新着Pick
421Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
今回の取材をするまで、なんとなく、タイなどの東南アジアに行くとG-SHOCKをつけている人が多いなという程度の認識で、まさか海外売上比率が8割を越す「グローバルブランド」だとは思っていませんでした。

考えてみれば日本のファッションブランドで世界的に有名なのは、コムデギャルソンやイッセイミヤケなどごく一部です。特にG-SHOCKくらいの中価格帯の製品では、ユニクロくらい。いかにG-SHOCKが珍しい製品かがわかります。

今回は、そんなグローバルブランドを生んだカシオのエンジニア、伊部菊雄さんに話を伺いました。取材の中で印象に残っているのが、完成しないまま発売時期が迫って来るシーン。自分に置き換えると、「締め切りが数時間後に迫っているのに、ネタがない」状況だなと思い、半端じゃないプレッシャーだなと恐れ入りました。
これは面白い。

NPでは就活特集が真っ盛り。功名心や上昇志向の塊みたいな世の「成功者」の言葉よりも、案外この記事のG-SHOCK開発者の伊部さんみたいな生き方の方が、学生には案外参考になるのでは?少なくとも、私はこれを読んで、大ファンになりました。

伊部さんの面白さは意思決定を「消去法」で決めるという部分だ。それは人生選択だけでなく、G-SHOCKというプロダクトのコンセプト「壊れない時計」にも通じる。そして、この「消去法」というのが実はこれは本質を突いているのではないかと気付かされる。人間はポジティブな言い方に魅力を感じるが、あらゆるイノベーションは、ネガティブを消していくことである。何が嫌なのか、嫌をなくすためにはどうすれば良いか。そうすれば目の前が広がる人も多いのではないだろうか?

最近はあまり聞かなくなったが、このアプローチは、実はデザインシンキングのアプローチに通じる。人が嫌だと思うところ(Pain Point)と、これは良いと思うところ(Gain Point)が何かを見極めることから、デザインシンキングは始まる。イノベーションを起こしうるプロダクトやサービスを開発できる人というのは、1ユーザーとして自然とそれを発想できる人なんだなあ、とも感じる内容だった。

後編にも期待。
ブーム化するまでに10年かかっている。そしてその後の10年はもはや商品生命が終わったかの如く衰退し、そうかと思うと次の10年でブームを超えて成長している。

このようなライフサイクルを描くブランドは珍しいのではないか。その要因、背景を後半に期待したい。
商品開発の裏側だけでなく、カシオの社風や、一人の意思決定論としてもとても面白いインタビューで、是非読んでほしい!

好き嫌いが明確というより、「嫌い」が明確で、そこから消去法で決めていく。でも自分が決めているから後悔はない。
そこに関連しているのかもしれないが、提案書も「~できる」という肯定ではなく「壊れない」という否定のテーマになっているのが、個人的には印象に残った。
"何がやりたいという志がないからこそ、消去法が納得できたんです。"
就活も転職活動もあまり苦労した覚えはないんですが、毎回1番辛かったのは「志望動機」「将来の夢」を聞かれること。
40歳になってやっとおぼろげながらやりたいことが見えて来ましたけど、夢や志望動機を20代前半時点ではっきり答えられる人が仕事ができる人とイコールだとは思わないんですよ。特に男の場合は20代は精神年齢が低い子が多いです。
開き直って消去法で決めたり、求められることをやってみる、くらいの方がいいことたくさんあります。大事なことは、やりたいことをやる、ではなく、やると決めたことを一生懸命やる、が大事なんですよね。
『DW-5000C』全てはこの型番から始まってる。そして、今回はこの『DW-5000C』の発売までのストーリー。消去法の人生に偶然が加わって、世界に誇る名品が生まれているのは感動的。後半はアイスホッケーのCMの話に行くのだろうか。

G-SHOCKのヒストリーは下記参照
https://g-shock.jp/identity/history/
東南アジアでGSHOCKは本当によく見ます。日本のブランドが世界で認められているのだと勇気付けられる。

スーツを着る仕事ではなく、時計のツケ外しも多いのでGSHOCKを使っています。実用的。ただ最近は必要のない機能がたくさん乗って、明らかにオーバースペックです。
トヨタのハリアー(現:レクサスRX)も売れる訳がないと言われながら、技術者が作りたいクルマを作るといって世に出た製品。G-SHOCKのお話はよく分かります。
「正直にいうと、僕もカシオの時計をつけていませんでしたからね。」自分も大好きなG-SHOCKのあまりに素敵な開発秘話。実は意外と知られていない、日本発の超グローバルブランド。後半が楽しみです!
昨年末、マディソンスクエアガーデンで開催されたG-SHOCK35周年イベントは場所もさることながら、登場した面々に本当にびっくりしました。ヴァージル・アヴローにエイサップ・ファーグ、ロニー・フィーグといまのストリートファッションシーンのトップランナーで、ここまで日本のG-SHOCKが強いブランドだとは
この連載について
ビジネスの話題に関する特別インタビュー
カシオ計算機株式会社(カシオけいさんき、英語: CASIO COMPUTER CO., LTD.)は、電卓、電子辞書、電子楽器、時計、デジタルカメラなどを扱う日本の電機メーカー。本社所在地は東京都渋谷区本町1-6-2。東証第1部上場(証券コード6952)。通称カシオ(CASIO)。 ウィキペディア
時価総額
3,857 億円

業績

株式会社ファーストリテイリング(英語: Fast Retailing Co., Ltd.)は、株式会社ユニクロなどの衣料品会社を傘下にもつ持株会社である。東京証券取引所第一部上場。世界のカジュアルの企業の中での売り上げは第3位である。 ウィキペディア
時価総額
6.17 兆円

業績