新着Pick
NewsPicks編集部

この記事は有料会員限定の記事となります。

546Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
今回はミャンマーのロヒンギャ問題を「すなださん」と「川端さん」のやりとりで分かりやすく解説しました。

「アジアのラストフロンティア」と呼ばれ、これからのチャンスが期待されていますが、一方で、ロヒンギャ避難民の発生という人道問題が発生しています。解決の糸口が見えず、アウンサンスーチーへの批判も高まっていますが、実は彼女もミャンマー政府も改善しようという動きをしています。現状は肯定されるべき状況ではないのですが、長年の軍政下の負の遺産を追わされた状態でスタートした現政権の事情もあります。

調べても不明なことが本当に多く、当局者や専門家にも話しを聞きながらつくりました。報道記事や論文に書かれていることと、現場で起こっていることの違い、関係者の立ち場の違いなどもありました。どうやって、皆さんに、誤解無く、でも、分かりやすく伝えるか。デザイナーの砂田さんと怒濤のチャットのやりとりで共同作業をしていきました。

そもそも、ロヒンギャ問題とは何なのか。解決はできそうなのか。そして、日本の役割、ビジネスパーソンがなぜしっておくべきなのか。

そうした論点に迫りました。

特集「教養としての国際政治」のバックナンバーはこちらから
https://newspicks.com/user/9535
デザインを担当しました。
ロヒンギャ問題はあまりにも入り組んでいて、完全図解をしてみたかったのですが簡単にはできないことがわかりました。

そこで、今回は、わたしがロヒンギャ問題について川端さんに教えてもらい、そのやりとりの内容を記事化しました。

普通の記事より内容がスっと入ってくると思うので、ぜひお読みいただければと思います!
それにしても、個人的にも非常に勉強になりました。あんまりここまで網羅されてる記事も見かけないので・・・。

今一度、日本にとっても遠くない「ロヒンギャ問題」について考えていただくきっかけになると幸いです。
ものっすごいタメになりました。
というのはこの問題は個人的に一度きちんと理解したかったので。
元上司がミャンマーで仕事してたり、「民族浄化:ethnic cleansing」ってそもそもはボスニア紛争の際にアメリカのPR会社が提案して使用が始まったワードで、これは「戦争広告代理店」という本に詳しいのですが、いかに世論が簡単に操作されるかという恐ろしいテーマです。

さらにこの前のFacebook問題で、ロヒンギャ族へのヘイトおよびフェイクニュースがFacebookのメッセージを利用して拡散されてて、それをFacebook側がきちんと対処していなかったことも判明していて、
https://newspicks.com/news/2944619

