新着Pick
388Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
取り戻すというより加速するっていう表現の方が適切でしょうね。激安居酒屋は壊滅すると予測。コンビニのみ、家飲みが増えていく
おそらくこういう取り組みで最も需要を取られてしまう可能性があるのが居酒屋なんでしょうね。最近はファミレスとかでもグラスワインが100円以下だったり、つまみ一皿200円以下とかもありますからね。
セブンイレブンの既存店客数は昨年7月から今年2月まで8ヶ月連続の前年割れとなってますので、「取り戻す」という記事中の表現はあながちミスリーディングでもありません。
客数減の一因は24時間対応を増やしているドラッグストアへの流出でしょう。
チルド惣菜や冷凍食品の分野(消費期限が長いので過小な発注によるロスが出にくい)でおつまみ需要に対応するという戦略は筋が良いように思います。
記事にある「一番搾り」のセブン専用バージョンについては、下記でPickした。
そういえば、飲む・食べる総量は変化せず、それが飲食店→家に代わっていると考えたとき、セブンにとっては記事にあるようにもちろんプラス。ビールメーカーなどにとっては、飲食店向けと小売向け、同じ販売量の時にはどちらが儲かるのだろう?飲食向けだと単位量あたりは安そう、小売向けだと顧客が払う最終単価は高いが流通マージンは取られる。あとはそもそも飲食店でのほうがついつい飲み過ぎちゃうところはあるかもしれないが。
https://newspicks.com/news/2911404
永濱さんが指摘するように居酒屋は更に打撃が…すでにちょい飲み店が増えて居酒屋の既存店売上高は低迷中。更に拍車も…。居酒屋銘柄が軟調なわけだ、、
みなさんがコメントされてるように、セブンもこういった戦略を取ってくると居酒屋がさらに苦しくなりそうですね。すでに日高屋でも松屋でもどこでも酒が飲めますし、お通しシステムもあるから居酒屋行きたくないっていう人もいますしね。
家族のまとめ買いや単身世帯のちょい飲みプラス一品など、より利用者に合わせた商品開発が進みますね。そしてそれは居酒屋には驚異。ただ安くでは勝てない中、居心地や非日常などより大切にしないとです。
セブンさんのインサイト発見力はすごい 絶えず、人々の欲望は進化し続けるって前提で考えてるから おにぎりをコンビニで売りはじめた時以来ずっと変化に対応し続けている
酒+1品or2品という買い合わせを促すような商品開発がこれからも進みそうですね。

>「セブン―イレブンが「酒」に着目する理由は「買い合わせ」だ。2月の平均客単価は641円、買い上げ点数は3・2だったが、ビール購入者は1440円、5・9だった」
夜の客はコンビニ側が取っている一方だと思ってたので「取り戻せ」というタイトルに違和感がありありでしたが、本文見てもコンビニ側が取られたという記述がない、、間違いですかね
株式会社セブン&アイ・ホールディングス(英語: Seven & i Holdings Co., Ltd.、通称表記:セブン&アイHLDGS.)は、セブン-イレブン・ジャパン、イトーヨーカ堂、そごう・西武などを傘下に持つ日本の大手流通持株会社である。日経225及びTOPIX Core30構成銘柄である。 ウィキペディア
時価総額
3.74 兆円

業績