新着Pick
NewsPicks編集部

この記事は有料会員限定の記事となります。

82Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
強力な電磁パルス(EMP)だけで、敵国を麻痺させることができるなら、日本は国防をEMP軸に考え直すことはできないものなのか? そうすると防衛自体が新しいパラダイムになるのだから、いまさら自衛軍を明記する憲法改正したところで、すぐに古くなってしまう気がしてきた。そうした議論こそ、いまやるべきなのに、森友に時間を潰しているのは、なんとも悲しい。
 使用そのものが常識的に「あり得ない」ことから、核兵器をめぐる問題は普段、あまり意識されないのが実情でしょう。しかし北朝鮮の核問題がひとまず交渉に向かう一方で、トランプ政権は核兵器開発の拡大を指示し、イランの核開発を制限する国際合意の破棄も視野に入れています。
 さらに、デジタル時代ならではの重大なリスクがあると記事は指摘しています。かつては「あり得ない」と思われたことが起こることもあるこの時代。核の使用が以前と比べて容易になりうるリスクを指摘した貴重な記事です。
EMP攻撃受時には取り敢えず自身のスマホ類を電子レンジに入れて守るくらいしかないですね...。
小野さんがいいこと言ってました。

>もしお金を気にせずに使えるなら、5年あれば火星への有人飛行は難しくありません。今、人類が互いに喉元に刃を突きつけ合うために浪費している軍事費をすべてつぎ込めば、2年後に火星、5年後には他の星にも行くことができるかもしれません。

https://newspicks.com/news/2902887
ドラマ24に出てきたEMPは、CTU内の電子機器だけをぶっ壊してたけどすぐに復旧していた。

ここで書かれているEMPは、もうちょい規模がデカい。

>北米または西欧の上空の高層大気圏でたった一度のEMP爆発を起こすだけで、そのデジタルインフラを何年もまひさせることができる。
核抑止が機能しないのであれば、核兵器が使われる可能性は十分ある。もしイスラム国が入手していれば、ためらわずに使っただろう。核保有国に囲まれている日本としてはもう少し現実に向き合った方が良いのではないか。
「EMP(電磁パルス)によって電力系統やデータ保管庫、コンピューター・通信システムを無力化し破壊することができ、金融システムから上水道や食料供給まで、あらゆるものに壊滅的な打撃を与えられる」
すでに繰り返し言われていることだが、「デジタル時代の落とし穴」が深刻になりつつあるのは間違いない。
「世界には核保有国が9カ国しかないのに対し、140カ国を超える国々がサイバー兵器による攻撃力を身につけようとしているのだ。」
国家に限らず個人でケーパビリティを持つことができる点。。。
デジタル時代に入った現在、世界の政治家達の顔を見て、ほんとうに信頼できるのは何人いるでしょうか。
金正雲などの顔を見て、ものすごく嫌な感じをします。
核を持つことによってますます金正雲は見にくくなったと感じます。