新着Pick
378Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
政治家になる前は、きっと政治家って党が違ったら仲も悪いんだろうなーと思ってましたが、、、全くそんなことはありませんでした。政局に左右されないプロジェクト単位の政治が出来る「議員連盟」という仕組みもあります。
超党派ママパパ議員連盟を立ち上げるにあたり、1番に会長就任をお願いに行ったのは野田聖子大臣。女性であり、男性であり?性別を超えた魅力があり、母であり、父であり?有名政治家であるのにとても普通、そして驚くほどに気さくで一本気。
この連載、とても楽しみにしてます!
イスラエルは出生率3.11をこえOECDナンバーワン、
さらに女性の活躍も進み、取締役で女性を雇う企業は世界ナンバー4位。

イスラエルは「家庭も、仕事も、両ドリ」ができています。

その点、日本の野田聖子さんの本走・彼女へのバッシングを観ると日本の闇を感じます。

たくさんの病気をかかえる息子さん産んだ時は「親のエゴだ」とか、、、そんなの、バッシングする人の価値でしかないのに...

日本においては「少子高齢化」がいかにヤバイ問題なのか、老若男女、全員に腹落ちしてないのかが、問題かなと。

もちろん、女は産む機械という極端な考えは好きではないですが、とはいえ今の現状「働きながらたくさん産むこと」は「周りから応援されない」からほぼ無理ゲー。

「子沢山=(笑)」ではなく「子沢山=有難い」という認識を作らないと、、ほんと、まずいよなぁ
もうかれこれ20年以上、少子化は国の大きな問題でありながら、抜本的な手は打てていません。そこに日本の文化的背景もあるでしょうが、どれくらい共働きで子育てをしてきた政治家がいるのだろうかと時々思うことがあります。つまり、今の子育て世代に共感できる政治家はいるのだろうかと。

そうした中で野田さんが不妊治療を公表した時は、大きな衝撃でした。政治家をしながらも子供を持ちたいという意志、そして不妊治療についてあえて言うことを選ばれたということ。あの頃は社会的に不妊治療への理解も今ほどされていませんでした。だからこそ、それは多くの不妊で悩む夫婦に勇気を与えたのではないでしょうか。

そういう点で野田さんの生き方には興味が湧きますし、共感できるのではないかと思っています。楽しみな連載です。
先日、マニラで野田さんと、フィリピン通信・メディア担当大臣とランチご一緒させて頂いたけど流暢な英語で、コミュ力が非常に高いのが印象的だった。フィリピン側の大臣が温泉好きという話になり草津とか別府とかのお話をするのかと思ったら、大江戸温泉物語について熱弁し始めた野田さん。「あそこならちょっとフジテレビ寄った(メディア担当大臣なので)ついでに行けちゃいますし。今度お連れしますね」なんていう冗談も(笑)。こんな切り口から日本の防災システムや人材育成の話を盛り込んだ話の展開でさすがだと思った。そのお人柄、どこから来たのか気になる連載です!
先日、超教育協会の設立シンポで挨拶をいただきました。役所が練った原稿を使わず、大幅に予定を超過してお話されました。障害を持つお子さんが自然にスマホを覚え、そこから成長を見せているという胸を打つ教育☓ICT論。他の政治家にはできない、大きなものをお持ちです。
「政治家としての私の取り柄は、母親の気持ちも、育児ができない父親の気持ちもわかるところ」なるほど。どちらかが無理をする状況は良い関係が長く続くことは難しいのかなと思います。野田さんご夫婦はバランスが取れているのだろうと思います。
とは言え、世の中の多くの夫婦はどちらかが不満を抱えていることも多いと思うので、ぜひ明るい社会に変えていって欲しいですね。とても期待しています。
この前のシリーズ「石破茂」は非常に良かったです。
野田聖子も期待しています。
できれば岸田シリーズも欲しいです。
人間力、聖子姉さんの半生。
大いに興味あります。
不思議なご縁から、いまちょうど、産婦人科医の根津八紘医師と野田議員との共著「この国で産むということ」を読んでいます。いい意味でも、そして悪い意味でも、この国の生殖補助医療の法整備がされていないのは野田議員の存在があるからだと感じています。

女性だから男性だからと言うのは苦手なのですが、野田議員には妊娠出産機能があるゆえに悩身を抱える性、女性としてすごく期待しています。がっつり出世してほしい。
個々の〝人となり〟を追う企画。
とても興味深く、勉強させていただいています。

マスコミはもっと政治でも「人の芯や核」を追うべきだと思っていたところです。
モリカケ、セクハラ、失言など。
確かに政界は多くのマイナス事案に包まれています。
しかし、投票で議員たちを選んだのは私たち国民ですからね。

政治家をフューチャーする時は、「何か問題が起きた時」。
その部分に昔から妙な疑問を感じているところです。

野田聖子大臣。
こんな激動な人生を送っているとは知らなかったです。
女性特有の悩みや選択を抱えながら歩んで来られた議員生活。

女性として憧れと芯の強さを感じます。
泥臭さが垣間見えるところが余計にかっこいいです。

ただただスポットライトを浴びた一部分だけを見ていると、
順風満帆で…なんて思ってしまいますが、
相当な苦労人でいらっしゃる…と。

私自身、30代に入り、
これからの人生、また新たにどのように舵を切っていくのか、日々考えているところでした。

今回の特集。
女性として、また人生の大先輩として。
野田聖子大臣の生き方、学ばせていただきます。
この連載について
各界にパラダイムシフトを起こしてきたイノベーターたちは、どのような生い立ち、人生を送ってきたのか? その深部に迫ることで、イノベーションを起こす源泉をたどる。