新着Pick

100年間の「B-Side」。BtoB企業としてのパナソニックの進化

NewsPicks Brand Design
601Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
デザイン担当しました。
パナソニックB-Side、、
連載4回目となるこの記事は創業〜現在に到るまで、家電メーカーとして知られるパナソニックがいかにBtoB領域で実績を残してきたか、その歴史をインフォグラフィックで振り返ります。

世の中の困りごとにいちはやく目を向けてきたパナソニックが家庭向けの製品のみならず、こんな分野まで!な、「非家電製品」にも注力してきたことがよくわかります。

いまや売上の7割をBtoBが占めるパナソニックが次に描く戦略、新しい挑戦とは、、まずはこの記事をお読みいただいてさっとキャッチアップしていただけるとより理解が深まるはずです!次回もぜひお楽しみに・・!

パナソニックB-Side <連載一覧>
https://newspicks.com/user/3214
本文記載のとおり、白物家電などで培った技術力がBtoB事業に生かされていることは間違いないですし、決算説明などを見れば白物家電は安定成長事業に位置付けられており、そこで生み出された利益がBtoB事業などの高成長事業の投資の原資になっていることもよくわかります。
関西にいると色々な場面でパナの方とお話しすることがあるのですが、最近では農業や教育分野にまで事業を拡大されているとのことで驚きです。
あと、砂田さんのインフォグラフィックはいつもわかりやすすぎてそれにも驚きです。
BtoB商材は目立ちにくいが、一杯やっている。でも目立ちにくいゆえにあまり取り上げられず、それがこれだけ一気にまとまっていると、個人的にはヨダレが出てしまう(笑)
パナの最初の製品は、記事にあるようにアタッチメントプラグ(電球用ソケット)。その後のモーターも含めて、toB商材や、toCであっても必ずしも全面に出る商品ではないものも少なくなかった。
この連載大好き。

PanasonicのBtoBといえば、五年以上前の日経の記事が印象的だった。
たしか、中東でコンセント周りの部材のシェアが高くて、コンセント周りを押さえていると、新しい建物が建つ時に、割と早い段階で設計に関する情報を手に入れることができて、他所よりも良い提案を早いタイミングでできる、というお話。「かなう気がしない!」と記事を読みながら思いました。別に、うちは素材メーカーだから、勝つか負けるか、というか、仲良くしてくださいねって感じですけど。

何が言いたいか。
BtoBの強みの源泉、「テクノロジー×顧客志向+デザイン×UI」と、サラっと書かれていて、事実なのだろうし、全部が掛け算になるわけじゃないんだ、という細かいところはどうでもいいとして、いわゆる、カタカナでは言い表せないような、地味に泥臭いところが効いているんだろうな、と思うのでした。
RAMSAってPanasonicだったの知らなかった。。。