新着Pick
590Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
積水ハウスさんとbitFlyerの共同プロジェクトが一歩前進です。

昨年より当社のブロックチェーン技術を活用して不動産契約を実行するシステムを開発してきましたが、いよいよ今年夏から首都圏で稼働することが決まりました。記事にもある通り、不動産業界での本格的な活用は世界初となります。

将来的には日本の不動産業界のネットワークを繋げる標準プラットフォームとなることを目指していきます。
不動産情報をブロックチェーン上でやりとりし、複雑で面倒な手続きを簡素化し、不動産仲介を効率化・活性化させる計画。
このようなブロックチェーンの実ビジネスへの活用が、今後はどんどん増えていくだろう。
また、bitFlyerのように、仮想通貨取引所だけでなく、ブロックチェーンの活用までを事業ポートフォリオとして取り組んでいく事業者も増えていくだろう。
問題は積水さんのプラットフォームにみんなが乗りたいと思うか?ですね。だからこそこういう法律も関わる部分は国が早くやってほしいが、、、。
不動産分野で同技術を駆使したシステムによる本格的なビジネス展開は、世界でも初めてとみられる
これは楽しみ!ユーザー体験にはどんな影響を与えるのか気になる!
不動産取引市場は情報の非対称、業務非効率の温床であり、ホテルを予約するような簡潔プロセスに変われる機会は大きいですね
積水ハウス株式会社(せきすいハウス)は、大阪府大阪市北区に本社を置く住宅メーカーである。 ウィキペディア
時価総額
1.31 兆円

業績