新着Pick
1005Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
灘で中高と同級生だった立川君の凄さについて語った。これまで会話してきた人の中で、最も頭脳明晰だったのが彼。彼と出会って数学者の道を早めに諦められて良かったと、今の数理物理学者としての立川君の活躍を見て思う

追記

この記事にも文系の話が出てくるけど、非連続な閃きが存在しない文系の学問には正直超秀才は居ても天才は居ないと思う。理系の中でも数学と理論物理以外の分野で、この両分野の天才に比肩する学問上の飛躍をもたらした学者は、歴史をさかのぼっても見当たらない。この2つの分野の天才たちが最も人類の学問という幹を太く、そして高く伸ばしてきた

追々記

なんか、なぜ東大や日本にとどまっているのかとかいう意見多いけど、立川君は東大からプリンストン高等研究所に行き、その後ヘルマンワイル賞取ってることからも、若手の理論物理学者として世界のトップクラスな事は明らか。彼が今いるIPMUも国籍関係なく世界トップクラスの数学・理論物理の研究者集めるために、東大の中で最も気合い入れて作った組織だし。彼は周囲の評価なんて超越していること知ってるけど、何故か自分の事よりもはるかにきちんと理解してほしいと思ってしまう
今は違うようですが、私が現役の頃は京大理学部は東大理Iでは飽き足らない猛者が集まる場で、数学オリンピック出場者がずらりと集まり、入学直後から大学院レベルの数学や物理の自主ゼミを行なったり、自分の論文をまとめて発表したりしていました。私も最初はそのコミュニティに入っていたのですが、いかんせんレベルに差がありすぎてついていけませんでした。

確かに、京大と言えども、99%はただの受験エリートで、お互いに幻滅するという経験を誰もがします。

しかし、ごく一部にこの記事に書かれているような突出した存在がいるのもまた、東大京大ならではなのだと思います。殆どの人は会うこともなく卒業してしまうかも知れませんが。

そういう人達と付き合っていると、「頭がいい」とは一体なんなのか、考えさせられます。

ずる賢くカネを稼ぐ奴もいれば
プライドが肥大化して、精神を病む奴もいる

勉強出来るだけでちやほやし過ぎてしまう社会というのも、また考えものですね
東工大には神童はいませんでしたね。童貞は腐るほどいましたが。
そんなに凄い面々から「フィールズ賞」が出ていないのが不思議です。

所詮は井の中の蛙。
世界はもっと広いのです。

地方の公立高校出身者である私などからすれば、中高自体が恵まれすぎている環境。
ましてや「すごろくの上がりの教授職」に就いたら、勉強しなくなるのが日本の大学人。

フィールズ賞とかノーベル賞とか、せめて候補に上げられてから「神童」と自称しましょう。
この業界にいると世界中の様々な才能に出会う機会があるが、天才のありようも国や出身大学のカルチャーが反映されるように思う。お会いしたことはないが、この記事に出てくる方たちはいかにも東大らしい天才。そのむき出しの才能のまま世界のトップクラスに手が届くのが凄い。
俺末端合格組です笑
東大教授凄まじい階級社会は面白かった。必ずしも、天才や偏差値秀才で無い方も教授にはいるが。

この中の河東教授(旧性 浅野)は、私が高2か高3の頃、Z会や駿台模試で麻布中で、高校生や浪人生に交じって、成績上位だった。最初は冗談だろうと思っていたが、入学して、本当だと知った。麻布でも、開闢以来の天才だった。


私もZ会で有段者だったし、田舎の中学では、数学で開闢以来と言われ、高校でも平均10点の数学実力テストで98点(私の次が70点代)だったが、まさに数桁違う。

中高では、数学や物理学者に憧れたが、大学で、こういう凄い方を見て、自分の相対的に強いところにフォーカスして良かった。それが、東大に入って一番良かったことかな。物理オリンピックや数学オリンピックの出場者は多かった。
理1の上位50人は、理3の90人より上だろう。京大理は数人だろう。
ホントに天才だけが数学とか理論物理に行くんだろうなあ、と思わせられた。
大学だと研究だけではなく、教育も大学運営のための事務仕事もやらなくてはならないので、心配になる。天才には天才だけができる仕事をしてもらった方がいいと思うの。
職場は半分以上、京大医学部卒ですが、そんなに驚くほどの人はいません。大学病院にいたときは、むしろ心配になるぐらい思考停止してる医師が多かったですね。

多分、医学部それも臨床に進むのに、そういう神童タイプはいないんでしょうね。大学病院では自分を殺してた人が多かったとも感じます。

医師は、アホでは困るのですが、特別優秀な頭脳は必要ない仕事です。
セカイは広いけど、無限に広くもナイから、若い方々はガンバッテ!!