新着Pick
545Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
シングルオリジンはカカオ豆の世界でも同じだ、メーカーは安定供給したいゆえ混ぜ込みショコラを製造する、しかしトップを走るパティシエやショコラティエはシングルオリジンで個性的なアロマを持っカカオ豆やショコラの美味しさに気づいているのだ、メーカー側もシングルオリジンのショコラを作りアプローチはするが、少量しかない最強のアロマビーンズでの生産は難しい、カカオティエという少量で多品種のシングルオリジンの豆でショコラを作るカカオティと組むことで更に個性的なショコラを入手する事ができるのだ。お茶の世界にしろ、しっかりとした個性を打ち出す時代になってきたのだと思う、ストーリーの無い美味しさは長くは続かない。シングルオリジンは最高のストーリーを与えてくれる。
お茶にシングルオリジンがあるとは初耳でした。お茶大好き人間でありながら、お茶の基本すら知らなかったことを恥じるばかりです。。。。

ぜひ「オフィスで気軽にお茶を淹れる」という文化をリバイバルしたいですね。「NewsPicks Roppongi」ではお茶にこだわってみたいと思います。

https://www.uzabase.com/company/news/newspicks-roppongi/
茶は、中国で生産、享受されることが始まり、17世紀に英国に伝わりやがて国民的飲料となったことで、世界的な商品となりました。英国統治下のインドもまた茶の巨大な生産地および消費地となりました。
日本では、茶は仏教僧らにより中国から伝えられたものの、江戸時代に至るまで、高級嗜好品でした。茶が日本人にとっての日常的な国民的飲料となったのは、幕末から大正時代にかけて、日本茶が主力輸出品の一つになり、生産が急増したことによるものです。
戦前の日本茶の最大の輸出先は、米国であり、もし日本茶が米国の国民的飲料となっていれば、日本茶は世界的な商品となっていたでしょう。それが失敗した理由は、日米関係の悪化、貿易不均衡、南米でのコーヒー生産増加、などがありましたが、一つの原因は、セールスの仕方がうまくなかったことです。米国に向けたブランドの確立、米国市場のマーケティング、日本国内での品質管理、等々、ほとんどといっていいくらい、行われませんでした。

現在、欧米のみならず、東アジアなどでも、「抹茶ブーム」と呼ぶべき需要はあります。しかし、飲料としての日本茶が有力な商品になっているわけではありません。もし再び、日本茶を輸出商品として再興できるのであれば、世界各地それぞれの市場にあわせたブランド確立、商品開発、市場調査、品質管理が必須になります。それには、各地の市場の出身者の参画が必要になり、現代であれば可能なはずです。外国人労働力の導入が議論される際には、こういった商品開発などの段階でどれだけメリットがあるかということも考慮されるべきです。
>決して真っ直ぐな道ではなかったんですけど、周りの言葉を無視して自分の考えを貫いて本当に良かったと思います
←カッコよくて素敵な生き方をされている方だなと思いました。
 これだけの情熱を奉げられたら、何事も切り拓けそうですね。

日本茶にこれだけのポテンシャルを感じて、情熱を注いで下さっていることに感謝の気持ちでいっぱいです。
またいくつもの素敵な気づきを頂きました!ありがとうございます。

まずは、日本でも「好き」「楽しい」と言う指針にもっと慣れ親しめたら良い、と思わされました。真面目すぎてもダメですよね。
お母様に言われた「好奇心は悪いことじゃないから、どんどん深めていきなさい」と言う探求学習の重要性や、「好きになると自然と面倒くさいことをやりたくなっちゃうんですよ」と言う協議会の推進方法についてのように。

あとは、このシリーズではまさに「日本」「外人」と言う切り口で興味深いインサイトを提供されていますが、そもそも、彼のようにどうしようもないお茶好きの方こそが、日本人的だ、とも言えますよね。
そして日本で生まれた日本人でも、「外国人」っぽい人もいるでしょうし。
最近New York Timesで“National identity is made up”と言う特集もなされ、「国家・国籍」は近代思想の産物にすぎない話などがされていたことを思い出しました。
https://www.nytimes.com/2018/02/28/world/national-identity-myth.html

個人的にですが、まさにこれからはますます「国」などの枠にもとらわれる必要がない、と感じています。自分が意識して、好きな環境やコミュニティを選んでいければ良い、と思っています。
投資先のエストニアのスタートアップのJobbaticalなど、まさに世界中どこでも働けるプラットフォームも提供していますし。
むかし出張で鹿児島に行った際、日本茶葉をお土産にいただいたんですね。「あれ、お茶といえば静岡だと思ってました」とつい言ってしまったら「静岡のお茶は、鹿児島から枝分かれしたものなんですよ」と得々と話してくれたのを思い出しました。で、この記事ですでにスウェーデン人が3人も鹿児島にいることを知り、スウェーデン人、凄いぞと(え、そこ?)

