新着Pick
550Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
まず、各種データの利用を箕面市が許可したことに注目したいです。このような自治体のデータが利用出来ること自体、これまで非常に限られていました。データフォーマットが他の自治体と統一され共有出来れば、より大規模な調査が出来そうです。

調査は示唆に富む内容。幼少期の生活習慣がその後の学力に影響を及ぼすことは言われてきましたが、それを更に裏付ける調査結果。10歳から差が出てしまうというのは、その頃に通塾を開始する子どもが多いからではないでしょうか。

『学力の経済学』にも書かれていましたが、やはり就学前児童を支援することが最重要課題の一つと考えます。

ご参考まで。
学力と貧困については、お茶の水女子大学の耳塚先生の調査に大きな学びがあります。
http://www8.cao.go.jp/kodomonohinkon/kentoukai/k_2/pdf/s4-1.pdf
いま放送中の大河ドラマを見ていて思ったのですが,登場人物は皆等しく,貧乏.でも将来,日本のリーダーになる.貧乏と貧困は違うのですね.貧乏は金銭的に貧しい状態を意味し,貧困というのは心理的に貧しい状態を意味する.貧困≠貧困.うむ.昔は貧乏だったけど貧困ではなかった.お金ではないんだ.心理的に有意義な刺激のある機会,経験を与えられるかなんだ.
統計でわかるのは相関関係であって因果関係ではないし、何かを変えるにはむしろ因果関係の把握が大切なので、貧困や学力の世代間連鎖の問題を解決することはとても難しく繊細で高度なサポートを必要とします。

まずIQの問題を除外した"基礎"学力の向上には学習習慣の確立が必要で、そのためにはルールやマナーの習得が前提となり、それらの習得のためには自己肯定感が重要です。つまり1Fが自己肯定感、2Fがルールやマナー、3Fが基礎学力という三層構造なので土台からアプローチしないと難しいんですよね。
データで追跡調査をしており、「貧困層は学力が低い」という相関についてはしっかり証明されている内容。ただ、この手の議論はよく見るものの、単純な「お金」の話が原因なのか、という因果について納得できる説明を見たことがありません。
通常「家庭の貧困」をスタート地点として議論していますが、そうなる要因は人によって様々なでしょうが、そもそも親の学力が低いとか、もっと根本的に何かを継続して続ける力が弱い/そういう習慣がない、というのが要因になっていることも少なくないと思っています。そうすると「貧困」は表層的な問題であって、どちらかというと親が持った性質が根本で、従って貧困になっているし、従って子供に遺伝したり勉強するように促さない家庭環境にあるため学力が伸びない、という要素の方が大きいように直感的には感じます。もちろん、金銭的なことが原因で学習を諦めざるを得ない人も中にはいるとは思いますが、それって全体のどのくらいの割合なんだろう、というように感じがするので「無償化」などの施策の効果は大きくないように感じます
私はフィリピンのセブ島にいるので貧困と教育の格差については実感しています。
日本と比べ物にならない程の貧困層の話ですが、どうしても生活で生きていく為に働くしかありません。それが物乞いであってもです。
子供は親に褒めてもらうことをやりたいので、勉強より少しのお金を持って来ることを選んでしまいます。
一度貧困になるとなかなか抜け出せないのはこういったことから勉強する機会が失われるからです。
日本も早い段階で何とかしないと、フィリピンが他人事でなくなります。
フィリピンまで格差が開いてしまうと、是正していくのはとても大変です。
これまで社会が直視したがらなかったえぐい真実が、実データをベースに詳細グラフにまで落とし込まれた形で可視化された。教育を受ける権利に格差があってはならないし、国力という観点からだって、貧困の中から世の中を救うために立ち上がる、GRITを兼ね備えた人間が育つような土壌が無いと、国としてやばい。じゃあどうしたら良いんだ。今は自分も義務教育の業界にはそんなに明るく無いので提言すらできないが、深刻な問題なので、色々と勉強して考えて行きたい。
素晴らしい研究成果だと思います。こういうデータをもとに政策を考えていくべきですね。しっかりしたデータがあれば、より精緻な分析も可能になります。
自治体の協力による貴重な調査研究ですね。生活習慣はやや拡大解釈と感じますが、就学環境と学力との因果関係と媒介因子に関する検証がなされています。直感的ですが、習い事の効果が大きそうであり、公教育での対応にも限界がありそうな。
統計的な解析手法からいくと、有意差があるかどうか数字で示されてないから、因果関係があるといえないでしょうね。
もし、ここに結論の前提があるとしたら、偏差値が低いと、将来幸福になれる確率は小さい、とも読み取れます。

志を持った子供を育てるといろいろな道を選択して活躍できるはずです。
親孝行な子供は、貧困な家庭の方が育つかもしれません。苦労して育ててもらったら感謝するでしょう。人の気持ちがわかる人は、将来商売に成功するでしょうね。

ライザップの創業者は、落ちこぼれと自分で言ってますけど、「人の意志の弱さ」に気付き、そこをビジネス化した天才。
維新の志士たちの共通点は、「親孝行」。
子供に支援するのは賛成ですが、どのような”日本人”を育てたいかですよね。
子どもは可能性の塊。もれなく全員。それをそれぞれに花開かせるのは、大人の、社会の責任だ。打ち手をどんどん出していきたい。