新着Pick

売上YoY+43%!アパレル不況なんて嘘ばっかり

ベンチャーキャピタリストは思った
176Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
アパレル不況と良く言われますが、百貨店もインバウンドで最近は好調、ユニクロ絶好調、百貨店アパレルを代表するオンワードも好調です。もちろん、不調百貨店アパレル、不調セレクトショップ、不調SPAも存在しますが、東京BASEの様に高い伸びを続けているアパレルも多くあります。ストライプインターナショナルも前年比100億円、売上が伸びました。新しい取組や改革に積極的な会社は今後も期待出来ます。
アパレル全体の消費額は増えていないのでアパレル不況自体は嘘じゃない。でもその中には当然好調なブランドや企業もあれば衰退しているところもあるということ。

Tokyo Baseは徹底した成果主義、ECの積極活用、小回りが効くリードタイム短い国内生産の3つがポイントかな。ECの事前予約で量を確保。売れ方を見てから短い納期のリピートオーダーで補充。正価での消化率が高いからコストの高い国内生産でも十分利益を確保できる。運転資本も少なく済む。今のところ上手く回ってますが、綻びが出た時にどう対処できるか見てみたい。
好調な会社があるから「不況なんて嘘っぱち」というのはよくわからない理屈。分散型事業で流行り廃りもあるアパレルは常に急成長する新興企業もあり、勢いを失った老舗企業も混在する、そんな市場。
全体で見ると、15年くらい前と今の売上と利益率のプレーヤー散布図を比較すれば、業界全体の利益率が落ちているのがよくわかります。強い会社しか儲けられない市場になってきてるのは間違いないところです
個人的に最も興味があるのはショップスタッフの給与。
例えば東京xファッションに夢を持って地方から上京してきても、結局最低賃金レベルで働かされ、夜は水商売でダブルワークで稼がざるを得ないといった状況は見直されるべきである。
この根源はアパレル企業の財務構造に問題があり、高収益体質に変革を遂げれば大きく改善ができる。
コストコなどの外資系量販店が高い時給をアルバイトに出していることの理由なども考えながらゼロから財務構造を見直すつもりで改革を進めなければならない。
構造が変わっているだけで、人が服を着なくなる日は来ない。誰かが必ず供給する
株式会社三陽商会(さんようしょうかい)は、東京都新宿区に本社を置くアパレルメーカーである。販売網は百貨店が主体であり、自社ブランドに加え、海外の様々なブランドともライセンス契約を結び販売している。 ウィキペディア
時価総額
72.8 億円

業績

業績