新着Pick
868Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
東京や大阪などの都心から、遠く隠岐の島に”島留学”する現象が起きているーー。そう聞いて、矢も盾もたまらず、留学生を受け入れる島前高校がある海士町に渡りました。

ところが取材当日は、天候不良で島へ渡るフェリーがまさかの欠航という不運が……。境港で足止めを喰らい、翌日、天候が回復したことで、再チャレンジ。

そして、同校を取材した結果…。「島全体で教育する」というコンセプトがどれほど子どもたちの能力を引き出すかを見た気がします。

学校は地域に開かれるべきーー今回の特集に登場してくださった方々は口々にそう仰りましたが…完全に同意です。

ちなみに私は島でスマホを落とすという失敗もしてしまったのですが、島前高校の生徒さんがそれを拾ってくれ、私の宿泊先に届けてくれる…ということがありました。子どもたちが人を助ける、貢献することが自然に出来るようになっている…と実感した出来事でした。ありがとうございました。特集を最後までお読み頂きました読者の皆様にも御礼申し上げます。
島前高校と海士町には数年前にお邪魔しました。海士町は平成の大合併が進む中、町の独立を保とうと民間出身の山内町長の下、Iターンの積極受け入れや、岩牡蠣や隠岐牛のブランド化など、独立自尊に向けた取り組みを多々なさっています。その中でも非常に重要な施策だったのが、島前高校を存続させることだったと聞いています。
高校生が島の外に出るようになると、帰ってくることはなかなかないでしょうし、若い親の世代も流出しかねません。
高校だけでなく、本稿でも触れられているように、大学進学を希望する学生のための塾も町が運営し、ベネッセ出身のIターン者の方などをはじめ、東京の民間企業にお勤めしていらした方々が島前高校と連携しながら、工夫を凝らしてプログラムを運営してらっしゃいます。

現地を訪れて私も大変感銘を受けましたが、地方の小さな自治体であったとしても、意志があればこのような結果を出せるという成功事例なのだと思います。
地方創生というのは、中央が何をしてくれるのかを待つことではなく、自分達で勝ち取っていくものなのでしょうね。
「それは海士町だからできたことだ」と捉えるか、「自分たちもやってみよう」と捉えるかが、10年後に大きな違いを生むのだと思います。

https://toyokeizai.net/articles/-/42003?page=3
これは本質的だから、どんどん広がると良いですね。
①高校生くらいは、親元を離れた寮生活が、人間力向上に素晴らしく好影響があること。(10代後半にもなって、母親に起こされてる息子みたいな状況が、一番まずい)
②ほんとうに地域を巻き込めていること。(アフリカの諺で「子ども一人を育てるには、村一つが必要だ」というのがあるが、まさにそれができている。)
③野外系の原体験を分厚く詰める。アワビや魚を獲ったり釣ったりしてそれをさばいて食う。いいね。
など、良い点をすぐ挙げられる。

課題は、ブランド化かな。都内の中高一貫私立に入って東大や医学部目指すみたいな一団が、ごそっと「今イケてるのは、やっぱ地方留学でしょう」と言い出すような流れを作れると、さらに良い。
あと、長野県の北相木村(ここも本当にすごい)みたいな、小学生の山村留学の流れと一体化したムーブメント作れるとよい。
海士町の島前高校は、地域モデルとして全国的に有名ですね。ただ、その取り組みの具体を分かりやすく紹介した記事は少ないので貴重な記事だと感じました。

地域と連携したプロジェクトを行う高校は他にもあると思いますが、その意識が教育全てに浸透している事が素晴らしいなと。特に進学へ向けた対話がいいですね。進路指導でこのやり取りができるのはすごいなと、率直に感じました。

まだ海士町には訪れた事がないですが、いつか伺ってみたいです。
教育に島全体で本気で取り組む。本来、人を育てるのは町や村、近所の人たちを巻き込んでいたはずのものが先生に全ての責任をなすりつけるようになってきた。後継者を育てるのですから、島全体での本気の教育が全国にもモデルケースになればいいですね。僕自身、参加してみたい。
島前高校のモデルを全国に広げる活動を手伝っています。島留学は、島根県全体の島根留学という取組みになり、昨年は県下の19校に184人が“留学”しています。

これからは「地域みらい留学」として、全国に広げていくフェーズに進みます。ティーザーサイトがこちら。
http://c-mirai.jp/about.html
一種の「隔離」だが、これは凄く興味深い試み。
隔離された場所で勉強や人間形成を行う事は、欧米の寄宿制私立学校にも通じる。
島のコミュニティの協力があるから、島全体を教育の場として使えるんですね。これは画期的。

島全体のコンセンサスを含む環境の整備は必要だが、教育だけでは無く「離島」である事をメリットと出来る試みがまだある気がする。
H高校つくるので参考にしたい
"将来やりたいことのために、なぜ学力をつけることが必要なのか、遠回りをしてでも、生徒に納得してもらうことで、実際、生徒の学力は向上しつつある。"
必要は発明の母ですね。必要だからやる、そう子供に思わせることが1番大事だと思います。必要を感じたらあとは勝手に進んでいきますから、その時に大人のやることは転ばぬ先の杖を出さないこと。
記事中にも登場する盟友豊田省吾くんが海士町に移住すると言い出した時には結構驚いたものです。課題が多いのは頭では理解してましたが、外から入ってできることがあるのだろうかと当時はただ送り出すことしかできませんでした。
それからというもの、メディアでも取り組みが伝えられ、数字でも好転している状況を見て、田舎であっても外から来てもやれる事はあるものだと思えるようになってきました。とはいえ誰しもができるわけでもなく、彼らや島の方々の情熱に依るところが大きいでしょう。
真の豊かさや生涯を通じた学びの姿勢に対する気づきが数多く仕込んであります。
この連載について
ロボットやAIなどの技術革新により経済構造が大きく変化する中、学校は依然、社会と隔離されたまま。学校教育は相変わらず知識の詰め込み主義で、忍耐や協調ばかりが強調されている。 しかし、マニュアル主義の「旧エリート」に、新時代の価値は作れるのか。先行き不透明の時代、必要になるのは、自ら課題を設定し、問題解決する力を持つ「ニューエリート」の存在だ。 では、持続的に成長するニューエリートを創る教育とは? 学校教育から大人の学び直しまで、新時代を生き抜く学びのあり方を追求する。