新着Pick
277Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
こっちで随分熱く語りましたが、
https://newspicks.com/news/2803110

将来のことを考えることは、就活とは切り離して考えるべきだと思っています。これをいっしょくたにしてしまっているのが新卒一括採用。就活の時期になったら自己分析を始めて○○研究をして、っていうやり方。

理想的にはもっと前から自己分析、というかそんな仰々しいものじゃなくて自分は何がしたいのだろうか?どう生きていきたいのだろうか?みたいなことを考えたら良いと思うんです。就活になって焦って自己分析するんじゃなくて。
それによって学びたい学問も変わるかもしれないし、大学の学びへのモチベーションが増す可能性だってあります。だから私はキャリア教育は早くて良いと思います。

一方、就活なんてやつは短いに越したことはないです。だって学生にとっては不毛な時間だから。(勉強になるという人もいますが、大してなりませんって)

キャリアセンター=就活対策というのも、そもそもイケてない気がします。

また熱くなってしまった。

※追記
高橋さん、ありがたいことですね。
特にこのコメントについて大学の先生方に賛同いただけたのはとても嬉しいです!
あと、個人的には加藤さんのコメントに名前を出して頂くのはずっと夢だったので、嬉しかったです(笑)
『学生にとっては、明らかに
「お前らの勉強なんて社会では役に立たないよ」
「だから勉強なんて真剣にやらないで就活の準備してね」
というメッセージにしかなってない』

本当にそう思います。学生の質が落ちたと嘆く前に企業として就職活動の質を上げていただけないでしょうか。
安東さんのコメントに賛同。就活はいわば「就職試験活動」。それを4年間費やしても、そこまでの価値は出せないでしょう。

一方で社会を知り、仕事を知り、自分がこれからどのような生き方をしていきたいかを考え、そのために時間を費やすことは大学1年からやるべきだと思います。
勉強に集中させてあげたい学生がいる一方で、勉強させる価値なさそうな学生も多いことも事実・・・
真っ当だと思う。そして安東さんのコメントにとても共感。

個人的には受験も就活も、「そのために頑張る」というのはあまり好きではなかった…あくまでこういうことに興味がある、それができる仕事は何か、それに必要なスキルはなにかという感じ。
一方で、人生やってみることで分かることも色々ある。だから元々考えていたように人生なっているかというとそうでもないし、むしろそうならなかったからこそ面白いことのほうが多いと思っている。
こういう仕事に興味がある、だからインターンをして、本当に続けたいと思うか見極めるというのは個人的には健全だと思う。でも別にインターンじゃなくても良くて、研究でも旅行でもいいと思う。
結局色々な経験をすることで自分自身や社会の理解をしていくし、それで仕事含めてどういう生き方をしたいか。こういう自分をしっかり見つめることを就活というのであれば、ずっとやっていることもいいと思う。そしてそれは就職した後も続くこと。
今の学生と対峙していると、明らかにバブル期の自分より考えているし優秀だ。若干コミュケーションに難がある人もいるが、それこそ会社の上司がキチンと育てればよい。こうした逸材をキチンと活用できない社会が悪い。私はプロジェクトではあえて、頭がフレッシュでエクセルワークが自然にできる新卒を活用することが多い
やりたいことをやったら良い。自分の人生に向き合って出した結論なら何人たりとも止めないほうが良い、もうただそれに尽きる。
就活生の皆さん安心してください、就活=人生の全てではありません。ちょろっと頭使って未来に思いを馳せたくらいで、自分のやりたいことなんざ見つかりません。そもそも、そんな風に見つかるって、不自然。
お願いですから、就活なんてクソシステムのせいで自分を縛らないでください。まして自殺なんてしないでください。
株式会社東洋経済新報社(とうようけいざいしんぽうしゃ、英語: TOYO KEIZAI INC.)は、ビジネス書や経済書などの発行を専門とする、日本の出版社である。 ウィキペディア
中部鋼鈑株式会社(ちゅうぶこうはん、英文社名 Chubu Steel Plate Co., Ltd.)は、愛知県名古屋市中川区小碓通に本社を置く電気炉メーカー。主に厚鋼板の製造を行っている。日本で唯一、厚鋼板製造を専業としている電気炉メーカーである。名古屋証券取引所第一部単独上場銘柄のひとつである(証券コードは5461)。 ウィキペディア
時価総額
210 億円

業績