新着Pick
122Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
タイブレーク制導入にかこつけて、いまの高校野球界の問題を話題性にしているだけのメディアが多く、本質を書かなければいけないという想いをずっと持っていました。

『今回の決定は次善策』。

頑なまでに、投球回数、球数制限に消極的だった日本高野連の重要ポストにいる方が、そう仰られたのですから、ぜひ、実現に向けていただきたい。

甲子園出場回数ファースト、○○新聞ファーストから、プレイヤーズファーストの時代が来ることを、ただただ祈っています。
明日開幕するセンバツからタイブレークが導入されます。数年の議論を経て、なぜ採用に至ったのか。竹中事務局長に取材すると、高野連の論理が見えてきました。あくまで「次善策」とのことなので、これを契機に、さらなる改革を求めていきたいです。その際にどんな点を考慮&検討するべきか、氏原さんが取材・執筆してくれたので、ぜひ開幕前にご覧ください。
日本高野連が変わってきていること、トップダウンではなく広く意見を聞き調整していることはとてもよく理解できました。結果、スピーディーな決断が出来ていないというのも強く感じられました。

やはり甲子園にどこまでも感動ストーリーを求めているのだと思いますが、延長再試合がなくても、投球制限が出来ても、必ず沢山の感動が生まれると思います。
タイブレークを導入することで緊張感が増し、引き締まったところからファイプレーが続出したり、、何が起こるか分からないと感じます。
(杉本さんの仰る投球制限が出来ると選手層の薄い学校は厳しくなるは同感です。公立高校は二番手以降も優秀な選手を確保するというのは難しそう。)

タイブレーク制の導入。まずは大きな第一歩と思います。今後も積極的に進めて欲しいです。
高校スポーツがこんなに人気があるのは日本だけ。
メディアが作り上げた文化で、競技認知拡大には一役買った。その貢献度は否定できない。

どんどん健全化していくと、高校スポーツはつまらないコンテンツになる可能性がある。
過酷さというドラマ性がなくなり、選手はその先を見据えてプレーするので完全燃焼感もなくなる。

それでいいんですけどね。
選手の安全第一。選手ファースト。
しかし、イベントとして成り立たせることも大切です。
そのバランスを上手に取ることが、腕の見せ所だと思います。
「プレーヤーズファースト」でも、プレーヤーの中でニーズは異なる。

多様性を認めよう。
これこらまさに板挟みの決断に迫られていくのでしょう。スピード感をもって進めて欲しい!
夏はせめて屋根付きの球場でやらせてあげたい
この連載について
2018年、遂に100回大会を迎える夏の甲子園。時代の変化とともに“変わりつつある姿“と、旧態依然の両方に目を向けながら、未来の高校野球のあるべき姿を考えていく。