新着Pick
989Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
趣旨は良く分かりますし(近刊も読ませて頂きました)、私も殆ど賛成ですが、所詮「大学教育は社会の写し鏡」でしかないのも事実だと思います。新卒一括採用と頻繁な配置転換、年功賃金が社会のメインストリームである以上、学生の行動様式もまた簡単に変わらない(変えられない)と思います。そんなに学生は強くないでしょう。それでも昔に比べれば、そんなスタンスでは優秀な学生は採れないと分かりつつある企業も増えていますが・・・

私もずっと同じ仕事をしており、「次にどこに異動させられるか分からない働き方」に勤しむ人(特に若者)には危うさを覚えますが、専門分野を突き詰めると一気に就職の間口が狭まる現代の雇用制度では大多数の学生の行動様式を変えるのは難しいと感じます。やはり変えるべきは硬直的な雇用システムであり、その意味で政府・与党の進めようとしている雇用改革には頑張って貰いたいところです。
なるほど。センター試験と新卒一括採用はセットなのか。>ひょっとしたら10年後は、「え? 就活? 新卒一括採用とかしてたの? そんなの人権無視じゃん?」などと言われている可能性はあるでしょうね。
僕が思うに、大学センター試験をやっている限りは、就活があり続けると思います。就活改革は大学改革とセットだと思いますから。
企業からしたら、キャラクターの品質が保証された大学から一括で人を採用したほうが楽なんですよ。
箕輪編集室で俺が何もやらないのは、人に与えられたことよりも自分でやりたいと思ったことの方が圧倒的にコミットするから。

>
圧倒的当事者意識は重要です。うちのラボの人材育成で気を付けているのは、それをどう醸成できるかです。


これは僕もほぼ同じ特性。

> 自分でもたまに、僕の良いところや悪いところは何なのかと考えるのですが、悪いところは忙しいから適当なときはすごく適当になるところです。
あとは、僕はコミットメントが高いのですが、その中に礼節という部分が含まれていないこと。番組の収録中でも、重要なメールが来たら、返していますから。
だけど、コミットメントが高いので、番組中に質問されたら、とりあえず真剣に考えます。今の能力の全てをかけて、言われた問題に対して考えます。
大学1年生に聞かれても、ちゃんと考えて、自分の答えを言います。
「東大・早慶の就活 2019年卒」最終話は、WeeklyOchiaiで放送した落合陽一さんの「ワークアズライフ時代の就活論」をお届けします。

自分のキャラクターを知ることの大切さ、コミットメントとは何かについて、落合さんが大きな示唆を与えてくれます。

特集を最後までお読み頂きました就活生の皆様、ありがとうございました。皆さまが、自分のやりたいことができる仕事に出会えますように…!
「自分が何とかしなければ」というコミットメント感が生まれたのは自分の場合、30代になってからです。
結婚し、子供ができ、いくつかの転職と引っ越しを経験してようやく覚悟が定まったというところで、それまでは「いざとなったら場所を変えればOK」
という感覚のほうが強かったと思います。
今では2法人を経営しているのでもはや「なんとかしないとなんともならない」状況にありますが、ストレスはありません。

そう考えると、20代前半の人たちにそれを求めるかというと「そういう人のほうがもちろん頼りになるし仕事も任せたいが、そこまで腰を据えなくてもいいかも」と思います。
ふらふらよくわからない奴だなと思っていた若者がいつのまにか「任せてください」人材になっているということは地域社会の小さな団体でも日々起こっていてなかなか感動的です。

40代である今となっては、若者に期待せずとも仕事は振りまくる、やってくれなくても気にしない、別の人に振る。という機会をより多く作るのがいいと思っています。
雇用してしまっていると「できるように育てねば」という意識が働きますが、幸い私が付き合っているのは本当にふらふらして就職もしていないか小さな起業をしているワカモノが多いので、大人な関係で協働しつつオッサンとして彼らの肥しとなれるようにという意識はあります。
一つの会社で「どれだけ長い期間働くのか」の時代から、一つの人生で「どれだけ多くの企業やプロジェクトと関わるのか」にキャリアの捉え方も変わってきていると思います。

となると、求められるのは「仕事ができるか?」に集約され、その点でコミットメントやコストの高い人材という要件は重要になります。
これなん年前の写真だっけ,超音波の磁場って超音波の場じゃねーかw
就職(企業にとっては採用)から、入社後の働き方まで、今後の一つの方向性が述べられているように思います。

ポイントは、『組織』とか『会社』と『個人』の関係が変わっていくこと。

働きぶりを公平に評価すれば、結果は不平等になりますし、平等に処遇しようと思えば評価は不公平になるものです。

人事評価とは、この2つの視点のバランス点を高めることにあります。

働き方改革では、個を大事にする時代が近づいているのは間違いないです。

会社を辞める理由の多くは職場の人間関係ですし、ストレスの原因の一番も職場の人間関係です。

どんなにきつい仕事でも、良い仲間に恵まれればなんとか頑張れますが、その逆は精神的にツライ。

このバラツキを抑えるために、圧倒的当事者意識というのが有効なことは、経験上からも納得できます。

就活生や若手社員の人にも有効だと思うアドバイスは、インタビュー中にもあるネットワークです。

個人が持っているネットワークが拡充してくると、組織に属さなくても仕事ができるようになります。

もちろん、自分ゴト感であふれかえっている必要はありますが、そうなってくると良いストレスの下で働けるようになります。

人間の可能性は無限大。就活も、その一つのステップに過ぎないので、肩の力を抜いて気楽にやってください。
さらりと書かれていますが「得意なこと」をやれることが重要な理由を、就活生はぜひ考えてみてください。
新入社員の時(電通リサーチ時代)の上司に、

「私たちは芸者商売だから、お客さんに呼ばれる人になれないと半人前」

と言われたことを思い出しました。
「呼ばれる人」と「呼ばれない人」の差は
大きいのはいつの時代も同じな気がしますが、
一層、仕事で魅せるのが難しくも楽しい時代になった気がします。

そのためにも「コミットメントの高さ」はホント大事ですね。

今週も頑張っていきたいと思います!!
この連載について
圧倒的な売り手市場が続き、エンジニアに高額初任給を提示する企業、中途と新卒の採用区別をしない企業などが登場。採用チャネルも多角化し、「インターン採用」のスタイルも百花繚乱の様相だ。 片や学生は、学生にしてプロさながらのスキルを持つ「プロ学生」が登場する一方で、安定志向の学生が主流派で、バブル時代の若者の価値観に逆戻り…との指摘もある。 東大・早慶なら、いつかはどこかに受かると気楽に就活する人が増える中、学生はこのまま、売り手優位を貫けるのか? その内実に迫る。
株式会社リクルートホールディングス(英語: Recruit Holdings Co.,Ltd.)は、求人広告、人材派遣、人材紹介、販売促進などのサービスを手掛けるリクルートグループの持株会社である。 ウィキペディア
時価総額
5.99 兆円

業績