新着Pick
413Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
うーん。
つねづね、富士フイルムの多角化の挑戦はカッコいいから、応援したいと思ってるし、対比で書かれてるコダックの仮想通貨の話の方が安易であんまり…

漢気の買収みたいな話に見えるので、最終結果出るまで、こんなトーンの記事出さないで、見守ろうよ、と思っちゃいます。
名門名門と言うけれど、経済成長すれば書類が増えるという時期に、「ゼロックス方式」と呼ばれる保守費用を枚数カウンターで徴収するビジネスモデルがドル箱だった、ということかと。

ゼロックス方式は、機械が壊れやすい頃にはユーザーにも優しい方式だが、機械殆ど壊れなくなると、事実上保守費用の過払い状態が継続する。それに嫌気がさして客離れするのをとどめるために、「DocuWorks」という無料の書類マネジメントソフトを普及させ、他社製品への移行障壁を上げるなどして来た。

しかし、欧米ではとっくにカウンター方式のビジネスモデルは崩壊し、厳しい競争に晒されていたが、日本ではそのビジネス慣習があたかも当然のように温存されて来た。RICOHや一部の複合機メーカーは、「売り切り+ピンポイントメンテ」という起死回生のゼロックス切り崩しに出たものの、そうこうしているうちに時代はデジタル化へ。

どうしても複合機が必要なら、中古品を買い取りして、壊れるまで使うのが一番です。


それにしても、写真フィルムからやっと脱却したのに、これから複合機に賭けるとは。いくら「夢」でも時代がね。コダックが高速印刷にシフトしたのは納得。
日立の場合、後に中西さんが出てきて、アメリカHDDの赤字垂れ流しを処理し、うまい具合でHDD部門を売却しましたが、
富士フィルムの場合、ゼロックスという腐った宝を手に入れて、それをうまく好転させていく力は、もはやないのではありませんか。
東芝はWHによって倒産の危機に直面しました。その処理はほとんど東芝のすべての収益部門を売却してしまいました。
過去からコメントしていることだが、そもそも富士ゼロックスへ出資拡大できたのは2000年前後にXeroxが経営危機に陥ったから。富士フイルムとして、フィルム縮小の危機感はあっただろうが、Xerox側の経営危機もあったゆえでそれに言及していないのは何とも…(Kodakとの比較は既にほかの方がコメントされている通りで)
https://newspicks.com/news/2742780
米国企業をマネジメントできていない日本企業が、とても多いように感じます。

東芝や富士フィルムは氷山の一角でしょう。

少し前、米国の保険会社を買収した日本の生損保も、いずれ同じような事態に直面する怖れがあります。
今のうちにしっかり対処しておく必要があるでしょう。
最近コピーや印刷をすることがほとんどなくなった様に、先進国では、クラウドテクノロジーなどにより事務機の需要は漸減して来ています。

一方で発展途上国ではニーズはありますが、
コピー出来れば十分で、付加価値の高いサービスは不要で
薄利多売です。

アフターメンテナンスで儲けるとは言っていますが、B to Bだと代理店方式も含めて、人件費商売になるため、利益率は大きく下がって行くので、抜本的な打ち手があるのか、微妙です。

引用
複写機ビジネスは、機器本体を販売しただけではあまり儲からない。消耗品の販売やメンテナンスを組み合わせリースという形で提供することで大きな利益になる。今回の不正会計は、あらかじめ定められた最低条件をクリアしていない案件もリース処理し、そこで発生した損失を計上していなかった。
現在の富士フィルムとコダックは比較にならない。大人と子ども。プロ野球と高校野球(しかも軟式)。これだけの変化があってもプロ野球を現役で続けている富士フィルムは実にしぶとい。懐が深い。
富士ゼロックス子会社化で富士フィルムが助かったという認識は全くないんだけど。
そもそも買収が成立するのか。アイカーンはあのPEPBOYの買収を素志したやり手のアクティビスト。PROXY FIGHTになるから、買収が成立しない可能性もある。買収が成立したとしても、複写機事業は前途多難。電子化により、ドキュメントボリュームが落ちている、コピー単価が落ちているのダブルパンチ。そこで買収をし、仮に買収金額が吊り上げられれば、多額の暖簾代を持つことになる。他のの複写機会社の買収事例でも分かるようにこの事例での複写機事業の買収は、巨大な暖簾代を払えばそれは時限爆弾になる。大きなリスクに直面し、決断を迫られている富士フイルム。大きな危機をチャンスに変えるには巨大なる法人顧客網を活かし、ビジネスプロセスサービスなど新たなるサービス事業を提供するなど成長シナリオを実現してほしい
Satoさんがコメントされているとおり、インフォーメーションソリューションがドキュメントと肩を並べるぐらいになってきていますね。
富士フイルムホールディングス株式会社(ふじフイルムホールディングス、英語: FUJIFILM Holdings Corporation)は、富士フイルムと富士ゼロックスを傘下に持つ持株会社である。 ウィキペディア
時価総額
2.80 兆円

業績

富士ゼロックス株式会社(ふじゼロックス、英語:Fuji Xerox Co., Ltd.)は日本の機械メーカー。富士写真フイルム株式会社(現: 富士フイルムホールディングス)とイギリスの現地法人であるランク・ゼロックス(現: ゼロックス・リミテッド)社との合弁会社として1962年 (昭和37年)に誕生した。本社所在地は東京都港区(東京ミッドタウン)。 ウィキペディア