新着Pick
138Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
【拡散希望】
今までありそうでなかった、「日本スポーツビジネス大賞」が、遂にキックオフ!

2020年東京五輪による、単なる一過性のブームでスポーツやスポーツビジネスを終わらせることなく、どんどん盛り上げていきましょう!

#日本スポーツビジネス大賞 #日本 #スポーツ #スポーツビジネス #東京五輪
米国スポーツ界において、権威あるスポーツビジネスアワードと言えば「Sports Business Awards」。特筆すべきはその賞の種別。

・Sports Team of the Year(最優秀チーム大賞)
・Sports League of the Year(最優秀リーグ大賞)
・Sports Event of the Year(最優秀イベント大賞)
・Sports Executive of the Year(最優秀経営者大賞)
・Sports Sponsor of the Year(最優秀スポンサーシップ大賞)
・Sports Facility of the Year(最優秀施設大賞)
・Sports Breakthrough of the Year(最優秀イノベーション大賞)
・Athletic Director of the Year(最優秀アスレチックディレクター大賞)
・Best in Sports Media(最優秀スポーツメディア賞)
・Best in Digital Sports Media (最優秀デジタルスポーツメディア賞)
・Best in Sports Social Media (最優秀スポーツソーシャルメディア賞)
・Best in Mobile Fan Experience (最優秀モバイルファン体験賞)
・Best Talent Representation of the Year (最優秀マネジメント会社賞)
・Best in Corporate Consulting, Marketing and Client Services (最優秀マーケティング会社賞)
・Best in Property Consulting, Sales and Client Services (最優秀ライツコンサルティング会社賞)
・Best in Sports Event and Experiential Marketing (最優秀スポーツイベント賞)
・Best in Sports Technology(最優秀スポーツテクノノジー賞)

スポーツを取り巻く様々なステークホルダーがスポーツでイノベーションを起こし、そして表彰される文化がある。

日本のスポーツビジイネス界において、そんな時代に向けての息吹になることを願いつつ。
最近の相撲やレスリングの問題、そしてラグビー・サンウルブズの一件や旧態依然の野球などを見ると、日本のスポーツが先に進む上で足枷になっているのは、古い仕組みを変えさせないようにしている協会や連盟に決して少なくない要因があると感じられます。その体制を変化させる上で起爆剤となり得るのが、おそらくビジネスの視点。何とか前に動かしていきたい。
スポーツにおけるビジネスの側面にスポットライトを当てたアワード、大変興味深い取り組みだと思います。
スポーツ=体育という既成概念を良い意味で塗り替える、象徴的な事例ではないでしょうか。
20年までにより多くのスポーツが注目されるからこそ、事業としての取り組みにフォーカスされるのも良いですね。地域活性の面でもスポーツは本当に強いので、良い取り組みが横断的に広がればいいですね。
実は最近スポーツ関係の方からのAI活用のご相談が立て続けに起きています。
スポーツビジネスだけでなく、競技団体(協会や連盟)を対象としたグッド・ガバナンス賞のようなものがあっても良いかと思います。競技団体の不祥事はよく話題になっていますし。

また、都道府県レベル、マイナースポーツ、障害者スポーツの競技団体では、ボランティアが仕事の合間に何とか運営しているケースもある(それが不祥事を生むこともあるけど…)ので、そういう人達にもスポットライトが当たれば良いなあ。
「日本スポーツビジネス大賞」素晴らしい✨スポーツ業界で働く人、これからスポーツ業界を目指す人にとって、目標となり励みになる賞だと思います。ラグビーワールドカップ2019のチケットを売り切ったらもらえるかな?
いままでこういうのが意外になかったのか
この連載について
欧州サッカー最前線で活躍する2人のリレーコラム。アジア出身者として初のCL&W杯制覇を成し遂げた永里優季とTEAMマーケティングの岡部恭英が、ピッチ、ビジネスの現場で感じたことを綴る。