新着Pick
840Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
受けてのレベルが千差万別すぎるので、投資についてパブリックに語るのは、本当に難しい。結果的に、ある意味では凡庸で退屈なまでにド正論しか語っていない。僕は死ぬ寸前まで、株式投資をやってたいと思います。知力、胆力、財力、大局観、全てが問われ、血沸き肉踊り札束飛び交う最高のソーシャルゲームであり、人間ドラマです。
個性的なコミュニケーションスタイルに対して好き嫌いが分かれるのだろうとは思いますが、苦手な人が言うことに対してどれだけ耳を傾けることができるかどうかが、その人の器を決めると思っています。
投資というよりは、世の中の仕組みを理解する方法という文脈のほうがより即した内容だと思いますが、個人的には同意する点の多いインタビュー記事でした。

ともすると、「労働者と資本家」という単純な二元論に切り分けて世の中を捉えてしまいがちですが、真面目に年金保険料を納付している人であれば立派な資本家ですし、小口でも株を買えば株主です。
こうした循環構造を理解できているかどうかは、それなりに大きな意味合いを持つのではないでしょうか。
田端くん大物になったよなあ。
読み終わっての最初の感想は「インタビュアー何のためにいるの?」。

「なるほど」とか「ぐぬぬ」とか相槌打つだけならSiriでもできます。媒体がR25ということで「あえてインタビュアー像を一般的25歳と重ねて、無知を装ってのLINEトーク形式」なら現状でもいいと思いますが…

【追記】初回は質問の引き出し方上手かった>「お金どうしてるんですか?」嫌がる藤田晋に無理やり資産運用について語らせた|新R25 https://r25.jp/article/507675171462676990?utm_source=twitter&utm_medium=social&utm_campaign=share_on_site&utm_content=pc
リーマンショックが起きる前、サブプライムローンが破綻するほうに賭けてた人たちがなかなか暴落しないことに不安になって、自分たちの反対側のポジションを取ってるヤツらが集まるカンファレンスに顔を拝みに行ったらしいんですね。

そしたら2次会からはどんちゃん騒ぎで、ボンクラファンドマネージャーが接待されてヘベレケになってただけだったと。

そういう光景を見て、「コイツらはアホだ! やっぱり自分たちの考えは正しい!」と確信を持ったっていう(笑)。
工場見学とても有益だと思います。
どんな方がどんな思いでその商品を作っていらっしゃるのか。最近は機械化が進んでいますが、それでもやはり要所要所人の手で丁寧に作られる様子を見ると感激です。
そして自動車部品など外からは見えない部品も見ることができるのも興味深いです。
自分が株を買おうとするときに、必ずそれを売ろうとする人がいる

これはスポーツでも一緒です。全てのことに当てはまるはず。
その理屈が自分でわからないときはスポーツでも攻めるべきではないし、それはギャンブルになってしまう。
会ったことないですが、田端さん最高!

ユニークなコミュニケーション方法ではありますが、言っていることは、洞察力に溢れ本質を突いていると思います!

誰か紹介してください!

#田端信太郎
"「自分の反対側にいる人はあなたより賢いんですか? バカなんですか?」それを自問したときに、「自分がその人より賢いと思える理由」を答えられるかどうか。"

面白い。株式は心理戦ですが、こんなにシンプルに言い当てて下ささるとは。いわゆる株式=美人コンテスト論より腑に落ちました。