新着Pick
434Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
GoogleのAIトップという表現はややミスリーディングだと思う。Googleグループ(この方がAlphabetと書くよりわかりやすい)のAIを技術面でリードしているのはDeepMind、それを実務に落とし込むのがGoogleBrainといった感じで、両者共通のフレームワークがTensorFlow。TensorFlowはオープンソースでGoogleだけでなく、誰でも使えるが、Googleにとっては中国を攻略する為の数少ない戦略商品。ここを率いているがJeff Dean。Keynote videoをご覧ください。
John Giannandreaはここ5年で徐々に居場所がなくなっていったのではないかな。そこでAppleへ移ったというのが私の推測です。もちろん本当のところはわかりませんが。

https://www.youtube.com/watch?v=kSa3UObNS6o
私的にこの記事のポイントは「アップルはAIでグーグルやアマゾンに大負けしている」という点。アップルはカンファレンスに全く出てこないので、何をどのぐらいのレベルでやっているか、私にはサッパリわからなかったもので。

その昔、地図で大負けしていている話は現場話として聞きましたが、現在のML/AIラウンドでもやはりそんな感じなのですね。この方面でのアップルの苦戦は、ジョブスの「老害」の遺産という説もあり、地図のときも人を雇うのに躍起でしたが、なんか人を一人引っこ抜いたぐらいで済む問題ではないように思います。

<追記>
大村さんのコメントに「スタンフォード・ハーバード」とありますが、少なくとも外の私からもよく見えるオープンソース系の世界でいえば、この2つより「UCバークレー・MIT」が活躍している印象です。私の印象が間違っている可能性も大ですので、情報あればぜひ教えてください!
空閑さんのコメントやSatoさんのコメントも見てほしい。
Google内での組織も色々あるし、引き抜いたというほどのことだろうか?Satoさんのリンクは昨日付けでAppleについての言及はないが、Googleで氏の申し出によりポジションを下げるという記事。そこでは「During his tenure at Google, Giannandrea kept a pretty low profile, with few public appearances.」という文言がある。

AI関連はAppleにとっても注力領域。ただ、Appleは秘密主義であまり人材吸引できておらず、AIではオープン化する方針を出している。一方で、上記の文言などが真とすれば、どれだけ良い採用なのかは正直分からない(Appleがバックグランドチェックをしていないはずもないので、何とも言えないところではあるが)。
https://newspicks.com/news/2588820
英語版を読むと steps down とあって、、また違った印象を受ける。


https://techcrunch.com/2018/04/02/google-ai-and-search-chief-john-giannandrea-steps-down/
向こうの人材の引き抜き合戦は激しい。競業避止もあったもんじゃないなw いずれにしてもお馬鹿なSiriが賢くなってくれるのはAR時代には必須。なので大歓迎! >Appleは、Googleの人工知能と検索の責任者、John Giannandreaを同社に迎えた
AIトップ?というかこの方が強そうな方面って、マシンラーニングではなくてセマンティック検索分野だと思うので、Siri的な意味では強い協力者を得た感はあるだろうけど。
スマートスピーカーを見てもわかるように、AIでは、アップルは周回遅れ。
トップ引き抜きだけで、これを挽回するのは難しい。
人材確保目的(アクハイアリング)の大型買収が必要だと思う。
AIのトップの引き抜き。優秀な人材が競合他社に転職する時代。会社の業績にも少なからず関わってきますね。
Siriがどこまで改善されるか期待です!確かに、アップルがSiri搭載のスマートスピーカーを出すことは考えにくかかった。

しかし、このレベルの人をどうやって引き抜いたのか・・・気になる・・

>現在Appleは人工知能を利用した知的ソフトウェアの分野でライバルに大きく遅れをとっているからだ。同社が消費者向けAI技術を注ぎ込んでいるデジタルアシスタントのSiriは、AmazonのAlexaやGoogleのアシスタントに能力面で大きく水をあけられている。
- Apple は人工知能を利用した知的ソフトウェアの分野でライバルに大きく遅れをとっている

- Siri は Amazon の Alexa や Google のアシスタントに能力面で大きく水をあけられている

理由は Apple が秘密主義で研究成果を公表出来ないので優れた研究者が集まらないからと言われている

# ちなみに Google のサービスで人工知能が使われている割合は

- Multi-Layer Perceptron 61%(検索)
- Long Short-Term Memory 29%(翻訳)
- Convolutional Neural network 5%(画像認識)

In-Datacenter Performance Analysis of a Tensor Processing Unit
https://arxiv.org/abs/1704.04760
アップル(英語: Apple Inc.)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州に本社を置く、インターネット関連製品、デジタル家庭電化製品および同製品に関連するソフトウェア製品を開発、販売する多国籍企業である。2007年1月9日に、アップルコンピュータ(Apple Computer, Inc.)から改称した。アメリカ合衆国の主要なIT企業である。 ウィキペディア
時価総額
118 兆円

業績