新着Pick

無印良品が放つ「食のテーマパーク」の全貌

東洋経済オンライン
高い天井が印象的なフロアに陳列された色とりどりの野菜。作りたてのパンや総菜がたくさん並び、中央に配置されたガラス張りのキッチンでは手作りのヨーグルトやカレーが提供される。まるで海外の高級スーパーのよ…
840Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
実際に売場を見てないからなんとも言えませんが、鮮魚の値下げロスをコントロールできるのかを含めて採算に乗るかは未知数ですね。利幅の大きいグロサリーをどれだけ売れるか次第かと。
無印良品のビジネスモデルやブランド戦略の素晴らしさは百も承知ですが、これは難易度の高いチャレンジだと思います。
既存無印の食品比率は7〜8%との事。その中で4300平方メートルと世界最大の広さの中、売場面積の半分が食品に。これは凄いチャレンジですし、逆に食品への可能性も感じているんだと思いますね。
「無印」というブランドは、自然、有機、体に良いなどを連想させるのに十分な力があると思うので、衣食住の中で「食」を抑えに行くというのは、ユーザーから見れば自然だし筋が良い気がする。最近出てきている八百屋の旬八、魚屋のサカナバッカなどの領域を大きく抑える潜在力はありそう。あとはそれに足る商品をしっかり揃えられるか。全国展開をするGMSが出てきても、地場の食品スーパー(SM)に勝てないのは生鮮3品の仕入れ網と物流含めた取扱い。ここを提携含めてどう取り扱うか、目の肥えた日本の客にも「美味しい」と思わせる品ぞろえができるかですね。
食品といっても色々ある。無印は既にレトルトやお菓子といった食品を扱っているが、これは比較的足が長い。生鮮は調達や管理、求められるノウハウが全然違う。
あと食品が雑貨と比較して日常的な来店動機になるのはドラッグストアに代表されるようにその通りなのだが、そのドラッグストアにおいてもせいぜい総菜・日配品が中心。

無印のコンセプトは、昔は「わけあって、安い」がコンセプトだったが、今は「これでいい」という足るを知る的なもの。これがいい、ではなく、これでいい。
カフェ業態などもやっていたりするが、そのなかでこの実験のなかでそのコンセプトがどう反映・伝達・認知されるか。上記のような食品の特殊性と併せてみていきたいところ。
https://www.muji.net/message/future.html
まだ現場を確認したわけではありませんが、難しいスーパーのVMDをしっかりとMUJI化しているように思える。

ブランド力を損なうことなく、しっかりと売場が作られているのはさすがですね。

これがスーパー、食品業界にどのようなインパクトを与えることになるのか楽しみです。

一方で本当に売れるのか?ビジネスになるのか?
スーパーでも、MUJIでも儲けることが出来るのかが気になります。

もちろんスーパーで儲からなくても良いと決められる企業体力がありますから、「上質な体験提供」に特化してこのようなお店をやり続けるのもありですね。

いずれにしろ凄いブランドです。MUJIは。
確かに衣料、雑貨であれば日常的に利用するとは行かないないですね。しかも競合他社も多いですし、コンスタントに月一回来店するという人はそれ程多くないように思います。その点食料品は強いですね。便利なところにあれば毎日でも来店します。
最近はディスカウントスーパーも存在感を増しています。無印のスタイリッシュなイメージと、食に対する安全面がお客様に認知されれば、人気になりそう。
お惣菜など共働き夫婦をターゲットにした商品も充実していそうですね。
無印良品版のマルシェという感じですね。
来店頻度や購買層の引き上げといった狙いがあるとよく言われているようですが、収益に余裕がある時に実験的に出店してみたというところでしょう。
とても楽しみな展開。

何も足さない、何もひかない、日常が美しいという民藝にも通じる無印良品の価値観は、日本文化の体現。だからホテルや食のマルシェなど、文化を軸にますます自由な事業領域への展開が可能なのだと思います。
つい最近日経で前社長の松井忠三氏の私の履歴書が面白かった。意外と地道な泥くさい経営でここまで来たんだな、と知って感慨深かった。私自身MUJIのファンとして応援したいが、かつてのセゾンもそうだが手を広げすぎると大体企業はおかしくなる。野菜売ったりレストランやったりホテルやったり(ファッション産業もホテルやりたがるが・・・)、本業がおろそかにならない様にしてもらいたい。
日によって品ぞろえが変わる生鮮食品を取り入れることで、月1−2回利用する女性たちに週2~3回は訪れるような日常使いの場としてもらい、食品以外の商品の売り上げ増にもつなげたい。ターゲットを見据えると正しいように見えますが、生鮮食品は品質管理が大変です。どれだけそこに強いスタッフを揃える、育てられるかが課題かもしれません。

いずれにせよ、楽しみなチャレンジです。
株式会社良品計画(りょうひんけいかく)は、無印良品(むじるしりょうひん)を展開する専門小売業者である。 ウィキペディア
時価総額
6,935 億円

業績