちゅうぶこうはん、英文社名 Chubu Steel Plate Co., Ltd.)は、愛知県名古屋市中川区小碓通に本社を置く電気炉メーカー。主に厚鋼板の製造を行っている。日本で唯一、厚鋼板製造を専業としている電気炉メーカーである。名古屋証券取引所第一部単独上場銘柄のひとつである(証券コードは5461)。 ウィキペディア
時価総額
211 億円

業績