オスカルさんが静岡を選ばれたのは正解だったと思います。私のクライアントさんの一つが静岡新聞でした。紙面に’茶況’という欄があって、毎日の相場が株式みたいに書いてあるんです。それだけ静岡ではお茶が経済に欠かせないものになっているのでしょう。最適のお仕事もここで見つかり、双方win-win ですね。

ブレンドしないシングルオリジンのお茶は、確かに可能性があると思います。旨味がはっきりしてますからね。お茶の本当の美味しさを知りたかったら、玉露を、60度くらいの温度で入れて飲むことをお勧めします。玉露は葉っぱに覆いをかぶせて栽培するため、葉っぱに旨味成分テアニンが残っています。で、ちょっと低温で入れると、甘苦い感じを味わえます。私は、脳みそが疲れている深夜でシングルモルトを引っ掛けて寝たいんだけど翌朝早いからお酒はダメ、な時に玉露を入れて頭をリセットして寝ています。テアニンには神経の鎮静作用もあるそうです。お茶の新たな飲用法でした。

おまけ。急須を振って最後の一滴まで搾り取ってくださいね。ここに旨味が凝縮しているので。
あぁ、今日も素晴らしい話ですね。。。こんなにも日本に愛着と情熱を持っていただいて、ありがたいです。

私自身、友人が家に来ると日本茶を出すことが多いですが、結構喜んでくれることが多いです。砂糖を入れるひととかもいて面白いですが。

紅茶にもあれだけ種類があって多種多様な楽しみ方があるので、シングルオリジンの高級茶市場、充分ポテンシャルがあるように感じます。(ちなみに日本酒は勿論のこと、焼酎にも海外で相当な可能性あると思います)

だいぶ話それますが、日本を訪れる外国人の友人に、銀座のヒガシヤで日本茶を飲むことを勧めてとても喜んでもらった事があります。場所も雰囲気も出てくるお茶も、とても外国人向きだと思います。http://www.higashiya.com/ginza/sabo/
お茶のシングルオリジン、日本酒のドメーヌ化、、マスから離れた瞬間にチャンスが広がる分野が出てきています。ホンモノ、をきちんと定義して、ストーリーを作るのが、実はこれからの日本の勝ちパターンではないでしょうか。
このパターンは海外でいくつも見た。そのうちの一つは弁護士が始めたジンだったかのスタートアップで、いま大成功していると聞いている。
なのでこれは適切にやれば当たると思う。戦略ができるキャピタリストと組めば大きなマーケットを創り上げられるはず。
「生産者は「荒茶」と呼ばれる状態で茶問屋に出荷し、茶問屋が茶工場で「仕上げ」をして製品化する。その過程で、味や香りのばらつきを避けるために、たくさんの生産者から集めた「荒茶」を混ぜ合わせるのだ。これはコーヒーと同じく大量生産、安価提供を実現するために作り上げられた仕組みで、日本全国に流通させるためには合理的な手法である。」(記事引用)

本記事を読んで、日本茶はコーヒーでいう「ファーストウェイブ」の段階を長く続けてきたことを知った。そこにシングルオリジンの日本茶がサードウェイブ的に出てきており、スウェーデン人の日本茶インストラクターが誕生しているのも興味深い。スターバックスに当たるセカンドウェイブ(新しい日本茶の淹れ方や飲み方を提示し、ライフスタイル提案型の店舗を大量に展開するナショナルチェーン)を欠いたまま、いきなりサードウェイブに移行しているも、いかにもお茶文化的だ。時系列で前後する形で、あえてセカンドウェイブ的なティーブランドを創り出す強烈な起業家、マーケター、オペレーターが登場することも期待したい。