もはや、これって言葉を選ばず言いますが、現代における最新の人権侵害だと思います。

歴史的な背景から日本がある程度この対立に関わっていたというのは皮肉なことですが、河野さんが積極的に関与していく姿勢を見せていることは進出企業としてもすごく良い影響がありますし、国際社会のなかでなんとか日本もこういう問題に取り組んで行って欲しいです。
選挙結果をきっかけに民族間の暴動が起きる、ということがかなりあります。東南アジアやアフリカの諸国で多いですが、1969年のマレーシア総選挙、2007年のケニア総選挙、スリランカ、等々、数多くの例があります。原因は、
①選挙というのは利権の分配です。それまで特定の人たち(民族や部族、宗教)に利権が偏っていた社会だと、選挙によって人数頭で利権を配分したところ、その人たちから利権が失われたりします。危機感をもった人々が暴動によって選挙結果を帳消しにしようとする
②人間は新しい現実を突きつけられるとビックリしてパニックを起こします。仏教徒の人たちにしてみれば、遠くの都会にムスリムがいるというのは知っていたけど、周りの村は全員仏教徒。ところが選挙というのをやってみたら自分たちの選挙区(生活圏に比べるとだいぶん大きい)の代表はムスリムだという。ペテンに違いない、と騒ぎだします。ムスリムも選挙結果が生活実感とかけ離れていると感じたりします。国勢調査も同じ効果があります
 ミャンマーも1950年代以来選挙は繰り返されてきて、その度に危機を深めてきました。1950年代の選挙ではロヒンギャの人々も参加していたのですが、この危機感を背景に1982年国籍法によってほとんどのロヒンギャの人々が参政権を含む諸権利を奪われました。
 選挙がいけないわけではありません。ただ、特に中央集権的な政府がなかった社会では、国家への参加という事態は大きな衝撃をもたらします。衝撃をうまく緩和するのが政府の重要な役割なのですが、多くの途上国ではそれができていません。欧米諸国による植民地の線引きで国家の範囲が決められたことに原因を帰する見解もあります。しかし、多くの人々は小さな生活圏しか知らず、衝撃は避けえないことです。
 先祖代々住んでいたとかいったことはあまり意味のないことで、大部分の人々は2百年前に先祖が住んでいたことを証明する術などありません。途上国では、現在に至るまで政府に登録されていない住民など無数にいます。国籍の付与というのは、現在の政治情勢を基準にした恣意的な判断にならざるをえません。途上国の政府が、容易で多数の支持を得やすい権利付与の基準とすることが多いのが宗教です。多数派を占める宗教の人々にだけ権利を与えれば、多数派の支持は得られます。結果として、少数派の宗教の人々は権利を奪われます。
ロヒンギャについてよき説明です。

日本の企業は、ミャンマーの市場を見通して、数十人の駐在員を貼りつけているのがあります。
ロヒンギャ問題一つだけ取り上げて、ミャンマーは企業が期待するほどの魅力はないのではないかと思いました。

アウンサンスーチーに対する期待も高いですが、これでは外れるだなとも思いました。
非常にわかりやすく詳細な説明、川端隆史さん、ありがとうございます。

こうした背景などをあまり考えているのかどうかわかりませんが「ミャンマーが熱い」と言われて大量に進出してしまう日本企業。2011年には68社しか進出していなかったのですが2016年には397社と4倍以上に。

日本企業の進出先数ランキングで20位に入っています。一方でミャンマーのGDPは世界第73位。なんというか、企業活動ですら流行りって微妙だなと思います。この397社はどういう意図をもって進出しているのか。そしてしばらくしたらその熱も冷めてどんどん撤退するんだろうな。。。
「すなださん」と「川端さん」かわいい。
「川端さん」のアイコンすごい特徴を捉えている笑
また新しいスタイルを生み出しましたね。

もちろん内容もわかりやすくて助かります。
ロヒンギャの問題をここ最近、報道されている「点」の情報だけで考えるのではなく、歴史から学び「線」として理解することが重要ですね。
勉強になった。
アジア市場を語る上で、こういった歴史・文化背景を理解しておくことは大切。
韓国や中国については歴史問題として取り上げられることが多いですが、ミャンマー・ロヒンギャ問題に日本が絡んでいることは勉強不足で知りませんでした。

それにしても砂田さんの記事は、デザインがわかりやすくて本当に役立つ!

この記事にあるような歴史事実があるにも関わらず、ミャンマー人がなぜ日本人に対して寛容なのかについても合わせて理解↓
https://www.ganas.or.jp/20160331ww2/
わかりにくい問題をわかりやすく説明している素晴らしい記事。ぜひ多くの日本人に共有してもらいたい。
数年前から大学でミャンマーの留学生さん達を受け入れています。
本記事のような知識が背景にあると、接し方が変わって来ますね。
間接的にではありますが、日本とミャンマーの互いの繁栄のために、自分の身を持って何かできる機会を与えられている、ということの重要さを実感します。
この連載について
暴走が加速するトランプ政権に、世界の新たなルール作りを目指す中国。北朝鮮問題から中東問題まで、地殻変動が進む国際情勢と地政学の動きを解きほぐし、徹底解説する。