新着Pick
1483Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
日本のタクシーの運転手さんに聞くと、お客さんを乗せて走っている実車率はおよそ35%-40%くらいだとすぐ分かります。つまり勤務中の半分以上は、空いたままのクルマを走らせている訳です。ちなみに一般ドライバーのマイカーは、この稼働率が4%ほど。ここにテクノロジーの入る余地があるわけです。

Uberは「その稼働率をもっと上げられますよ。なぜなら、お客さんとタクシーを最高の形でマッチングできるんですからね」という提示を、タクシー会社にしています。これ自体は素晴らしいことです。ただし、その取り分をどうするかという条件交渉などが、難しいところでしょう。また需給に応じたダイナミック・プライシングなどは、規制との兼ね合いもあります。

大局的にみれば、Uberはタクシーのみならず、交通データによって交通ネットワーク全体を最適化することを目標としています。ぜひ今回の「世界一やさしい授業」を読んで、5年先、10年先に500兆円産業といわれる交通分野で、何が起ころうとしているのかも想像してみてください!
本日はスライドストーリーで読むUberです。
暴れん坊だったUberは、いかにして“大人”になったのか。
なぜ日本なのか。日本のタクシー界をいかにして口説き落とし、上陸作戦を成功させようとしているのか。前回の特集スライド記事をアップデートして、徹底解説します。
【ルーティングとマッチング】
uberと日本のタクシーの違いのポイントは、
ルーティングと、マッチングによる稼働率引き上げ。
後者は、乗務員の収入増を可能にする。
これは乗客からすると、直接的なメリットではないが、
アルゴリズムを駆使したルーティングは日本のタクシーに
根本的に欠けている点。
Japan TAXI のアプリはとても良いが、
乗ると乗務員さんから重ねて道を聞かれるのは
大変不満だ。もうアプリ上で指示済みなのに。
道案内に費やす時間は、休息や、思考、電話など
本来別の目的に使われるべき、というのが私の考え。
これが変えがたいカルチャーであるなら、
いっそuberに新しい切り口で取り組んでもらった方がよいかもと思う時がある。
Uberが単に労働者を安く働かせた業界の破壊者の顔だけでないと感じるのはもちろんテクノロジーもありますが、需要を創造しているという報道があるため。利便性を高め、価格を抑え、結果的にこれまで使わなかった人や場面でも使われるようになることは三方よしの創造的イノベーションです。ただ、既存タクシー支援で料金も変えられないのであれば単なる決まったパイの奪い合い。よく指摘される実車率の低さも、総需要、総供給が一定なら変わりません。結局は淘汰が進むかで、優れたサービスが選ばれ、ダメなサービスが淘汰されるような仕組みにならないとダメで、Uber参入でそちらに向かうならそれが一番のメリットと思います
Uberのテクノロジーで一番気になっているのは需要予測です。

Uberは天候や日時などの情報からの予測はすでにやっていて、加えて乗客の乗車時以外の位置情報も取り始めています。乗客の細かい動線や前後の行動までわかるようになれば、相当に細かいメッシュで予測が可能になりそうです。
https://newspicks.com/news/1921069/

国内のドコモさんの需要予測は500mメッシュで30分後の予測をするというものですが、需要予測でどこまでできるものなのか、とても気になります。それによって、タクシードライバーのノウハウ・儲け方が全く違う原理になるからです。
ここで紹介されている技術は少なくともDiDiではあまり変わらないレベルなので、他の企業がどのぐらい投資するかですが、本質的に投資額以外の優位性がどのぐらいあるかは難しいところ。
中国ではDiDi一強になって以降、値段も上がり、ユーザー体験的にはあまりよくなくなってるので、適切な競争がある方が望ましいと思います。
「Uber大人化計画」が印象的。特に「We do the right thing. Period.」がメッセージとして明確だし、それがあったからこそ、これまでのユーザー支持やテクノロジーはあるのに当局や反対者との軋轢が足を引っ張る状況が一気に動き出したのだと思う。

当局や人々が反対・反感を抱いている企業とは組みにくい。だけど、実利があれば本音では組みたい。そこ含めて一気に変わる可能性がある。
オセロの白黒を一気にひっくり返す一手。
すごくわかりやすい。
新経営者の基で「大人の企業」に変わりつつあるUber。。。
ビジネスモデルばかりが注目されていたが、最大の武器は配車やナビ、課金システムなんですね。

協調路線や進出国でのパートナーシップは世界展開での重要な戦略。
日本のタクシー業界の近代化を実現してくれる事に期待。
このフォーマットいいね。ただ、歴史という割には2015年以前のサービス進化の歴史、Lyft、監督官庁との衝突が全然書かれていないのが不満。後半の日本市場参入のシナリオは面白い。
「日本に93個もある配車アプリ」Uberの技術を理解したら果たしてこのガラパゴスが持ちこたえるとは思えない。川鍋会長もアプリの良さは認めてたし…
この連載について
テクノロジーによって交通産業を革新する巨大ベンチャーのUberは、これまで閉ざされてきた日本市場に上陸できるのか。その舞台裏を、日米両国の取材を基にしてNewsPicksオリジナルレポートで描く。