新着Pick
2432Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
この記事でも取り上げて頂いているリクルートワークス研究所のプロジェクト「人生100年時代の学び方 "創造する”大人の学びモデル」に昨年4月からメンバーとして参加しました。
http://www.works-i.com/research/learning/

学びは子どもだけではなく、大人にも必要で、学び続けられるかどうかが重要になってくる。その学びってどのようなものか?に言及しています。

AIによる学習レコメンドについては、リクルートは東京大学松尾豊准教授と「スタディサプリ」のログを利用して既に下記の研究を進めています。

「東京大学松尾研究室×BAI×リクルートマーケティングパートナーズ 共同研究。学習者の「解けない問題」の予測に成功「つまづき予防」の実現へ」
https://ring.education/research/recruit_tokyo-univ_matsuo-lab_bai_joint-research_20160915/

「学習レコメンドのバリエーションを増やしてレコメンド利用者が57%増加」
https://ring.education/research/forward_recommend/

「学習レコメンドにより成績向上の有意差を確認」
https://ring.education/research/grade_up1/

「高等学校におけるアダプティブラーニング実証実験の経過レポート 〜学習ログを活用した講義レコメンドで生徒の成績が向上〜」
https://ring.education/research/2016_hs_al_experiment_report_02/

ご関心ある方は、上記各種レポートをご高覧頂けましたら幸いです。
EdTechの進化と、求められる人材像の変化が今、同時に押し寄せています。日本の学校教育も、2020年以降、大きく変わります。

働くことと学ぶこと、遊ぶこと、生活することは統合され、学びは自由なタイミングで作り出し、発信することを意味するようになるーー。そんな未来について豊富なグラフィックで解説していきます。

新時代のお子さんの教育、そして大人の学びのヒントが見つかるはずです。

キャリア教育はずっと「好きなことを仕事に」と伝えてきました。結果「就活時期なんですが、何が好きなことかわかりません」という大学生を量産する結果となりました。新しい時代の教育も結局は「何をやりたいか、何をやるか、」が結論なのですが、またまた「何がやりたいかわかりません」という学生を作らないか、非常に気になるところ。

結局のところ、大学生でいきなり「好きなことを仕事に」ではなく、幼少期から『課題発見」⇒「課題のしぼりこみ」⇒「課題解決」への技術をしっかり磨くことが大切なのでしょう。

その道筋さえしっかりしていれば、個人の課題と向き合う人もいれば、社会の課題に向き合う人もいるはずです。

意外と「仕事がきらい。あまり人生の重きを仕事におくことなく、どうやったら楽しく生きていけるのか?」的なことを考えている人が、新しいことをやりそう。
企業を取り巻く環境が激変する中で、規模の大小や業種に限らず「経営者」も求められる人物像が変わってきていると痛感します。

例えば、プログラミング。全経営者がエンジニアである必要はないでしょうが、「いろは」を理解していることは(採用や外注なども含めて)必須になってきていると思います。ベンチャー創業をした後輩から「プログラミングは現代の教養です。わからないでは済まされません。それは、二次方程式がわからないとか、明治維新を知らないというのと同じです。」と強いアドバイスを貰った時もドキリとしました。経営者にこそ、リカレント(学び直し)が求められているんだな、と。

また、この記事に紹介されているエドテックの中にある
・学びの効率化
・教える側と学ぶ側の双方向情報共有
・学びの履歴管理
は企業における研修動画やタレント・マネジメントにも通ずるところがあると思います。その辺りも幅広く知見を広げておきたいところです!
読んでいてつくづく教育の制度設計は難しいと感じました。総論賛成各論反対になりやすいテーマです。
「個人ログをリッチに」というのは社会人を17年(今日から18年目)やってきてなんとなく理解できます。職務経歴書を書いて見ればわかりますが、だいたい短くても1年、大抵2,3年でひとかたまりの仕事やプロジェクトの単位になりますので、そこでの成果、学び、身につけたスキル、などは説明できるレベルになってきました。そうやって個人のビジネス的な背景は出来上がってますので、年収やポスト、タスクなどが決められるのはとてもフェアな気がします。
これを学生時代も含めて小学生くらいからまとめればいいのかな、と想像がつきます。でもこれを仮に10歳からやりましょうとなった場合、特に精神的に成熟の遅い男子でやると結構笑えない感じになってしまいます。中央集中管理ではなくブロックチェーン構造になっているのはとてもいいですね。
この記事ではさらっと触れられてるだけですが、EdTechの一番大きな社会的影響は、田舎・新興国・貧困層の人たちなどに上質な教育が行き届きやすくなり、結果今まで開花しなかった才能が開花して、表舞台に出てくる可能性が増えることだと思います。

