新着Pick
394Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
実はスターウォーズ計画の頃にはアメリカには宇宙軍(United States Space Command)が存在していました。

しかしスターウォーズ計画の頓挫に伴い、無駄な組織ということで格下げされ、現在は第14空軍傘下の統合軍の一つ戦略軍にある、宇宙統合機能構成部隊に、空軍宇宙軍団、宇宙ミサイルシステムセンター 、宇宙優勢システム航空団の3つの宇宙部隊が配備されています。

今回の話は去年の夏頃に下院で、陸海空海兵隊に次ぐ第五の兵科として宇宙軍創設の法案が可決されたことに始まります。
しかし、相対的に予算を減らされる空軍が大反発し、積極的なロビー活動を展開。
上院でこの法案を葬り去りました。

しかし、トランプ大統領らはこうした体制では即応性が悪いとして、改めて宇宙軍の創設を求めているというわけです。

ちなみに宇宙軍と言ってもスターウォーズのように宇宙空間でドンパチするわけではなく、衛星軌道上にある約2万3000の衛星の監視と運用がメイン業務です。

一見地味ですが、いざという時、先に衛星を敵に潰されて、相手の状況がわからないまま一方的に奇襲を受ける「宇宙からの真珠湾攻撃」を避けるのが宇宙軍の最大のミッションとされています。

現代の戦争が衛星からの偵察や誘導に頼っている以上、この件についてはトランプ大統領の判断が正しいようにも思え、空軍の反発はあっても、いずれ宇宙軍創設の方向に行くような気がします。
やはり人類は経済的な利益か戦争でしか進歩できないのだろうか。とりあえずはレーガン時代のスターウォーズ計画の再検討等をやるのかもしれない。宇宙世紀はまだまだ遠い。。。
これはなかなかコメントしづらいが、

>軍側は新たな軍種とその官僚制度を設ける必要はないとして反対している。
これは非常に既視感がある。第二次大戦後に陸軍の航空部隊を分離して空軍にした時も陸軍は猛反発。政治が押し切った。今回は主に空軍がやっている宇宙関係の仕事を分離するという話ですよね。歴史は繰り返す。

ところでNRO(National Reconnaissance Office)も宇宙軍に吸収されるのかな?NROは軍とは別のスパイ衛星を専門でやる機関で、実はNASAと同程度の予算をもらっていたりします。。。。
外務省総合外交政策局に「宇宙室」という部署があることをご存知の方はどれくらいいらっしゃるだろうか?5-6年前に設置された新しい部署で、学部時代からの旧友が配属されたことで、私は存在を知った。

外務省のHPによると「宇宙空間が持つ外交・安全保障上の意義が近年ますます大きくなっていることを踏まえ(中略)国際的規範づくりの促進、宇宙をめぐる国際協力の推進、安全保障政策の一環としての宇宙政策の推進」をミッションとしているとのこと。

私は全くの門外漢で基本的な知識も持ち合わせていないが、旧友の話では、民生・商業利用、そして安全保障上も、宇宙空間については、日本はアメリカとの協力関係が緊密でとのこと。

記事の「宇宙軍」の温度感としては、あくまでトランプ大統領の提案レベルのようだが、アメリカがこれを議論するのは自然な流れとも感じる。向こう二、三年で日本がどうのこうのということはないと思うが、アメリカとの関係において、十年スパンで見ると、日本も重要政策課題となるのではないだろうか?

以上、素人の感想でした。
軍事的領域に限らず、宇宙利用についてはこれからの地球や人類の持続可能性を踏まえると力を入れて推進していかなければならない。
宇宙の軍事利用は、同時に「軍事の宇宙利用」でもある。軍事の大義名分の下であれ、宇宙開発は進む。宇宙開発が進むことを望む者としては、超えてはいけないラインのギリギリ手前までは、清濁併せ吞んで黙認する案件。
トランプの「宇宙軍」に関する言及ですが、あくまで「提案」であり、「要請」ではありません。複数の米メディアを確認しましたが、いずれもTrump floated the idea of creating a "Space Force"などとしており、さらには「最初は冗談で始まったアイデア」とトランプ自身も語っています。記事の日本語タイトルはミスリーディングと言わざるを得ません。
宇宙空間が軍事的に重要な戦域の一つであることには同意しますが。
地球ファースト
スターウォーズの世界が現実になる日も近いのかもしれない。
「宇宙軍」を創設すると言うだけまだまし。民主主義はまだいいですね。軍事費だけが伸び続けて、何をしているかわからない国はたくさんあるので、マスコミはそっちを調査分析して報道してほしい。