新着Pick
575Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
昨日も書きましたが、
アリババの先を行って欲しいです。
今であれば顔認識技術もあるし、逆にリープフロッグをしてほしい。

リープフロッグは発展途上国の特権みたいに言われるけど、なんのことはない、一回遅れてしまえばどの国でも勝手にリープフロッグできるわけです。
今の技術進歩の速さで言えば5年ぐらいで新しい大きい技術革新があるので、ぜひより便利なものを作ってください!
青柳さんがグリーを辞められるニュースが出た時、ベンチャー界隈では、青柳さんに接触した企業も多かったとはずです。当社も一瞬頭によぎりましたし 笑。
本文によると、山田さんからの誘いに対して、心の整理が付いてなくて、英気を養うために断っていたとあるので、恐らくそれらの声掛けは、等しく断ってたんだと思います。
そんな中でも勝ち切った山田さんの執着心と徹底力は流石としか言いようがありません。この採用力がメルカリの強さの源泉ですね。
昨年11月の青柳さんの移籍は、スタートアップ界で大きな話題になりました。金融とITのスペシャリストがメルカリで何を手がけるのか。特集でこれまでお伝えしてきたように、「メルカリ×金融」には色んな派生サービスが考えられ、メルペイのローンチが待ち遠しいです。

取材の中で印象的だったのが、仮想通貨に対するコメントでした。メルカリは昨年、仮想通貨に対して積極的なスタンスだったのですが、年始の 「コインチェック事件」以降はトーンダウン。慎重な姿勢に変わっています。

CtoC経済圏の拡大を目指すメルカリにとって、仮想通貨は思想的に親和性が高く、グローバルな送金・決済も便利で、取り組まない理由がありません。内々ではかなり研究を進めていると聞くので、どこかのタイミングで仮想通貨関連の事業、取り組みを発表するのではないかと思っています。
自分はメルペイやメルカリの領域拡大志向に対して懐疑的。もちろんNewsPicksが新しいもの好きな方が多く挑戦も応援しているゆえに、新しいことを称賛するコメントが多いと思うが、そのなかでそんなに簡単ではないと思ってコメントしてきた。

そのなかで本インタビューを読んで、正直メルカリの強さも感じた。
何かというと青柳さんは難しいと分かっていて、それを伝えていたうえで、入社しているということ。現実を見て、コミュニケーションをすることが出来る方がいて、それでやっている。また、そのなかでも仮想通貨などについても冷静に見られていて、メルペイだけじゃないメルカリ全体へのリスクも意識されている。

本インタビューを読んで、元々持っている難しさへの所感は変わらない。というかやはりやられる方からしても難しいと思われていて、だからチャレンジされているのだよなぁと確認したという感じ。
でも、こういった地に足付きながら直感を信じて、未来を創ろうという方の存在は、本当に大きいと思う。
メルペイ!
https://www.merpay.com/jp/careers/index.html
> 開発を担当しているCPO(最高製品責任者)の濱田優貴に相談したのも大きかったですね。彼の中でメルペイの将来像はまだ見えていなかったようなんですが、「すごい大変だと思いますけど、青柳さんが作ったら僕らは絶対に実装させますんで」って。
それを聞いた時に、この会社は進太郎さんだけじゃないんだな、ビジョナリーもいればちゃんとリアリストもいて、チームで戦っているんだなって心強くなって、入社を決断しました。
やっぱり私は、新しくて大きなものにチャレンジするのが好きなんでしょうね。
メルペイが従来のアリババ等のクレジットテックとは異なるフィンテックを展開できる理由は、やはりメルカリ本体との連動だと思います。

自宅にあるモノで「資産の定義」を変え、それを金融の広義の「担保」にすることで金融に変革をもたらす。

不要だったもので「レバレッジ」をかけて、次にやりたいことに自己「投資」する。

単なるクレジットテックにレバレッジがかけられる。

「お財布の再定義」により、自分の可能性はさらに高まる。

フィンテックを一人ひとりの生き方を豊かにするために活かす。

シェアリングで経済が縮小することも懸念されていますが、個人がもっともっとやりたいことを応援する方向で金融が使われたら、経済が拡大する方向にも動いてくると思います。

個人を点数化するのではなく、一人ひとりが自分のライフスタイルを実現する応援をするなど、メルカリ、メルペイには、使命感や価値観を大切に事業展開していくことを期待しています。
青柳さんのビジョンと覚悟、リアリティの伝わってくる良い記事です。グローバルに拡大していくCtoCプラットフォームのメルカリからのメルペイ、期待しかありません。
当時グリーは落ち目のSNSサービスだったので、同級性だった青柳くんが外資金融から転職したというニュースを聞いて、気が触れたんじゃないかと思いました。

その後、青柳くんがCFOを務めるグリーの最初のTVコマーシャルを作った一個下の後輩は今や世界的モバイルゲーム会社の日本代表。

翻って、目下アメリカに住んでる小さな私の小さな悩みは、日本に帰ったら、いま使っている小銭入れのない財布が使えなくなるなー、ということ。青柳くんが小銭のいらない日本を作ってくれるのを楽しみに待ってます〜。
>簡単に言えば、僕はメルペイで「お財布の再定義」をしたいと思っています。
もしお金に関係する機能が1つのサービス、アプリで完結したら、すごく便利じゃないですか。
まずはとにかく、キャッシュレスにしたい。これが一つですね。
青柳さんほどの人をどうすれば説得できるか、勉強になります。
この連載について
金融事業のメルペイ、シェア自転車のメルチャリ、スキルシェアのteacha。フリマアプリを日本に広げたユニコーン企業、メルカリが独自の経済圏を築こうとしている。メルカリが描く、経済圏の未来図とは。徹底取材で解き明かす。