新着Pick
325Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
財務省のやり口があまりにも稚拙だ。なんらかの事情で急ぐ必要があって詰めが甘くなったのだろう。

改竄前の文書では、近畿財務局職員が首相夫人をはじめとする個人名を詳細に書き綴っているが、僕の理解ではそれ自体が異例なことだ。異例なことを認めるために、意地でも異例な記録を作らざるを得なかったというのが本音だろう。ただ本省からすればなんでそんな異例な記録を残してたんだという話に違いない。そんなすれ違いの後、国会答弁に合わせるために本省主導で改竄を行なったのではないかと推察する。近畿財務局の方で自殺者まで出てしまい、本当に不幸なことである。誰のためにそうなったのだろう。

その答えは近畿財務局のオリジナルの文書を読めばわかることだし、亡くなった担当者の方の意地がそれを明らかにしたのではないか。
吏道廃れて国滅ぶーー。佐川さんを国会に呼ばなければならない。今朝の産経一面は<財務省は「組織防衛」という観点のみで動いた。官邸や自民党さえも欺いており、忖度どころか「政権を守ろう」という思いさえ感じられない>などと書く。安倍トモ記者の「虚妄の言説」と言う外ない。
「私と妻が(売却に)関与していたら首相も議員も辞める」と、国会で明言した安倍政権を死守するために、佐川さんは国会でウソをつき、ウソをウソで塗り固める改ざんを命じ、墓穴を掘った。部下が自ら命を絶った時、佐川さんは地獄の火に焼かれる苦しみではなかったか。彼には財務官僚の「覚悟と矜持」をもって本当のことを語って欲しい。それが、命を絶たれた部下へのせめてもの償いだ。
「全体の奉仕者」たる国家公務員を「政権の奉仕者」に堕落させた安倍政権は万死に値す。「組織防衛」という観点でのみ動いたなどと凌辱を受けた財務省は怒らないのか。安倍政権と翼賛メディアの「反知性」にオール霞が関が牙を剥く時だ!
検察首脳は立件に慎重だという見方が多数を占めていました。事実、法理を厳密に精査すると立件は容易ではありません。「けしからん罪があれば」と言ったとか、言わなかったとかの風説もあります。ただ、検察は世論と無縁ではありません。民主主義社会を守るという使命感も強くあります。ウソを1年間も、それも国権の最高機関に平気でつき続けたことを許せば、社会全体にモラルハザードが起きると懸念しても不思議ではありません。政局だけでなく捜査の行方も予断を許しません。
相変わらず両陣営とも自らのポジションからの希望的観測のコメントが多いですね(苦笑)。さすがに「こんなくだらないことより、他に重要政策課題がある!」という人は減ってきましたが。

さて、これを証拠の一つに、大阪地検特捜部が更にどんな証拠を集め、どのようなシナリオを描くことが出来るか?というのが今。

その際に重要となるのは、①異例とも言える詳細な記述の文書を作成した背景、そして②改ざんの合理的な動機、この二点の解明と私は思うのですが…。これが実際に事実認定できるレベルで証拠が挙がって初めて、真実が分かると思います。

それにしても、ここも過疎ってきましたねw

追記:毎日新聞の小川さんがコメントされましたね。極めて個人的印象ですが、小川さんが検察首脳の言葉としていうように、私もこれを立件するのは難しいような気がします。本件については、今後の捜査の行方に注視すべし、というのが私のスタンスです。
【社会】昨日公開された14の文書にザッと目を通してみたが、今回出てきた文書だけでは安倍総理、昭恵夫人、麻生財務相の直接の関与を立証することは不可能だと思った。本文中に決裁者が佐川理財局長(当時)であることが明記されているため、「改ざん」(本件については菅官房長官が「改ざんではない」と述べているが、自民党の予算委員会筆頭理事である菅原一秀衆院議員が自らのブログにおいて「改ざん」と表現していることから、少なくとも与党議員の中にも「改ざん」という認識が共有されつつあることがうかがえる)が佐川氏によって行われたことは明らかである。

ただ、公開された文書を見て疑問に思ったのは、通常この手の決裁文書にあるはずの「決裁者」や「合議」に携わった人たち、決裁後に誰に供覧されたかを示す「押印欄」がないことだ。決裁文書は本文ももちろん重要であるが、「誰が合議・決裁を行なったのか?」という点と「決裁内容が誰に共有されたのか?」という点が重要であり、「押印欄」があるはずの表紙と本文が一体となって意味をなすはずである。つまり、今回財務省から公開された「改ざん前」の文書もまた、公開のために「編集された文書」なのではないかという心証を抱くのである。

追記:
何が何でも安倍政権を擁護したい人たちが民主党政権時代に発覚した東北厚生局の文書書き換えについて繰り返し触れているけれども、発覚したのが民主党政権下であっただけで、書き換えそれ自体が起きたのは2007年であるから、自民党政権下での出来事なんだよね。時系列や事実関係をきちんと確認してから物事を言わないと足元をすくわれると思うなぁ。
つくづく思いますが、明治維新も天皇の詔勅の偽造が横行し、明治維新史自体が改ざんの上に成り立っているようです。終戦時の公文書の大量消却も責任逃れのためであったようです。これらに比べれば、小さい事件なのでしょうね
任意聴取が実施された場合、辞職した佐川氏がどんな話をするのか。
注目したいです。

本日日経新聞は「疑惑が表面化する前に大阪地検特捜部が書き換えを把握し、財務省職員に経緯の説明を複数回求めていた」と報じています。
【地検、疑惑表面化前に書き換え指摘 森友問題 】
http://s.nikkei.com/2ImlySI
財務省は日本の官庁の中でもっとも優秀と言われてきました。
このようなミスを犯して、やはり麻生先生、安倍先生を打ち倒そうとも思っているのでしょうか。
バレルなどとはまったく予想していないのですかね。
記事と異なり、財務省は「検察には改ざん前の文書を提出」と説明。ただ、仮にそうでも財務省に有利とは言えない。国会への改ざん文書提出の悪質性がかえって際立つからだ。
安倍政権になってから経済が好転したのは事実だし、野党に政権が移ってほしいとは毛頭思わないけど、これはさすがに、官僚が何人か更迭されるとかいうレベルの話ではない気がする…

瀬尾さんもFacebookに書かれていたけど、公文書は歴史の記録なのだから、日本の歴史そのものが信用されなくなってしまう。