新着Pick
518Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「白タク」は利用者に罰則は課されない、ということで実際にどんなものなのか知人のタクシーに同乗しました。一般のタクシーというよりはリムジンという感覚です。

サービスが成長するか否か、そこにサービスを欲する消費者がいるかいないか。ここには「強いインバウンド需要」を吸収できるサービスができている、結局ポイントはそこなのだと思います。

日本で「白タク」は違反と摘発するのも理解できます。ただ新たな需要を満たせるサービスをどう日本が作っていくか、という方向の話がより大切なのではないかと個人的に思います。
いくら規制で止めようとしてもテクノロジーの進化によるサービスは止めようがない。このままでは東京五輪に向けてなし崩し的にこのような白タクが広がって、最後はウーバーXも含めて自家用車の配車サービスを全面的に解禁せざるを得なくなり、根こそぎ外資に席巻されるという未来しか思い浮かばない。
法律が何のために存在するのかが問われる問題ですね。
ちなみに、よく上がるドライバーの雇用問題も、最近中国では多くの場合ドライバーを束ねる会社を作り、車も会社の保有にして、社会保険や車の管理などをしている企業が出てきており、問題をクリアしております。

つまるところ、配車アプリレイヤーでの勝負と、タクシー会社に代わる車のリース/ドライバー管理の会社レイヤーでの勝負が今後起きるはずです。これを否定する法制度は合理性がない。

ちなみに法改正がされないと、日本で事業を行う企業は他の事業を守るためにグレーなことは出来ず、そういうものを持たない海外の小さな会社が跋扈する形になります。
こうなるの当たり前やん。これも川鍋さん問題の一端な訳です。
体当たり潜入レポートがめちゃめちゃ面白い。確かに、金のやり取りもない、普通の車なら「友達を迎えにきた」と言えば分からないですよね。
まあ、本気になれば、アプリで呼び出して捕まえれば良い気もしますが、そこまではしてないということでしょうか。しかし、ここまでサービスが進化してると改めて「白タク規制ってなんなんだろう」と感じてしまうもの。もちろん、安全とかぼったくり防止などあるんでしょうが、先進国かつテクノロジーが普及してきたなかではそのメリットも減っていってるようには感じます
タクシーに限らず、日本の交通費の高さは世界的に見ても異常だそうです。

ITが国境を越えている今、サービス、料金共に優れている業者が勝つのは当たり前。
他にもたくさん同じような事例があると思いますよ。

タクシーや民泊だけだと思っているとトンデモナイことになります。

衣食住というように、「食」の分野でも闇レストランがあるかもしれません。
リアルな体験記。
知らない国で言語も違う、そのなかで自分が使い慣れているアプリで安くて、直接行きたい場所に行けるなら、ユーザーメリットは圧倒的に大きい。それが使えるなら選ぶなといういのが難しいだろう。
中国では飛行機のチケットを取るときにタクシー(ハイヤー)も一緒に予約することが一般的になっています。そうでなくてもわざわざタクシー乗り場に並ばずにDidiですぐに呼べます。
日本はその点不便ですし、タクシー料金も異常に高いので業界の規制をはやく外したほうが良いと思います。
このままだと東京オリンピックのときに海外マスコミに日本のおかしなタクシー事情を報道されると思います。
"中国では配車タクシーと自家用車に有償で人を乗せるライドシェア(相乗り)サービスが当たり前に普及しているからだ。そもそも日本で違法だという感覚すらないのだ。"
母国では適法で海外では違法、というケースは日本にもありますね。iQOSなど電子タバコなどもそうですし規制業種には多い。取り締まりは難しそうです。
思い出すのは、昨年のタイでの取材。中国人観光客を調べている研究者がこう言っていました。

「中国からの観光客の急増という事態は、トラブルは引き起こしましたが、これらはもうコントロール可能だと考えています。しかし調べるうちに、新たな問題、考えようによってはより深刻な問題が出てきていることに気づきました。お金の回り方の問題です。ビジネスで言う「エコシステム(生態系)」が中国側でほぼできあがっているんです」

http://globe.asahi.com/feature/side/2017051700002.html

早めに考えていかないと、観光客は増えたものの、そのうまみは海外に流れ、地元は負の部分だけを引き受ける、ということになりかねないと感じます。

このとき取材した中国人の業者さんは「日本政府は、まじめに免許をとって商売をしようという業者には、規制とか税金とかうるさく言ってくるのに、違法なところはほとんど手をつけていない。あえて無視しているのか」とぼやいていました。
この連載について
テクノロジーによって交通産業を革新する巨大ベンチャーのUberは、これまで閉ざされてきた日本市場に上陸できるのか。その舞台裏を、日米両国の取材を基にしてNewsPicksオリジナルレポートで描く。