新着Pick
1295Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
ホーキング博士の偉業は24世紀においても語り継がれています.
https://youtu.be/F4xibCOeOWQ
STAR TREK に本人役(ただし,ホログラム)で,ニュートン,アインシュタインと共演した神回です.

彼の後半生は周囲の人間によって作り上げられていた(「虚像」とは言いませんが)とも指摘されています.
「ホーキングInc.」 http://amzn.to/2Do264l
私も将来的には、他の惑星に移住しなければいけない
事態が、人類に限らず地球生命体には及ぶと思います。
ただ光速移動の際の肉体の維持や、空気、水、食料、宇宙放射線の
問題など今の脆弱な生身の人間では地球外宇宙への長期間の移動には
多くの課題があります。
良くSFなどでも描かれる人工知能やヒューマノイドが、移動の際のオペレーションをし、人間は、冷凍冬眠のカプセル移動という手もありますが、其れこそ遺伝子工学をフル活用し、遺伝子操作によって、アメーバ上にするなり、ダイオウグソクムシの様に殆ど何も摂取しなくても生きながられる身体に一旦変化させ、目的地に着いたらまた人間に戻すなり環境に応じた新人類を形成させるのが、地球外で繁栄する必須手段と思います。何も今の人類の形に拘る必要は、無いと思います。
人類の進化と拡散の歴史を振り返れば、宇宙への進出は当然だろうと考えられます。かつておおむね陸地を伝って拡散した人類ですが、オーストラリアや太平洋の島々には船を使って移動したと考えられています。日本人の祖先も、一部は船を使って琉球諸島へ渡来した人々だったとされています。人類は、元来手段を得ればそれを使って新たな行動を起こすものなのです。

また、現代の人類の経済規模の拡大を考えると、地球だけでは早晩限界が訪れるのは明らかです。その時に人類が素直に限界を受け入れるとは思われません。人類は本質的には宇宙というフロンティアを求めるものであろうと思われます。

地球という星そのものもそれなりにリスクを抱えた存在です。すこし気候変動した程度で人類が絶滅するとは思いませんが、巨大火山の噴火が人類にはもっともリスクであると考えています。過去の大量絶滅の歴史を振り返っても、何らかの形で火山がかかわっている場合がほとんどです。人類の種としての生存可能性を上げるには、宇宙への進出が必要といえるでしょう。

すると、博士が言っていることはごく自然に理解できます。人類が相応に賢ければ、戦争で自滅したり災害で絶滅させられることなく宇宙に進出するでしょうし、賢くなければ絶滅してしまうかもしれない、ということでしょう。ぜひ賢いほうの未来でお願いしたいものです。
宇宙に行くか、さもなくは絶滅するか。ホーキング博士が残した「人類の未来」は本当なのだろうか。生きている間に少しその答えが見えるのかもしれない。
この考え方こそが、不可能を可能にすると思う


「これらは工学上の課題であり、そして工学的課題とは最終的には解決するものです」
ホーキング博士は有名で知っていたことはわかっていたけど、どんなことを語っていたかまでは知らなかった。ご冥福を祈るとともに、博士の深い知識と研究の成果に感謝して。
違う空間でまだ生きてる可能性がある