それはさておき、公立学校の先生達は相変わらず事務作業や部活の負担なども大きいようで、こういったテクノロジーの活用により、本来の「教育」にもっとエネルギーを割けるようになれば、本当にいいなぁと思います。
エドテックは確かに教育の形を変えるでしょう。というか、変えてくれないと困る。変わらなければ、それは日本の凋落を示すとも言えるので。

ただ、その難しさは個々がやる気次第でどんどん深められるというメリットの一方、自らが動かなければその享受を受けない分、益々学習格差が広がるという点。まさに最後に書かれている「意思」の有無が大きく左右することになります。

実際、自分はMOOKで講義を受けていましたが、最後レポート提出が間に合わず修了できなかった苦い思い出が(笑)。誰もが順調に行くというものではなかったりします。

なので、いわゆる上位層と中間層、そして学習が嫌いな下位層を分けながら、それぞれにおけるエドテックの在り方を組み立てる必要性を感じます。そして、それにアジャストできる教員の形も組み立てないとですね。
日本の教育改革(tech系は勿論ですが)、特にプログラミング義務教育化と、金融/ファイナンス(コレも絶対必要で長年協会の委員会で尽力して来た)の学習指導要領取込みは非常に注目/期待しています。
Agile (機敏に動く)は、世界的なキーワードです。日本的にいうと柔軟に対応する、学ぶということでしょうか。学歴社会から学習歴社会へ。なんかいい。

いま日本には300万人の引きこもりがいるとのこと。私はこれをもったいないと思っています。もともと感受性が強すぎるだけで、頭の素地はいいでしょうから、ホームラーニングやゲーミフィケーションを活用して彼らを“学校”という軛から解放してあげる学びのラインができるといいなあと。辣腕ハッカーが生まれるかもしれませんし。

「ニューエリート」はいろいろな環境から生まれるでしょう。テクノロジー、万歳。
こうやって図に落とされると分かりやすいですが、こんなものをニューエリートと総称しちゃって良いのでしょうか。ガンダムのニュータイプを彷彿とさせるネーミング笑

実は書かれていることはほぼ弊社の採用・評価基準とまったく一緒なので、うちはさながらニューエリート養成所なのか。さすがにそれはありえない笑
でも具体的にいうと
・学歴不問(院卒から高卒まで全ての階級にいます)
・成果主義(タスクじゃなくて結果を報告してねと言います)
・スキルよりパッション重視(何ができるかじゃなくて自分のやりたいこと持ってますかを聞きます
・研修はなくて仕事に必要なことはDAY1から責任を追求する現場育成主義(あえて自分で学べるよう手取り足取り教えない。その代わり情報のありかや誰に聞いたら良いかは教えます)
・メンターは起業家(僕です笑)

でも、こういったラベルをつけてスタートアップの意識持っている人を評価してくれるのはありがたいんですけど、なんだか構図としてスタートアップの求める人材評価軸が従来の大企業のそれより優位みたいな書き方で良いんでしょうか。社会はこういう方向に流れて行きますが、本当にエリート扱いされるのかはちょっと疑問ですね。そうあって欲しいが。
この連載について
ロボットやAIなどの技術革新により経済構造が大きく変化する中、学校は依然、社会と隔離されたまま。学校教育は相変わらず知識の詰め込み主義で、忍耐や協調ばかりが強調されている。 しかし、マニュアル主義の「旧エリート」に、新時代の価値は作れるのか。先行き不透明の時代、必要になるのは、自ら課題を設定し、問題解決する力を持つ「ニューエリート」の存在だ。 では、持続的に成長するニューエリートを創る教育とは? 学校教育から大人の学び直しまで、新時代を生き抜く学びのあり方を追求する。