新着Pick
735Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
現代の中東情勢をアメリカの政策の合わせ鏡と考えるのは、私には今ひとつしっくりきません。

というのは、今の中東の混乱を招いた最大のきっかけである「アラブの春」について、アメリカの政策ということでは、説明ができないからです。

「アラブの春」とは何か、というのは学説が分かれるところですが、個人的には中東各国を支配する「世俗主義」権力に対する統治の方法としての「イスラーム主義」の挑戦だと考えるのが一番納得がいく考え方です。

アラブの春によって、民衆レベルで支持されたイスラーム主義者は、次々と世俗主義政権(特に汎アラブ主義を支配的イデオロギーとする独裁政権)を各地で倒しましたが、その後のイスラーム主義の勃興を巡って、周辺各国の利害が交錯し、それぞれの利害に従って各国が介入した結果、収拾のつかない事態になった、というのが私の現代の中東情勢に対する基本的な理解です。

その意味で、中東を突き動かしているものはやはり「イスラーム」なのです。

そしてここでいうイスラームとは、宗教というより、統治論としてのイスラームであるため、スンニ派とシーア派という単純な教義の対立ではないというのは、その通りです。

一方で、イスラームとは縁の薄いアメリカは、現代中東情勢においては、中東全体を動かす力はなく、最早干渉国家の1つでしかないとも言えるわけです。

個々の事案についてはよい纏めだと思いますが、字数の関係なのか、アラブの春と、宗教ではなく統治主義としてのイスラームいう、全体を紡ぐ横糸を省略してしまっているため、全体像が少々わかりづらくなっているのが残念なところですね。
「教養としての国際情勢」の第5時間目は、中東について、放送大学客員教授の高橋和夫さんへのインタビューを掲載します。中東と一口に言っても国や切り口が沢山ありますが、「超入門」をテーマに中東についてよくある誤解や疑問を中心にお話しを伺いました。
「中東の概念は伸び縮みします」というのはかなり重要なポイントで、"Near and Middle East" というのは、どこから見て「近い」のかというヨーロッパから見てのことです。20世紀より前だと基本的には「近東」と呼ばれ、主にオスマン帝国とイランの王朝のことを指しました。現在の「中東」という括りは第二次世界大戦より後のものです。
 結局、ヨーロッパから近いというだけのことで、政治的にも宗教的にも一体性のない地域の括り方にとらえどころがないのはあたりまえなのですが、これが東南アジアであれば、「ASEAN加盟11カ国」という多少の実体がある国際機関を基にしています。中国は古代から政治と文化的秩序をもった勢力圏を明確にすることに非常に積極的だったし、ヨーロッパは特に近代には一つの文明圏として積極的に実体のある秩序になろうとしてきました。
 中東が複雑で理解しにくい、というのは当然のことで、実際に複雑なのだから、政治や宗教や文化や経済の様々な要因を理解しないと無理なことだと思います。日本や中国だって仏教や儒教という宗教一つ(それだって壮大なテーマですが)を理解しても理解できるものではないし、どこの社会もそうだと思います。結局、まず個別の国ごとによく理解するのが間違えにくいでしょう。
わかりやすい解説がありがたい。
僕のMBAの同級生に中東出身の人たちが結構いて、イスラエル人とレバノン人の中東情勢の議論とかが結構緊張感あったのを思い出しました。

レバノン人ってマジョリティはキリスト教なんですよね。意外ですが。
でも考えてみればエルサレム含めて、キリスト教の重要なエリアってもともと中東だったわけで。昔ベツレヘムでクリスマスを過ごしたことがあるんですが、その中心部のエルサレム教会の前でクリスマスを祝うキリスト教徒のほとんどがアラビア系の顔立ちだったことを経験してようやく気付いたことではありますが。

中東=イスラムは結構な誤解ではあると思う。極論してしまうと日本人がみんな侍か、芸者か、忍者だと思われているような感じでしょうか。
以前地中海の東岸地域にあるパレスチナとヨルダンで生活してみて、先生がおっしゃる「中東=イスラム教ではない」点とても実感しました。

借りていた部屋の裏に教会があって、向かいのすぐ近くにはモスクがありました。
地中海東岸はクリスチャンが比較的多い地域なので、意外にも美味しい地ワインや地ビールがありました。
ワインは地域の修道院がミサ用に作っていたものが一般に流通するようになったりしています。

イスラム教徒はお酒を皆飲まないイメージがあったのですが、向こうの若者とコソコソ飲んむことも笑
信仰の度合い、解釈も人それぞれなようです。
まず「中東」という括り方自体が乱暴なのです。
記事中でも触れられているように、そもそもどこからどこまでが「中東」なのかも曖昧な上に、なんとなく「イスラム圏」と同義の使われ方をしていることが、更に理解を難しくしています。

各地で起こる衝突の原因として「宗派論争ではなく、利権分配の問題」という説明は非常に的を得ていて、なるほどと思いました。

ドバイは確かに脱石油を果たした地域として注目を集めていますが、その資金はアブダビの石油収入に頼っている部分が大きく、けして「成功した」とは言えません。また常に目新しさを訴え続けなくてはならない立場であり、走り続けることをヤメた時に真の価値が問われる地域です。

サウジに絡んでカタールへの断交の話題が出るのかと思ったら、全く触れられていませんでした。
小国として影響力はさほどないと判断されたのか、文字数の問題なのか、個人的には非常に残念です。
【国際】「中東のキリスト教人口」という切り口は、レヴァント諸国について考える時には特に重要な視点だと思う。ロシアとシリアのアサド政権との関係が強固である理由は、基本的にはロシアが東地中海における拠点を必要とすることであると思うが、歴史的、宗教的な点に着目するとシリア国内に正教会系のキリスト教徒やロシア人が多く存在することによる。
一番たくさんテレビに出ている高橋先生が、冒頭は毎度、NY仕込みの滑ったギャグ
【ーー中東情勢は難しいというイメージがありますが、なぜでしょうか。
高橋 「中東専門家」と言われる人々が、テレビや講演などで難しい話にしすぎています。専門用語を使いすぎたり、一般の人には細かすぎる経緯や歴史まで深入りしたりしがちです。】
ここらへんは完全に無知識でした
「中東から世界が崩れる」を読みます
この連載について
暴走が加速するトランプ政権に、世界の新たなルール作りを目指す中国。北朝鮮問題から中東問題まで、地殻変動が進む国際情勢と地政学の動きを解きほぐし、徹底解説する。