新着Pick
1494Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
アメリカン・エキスプレスの清原社長、Zaimの閑歳さんとの鼎談。お二人のご経験からくる深い洞察と、モデレーターの松尾さんにも乗せられて、思いつくままに楽しくおしゃべりさせていただきました。
これをどうやってまとめるのだろうかと少しだけ不安でしたが、ライターの工藤千秋さんが分かりやすくまとめてくださいました。
もう一度、自分で読んでみても面白い鼎談です。
後編にもご期待ください!
手ぶら族としては電子マネー決済可能なスポットが増えていることの恩典に預かっていますが、依然として(京都のタクシーなど)対応不可なケースも多く不便を感じています。
(なお、タクシー運転手さんと話をしていると、電子マネー決済は会社が払う手数料も高く歓迎されないようです。)

ところで、「現金45%:クレジットカード48%:その他の決済6%」というアメックスのサーベイは、他の統計に比べカードが多すぎる感じがしますが、気のせいでしょうか。
全てはこの神田さんのお話に集約される。
マネーフォワードユーザーとしては、
設定した予算に対して消費スピードが早い場合のアラートとか
「どうだったか」より「どうなりそうか」を色々拡げていって頂きたいです。

「今、不便だと思ってないことを変えるのは、やはりハードルが高いんです。現時点のキャッシュレスには、その壁を越えるほどのインセンティブがないというのが、正直なところでしょう。
では、どうしたらいいのか。金銭の流れがデータ化されることのメリットをより高めることがひとつの道です。
キャッシュレスが大きく進む中国では、AlipayやWeChatPayが行政手続きをラクにしたり、スコアを割り当てることで社会的信用度を高め、現金を借りたりローンを組みやすくなったりしています。」
木村夏帆さんのアメックスのご要望もあり社長に直接お願いしましたが、残念ながら、受け入れていただけませんでした。申し訳ありません。
店舗側の負荷を下げる、これに尽きるのでは。NTT DataのCAFISが高い。店舗側の負荷の低い北欧もエストニアも生活はキャッシレス。キャッシュでしか支払えない場所を見つけると嬉しくなるくらいです。スウェーデンのサッカースタジアムFriends Areaなどはキャッシュレススタジアムで、スタジアムから試合前日に「当スタジアムはキャッシュレスです。デビットかクレカをご持参下さい」とメールが来ます。ドイツは店舗側の負荷が日本のように高いため20-30ユーロ以下はキャッシュだらけです。お釣りでジャラジャラになります。日本ととても似ています。
カードは確かに便利だけど、自分が飲食店や物を売る商売をしてたらクレジットカード会社を嫌いだろうなと。
なので知り合いのお店では絶対に現金です。

特にアメックスは意味がわからん。。
中国で電子決済が広がっているのは「無料で便利だから」につきる。習慣とか感覚は関係ない。便利で使われれば浸透していくもの。

日本でもチェーン系は大分電子マネー等対応されるようになったが、個人商店は絶望的。京都や浅草などのインバウンド地域ですら「現金のみ」という馬鹿な店が大半。

近い未来、紙幣は今で言う「紙の株券」と同じくレアモノとなっていることでしょう
私は昔からアメックス派ではありますが、メリットが昔と何も変わらないw 使えない店も減った気がしない。何故ですかね?日本人の現金指向もありますが、クレジットカードのメリットが見えづらいことも大きな要因では?イメージ戦略より、メリットを見えやすく情報発信した方がいいですよ。
現金支払いの方が高ければ、キャッシュレスに行くのだと思います。
中国は、超キャッシュレス社会に急速に移行してるけど、「クレカ」は驚くほど普及してない

その代わり、「電子マネー」は圧倒的に普及してる

「クレカ」と「電子マネー」を並列で扱ってはいけない

「クレカ」は、人によるが一般的には、
・借金に近い感覚もある
・作れる人も限られてる
・導入店舗の負担も大きい

「電子マネー」は、基本的には
・デポジットやデビッドカードで、自分の預金の範囲
・誰でも作れる
・導入店舗の負担も小さい

よく日本は現金主義とか、クレカも普及率が低いから電子マネーは普及しないとかって話があるけど

現金じゃなきゃダメなんじゃなくて、現金以外の手段が不便なだけだと思います

中国の電子マネーの普及の前提は、デビッドカードとデポジットの一般化がありました

それがそのまま電子化しただけです

スマホ上に

日本はデポジットは一般的だったので、スイカなどのデポジット系はドンドン電子マネー化が進んでいますよね

でも、デビッドカードはなぜか全然一般的じゃないので、この分野の電子マネー化が遅れていると思います