新着Pick
243Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ビジネス用途も狙っていそうですね。スペースをまず使ってもらう。の発想で見ると、通信環境だけでなく充電も非常に大切なので利用者にとっては有り難いですね。
急遽外で仕事をしたい場合、最近だとレンタルスペース的な会議室などもあるのでそれを取るか、会話が必要なければカフェとかもありますが覗き見は気になるので、マンガ喫茶とかも選択肢。電話などが必要なときはカラオケルームとかも選択肢として頭をよぎります。晴れてる日は公園でやったり、本当はカーシェアとかに登録して、車の中でやるのがスマートだとは思うのですが。
意外と涙ぐましいスペース難民。充電ニーズも確かにあるので、カラオケボックスが充実するのは個人的にはうれしいですが後はどれだけ静かかが気になります。。。
「カラオケボックスにあるとうれしいサービスとして「Wi-Fi環境整備」や「スマホの充電器貸し出し」が挙がった」
数時間あればしっかり充電できて助かりますね。

カラオケで仕事をするというニーズも最近はあるようですし、無料Wi-Fi環境とスマホ充電で、歌以外で利用する人も増えるかも知れませんね。
用途は、大きく2つあると予想。
一つは、他の人も書いてるように「ビジネス用途」だが、もう一つは、おそらく「若者の“ストーリー”アップ用」。

インスタでストーリー機能を使うことが増えた今。
ストーリーでは、動画をアップすることが多いので、かなりデータ量を食う。
しかも、カラオケなんて、これまたかなりの頻度でアップする人も多いのだが、速度制限がかかっていたりするとなかなか上がらず、アップを諦めてしまうことも。

でも、ストーリーをさくさくアップすることができれば、ビッグエコーにとっては大きな広告になるので、広告費としては安いもんだ!と考えたのではと思いました!
ビジネス用途でカラオケボックスか。考えたことなかったけど、ありですね。防音とかどうなんだろう。電話会議の音声に隣の人の歌声が混ざるのはマズイ
オフィスとしても使えそうですね。あちこちにあるので、隙間時間の利用に持ってこいかも。
これがニュースになるというのは他のカラオケ屋では…。
三井不さんでも東急電鉄さんでもウチ(https://mwo.infonista.jp/)でもどこでも良いから、企業は従業員の働きやすい環境を場所的にも用意してあげるべきと思う。
これだけ、個人の好みが多様化し、エンタメもパーソナライズすると、皆で楽しむカラオケが廃るのもわかる。私などは、もはや若い人とカラオケには絶対行きたくない
カフェでノマドをするよりは電話も出来るし、画面も見られないので少しはセキュアに仕事が出来るのでありがたい。グループで入ってディスカッションもありだよね。とはいえVPN接続などは必須。
株式会社第一興商(だいいちこうしょう、英語: DAIICHIKOSHO CO., LTD.)は、業務用カラオケ・コンテンツ関連の会社。 ウィキペディア
時価総額
3,091 億円

業績