新着Pick
789Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
坪単価の月商が30万円を超えるとされている代官山蔦屋だが、2011年のオープン当時は「プレミアエイジ」と呼ばれる段階前後の世代をターゲットにしていた。
http://www.bunkatsushin.com/varieties/article.aspx?id=1488

が、ここ数年、日常的に通っている私としては、20代後半から30代の人もかなり多い印象。
時の流れとともに、代官山に通う20・30代が増えたこと、そして記事にもあるような「コト消費」をより好むのがこの世代であることが原因かな。
CCCさんの企画力は素晴らしいものがあるが、
一方で、企業主体というか、圧倒的な「企画力」= 押し付けでも感動、共感させる力がどこまで維持出来るかが課題でしょう。力がある時は良いが、そういう時代でもない。

ポイント事業とTSUTAYAという事業がもう少し融合しても良い。せっかくの顧客データを有効活用出来ていないように思う。

またこの顧客データ基盤の上に整備するべきデジタルツールも不足している。

プッシュ型マーケティングで勝ち続けることが出来れば良いが、そろそろCCC, TSUTAYAの魅力を押し出すだけでなく、お客様との長期的な繋がりを意識し、可視化して、大切にすることを前面に打ち出した方が良いと思います。
蔦屋書店に行くと旧来の書店のように単に本を並べているだけでなく、空間の演出、本との出会いの演出に力を入れているのを感じます。逆にそれを真似する書店があまりないのが不思議です。
蔦屋書店のような「リアルに残る価値」を蒸留して濃縮させたような業態を確立し、1800億円もの売上まで急拡大させてきたというのは本当にすごいことですが、結局どのくらい儲かっているのかが分からないので評価が難しい。売るものは定価があってプレミアム価格もない「本」なので、蔦屋家電よりは間口が広そうだし、地方都市でも成立するモデルだとは思いますし、拡大してるのだから収益モデルも確立しているものとは思われますが
本は知的な雰囲気を作り出す効果があります。
蔦屋書店でユニークなのが、日本の人口の流れと会員を連動させる為にマルチクラスタ(プレミアエイジ・子供へ投資世帯・お金をあまり使わない層)という3つの問題解決の視点で店舗を作っているところです。
言っていること、やっていることの本質が2000年代前半から変わっていない増田さんってやっぱり凄いと思います。
一方で、それがCCCにできるのか?は微妙であるし、さらに言うと今の時代に長く求められるものなのかはわからない。
出版社が持っていながら活用されていないコンテンツは、きっとやまほどあると思います。
上手く使えば大ヒット間違いなしという「お宝」が隠れているはずです。

新しいものばかり追求するのではなく、既にある財産を有効活用するという方向であれば素晴らしいと思います。

以下、その趣旨の記事です。
ご一読いただければ幸いです。
http://agora-web.jp/archives/2028762.html
本という文化装置をビジネスの中でどのように位置付けるか?
本を売るという発想では生き残るのは難しかなっているわけなので、本をフックにどんな体験提供+購入導線をつくるかが鍵になると考えています。

"増田氏は代官山の店舗について坪あたりの月商が30万円を超える"
とありますが、30万でやっていけるのか?は疑問。

経産省の統計データで業態別単位あたり売上をみると、他の業態が圧倒的に効率高い。
http://www.meti.go.jp/statistics/tyo/syougyo/result-2/h9/kakuho/gyoutai/page_06.html
非上場ゆえに情報が少ない中で、財務数値などにも触れて興味深い記事。
ユーザーの期待や体験と、経営成績が必ずしも連動するわけでもない。代官山にしても坪あたり月商金額は高くても、土地代も高い。あと、代官山にあって、まだ蔦屋書店業態が少ないというのもポイントで、全国に大量出店しても価値が持続するモデルではないと思う。
カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社(Culture Convenience Club Company, Limited)は、 Tポイントを中心としたデータベース・マーケティング事業、「TSUTAYA」(書店・レンタル店)の企画とFC展開事業及びインターネット事業、出版・映像・音楽製作・企画等エンタメ分野におけるSPA事業を行う日本の事業持株会社である。 ウィキペディア

業績

株式会社主婦の友社(しゅふのともしゃ、SHUFUNOTOMO Co.,Ltd.)とは、東京都文京区関口に本社を置く出版社である。料理、健康、育児、インテリアなどに関する雑誌・書籍を出版している。 ウィキペディア

業績

カメラのキタムラは、株式会社キタムラが運営する写真用品店チェーンである。ブランドメッセージは「Happy with photos.」。 ウィキペディア

業績