新着Pick
330Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
2日間に渡って開かれたラボデイでは朝から夕方まで、びっしりとレクチャーが組まれていました。70人ほどの記者を複数のグループに分けていたので、スピーカーは同じレクチャーを何度もやっていたのだと思います。そういうことをしても丁寧に内容を伝えたいというエンジニアの熱意が伝わってきました。

レクの内容は「モバイルをどう制するか」、というところにありました。
人々の使うデバイスが多岐に渡るようになると、単にパソコンで見ている仕様で映像を流すのとは違う戦略が必要なのだと改めて実感しました。

書ききれませんでしたが、吹き替えをどう作るのか、字幕をどうつけるのかというデータの取り方もとても面白いです。国によって嗜好が全く違うので、文化にも合わせて復元していかないといけないとのことでした。

有名な話で今更ではありますが、ネットフリックスは映像産業のマネーボール。スポーツはデータで勝ち、エンタメもデータで勝つ時代。
事実ネットフリックスがデータで予言した通り私はまんまとハウスオブカーズを全シリーズ「最後まで見」てしまいました。

これを穿った言い方をするなら、我々はデータによって感動させられたり、笑わされたりしているとも言える。
同様に裁判も経営も、医療も教育もデータで決まる時代に急激に突入しつつある。
ある意味では感動も富も幸福すらもデータで買える時代と言って言い過ぎでは無いのかもしれない。我々はとうにSF映画的な世界を生きているのかもしれませんね。
Netflix、気になっているのは「技術(ストック)」と「文化」。そのどちらも入っている記事。
技術のなかでも記事にあるオススメが特に気になっている。①で少しコメントしたり、他にも情報系の記事でコメントしてきたことだが、フローとストックは違う世界だと自分は思っている。フローは「バズり」とかみんなの関心が大部分の人にとっては重要。一方で、ストックについてはテールが長いく見つけにくいから、関心のマッチングが重要だと思っている。Netflixはまさにそこで成功している。さらには、どういう画像だったらより関心度とマッチするかまで自動でやっているというのはすごいし、ハウス・オブ・カードの作成背景も興味深い。
https://newspicks.com/news/2861601

企業文化という観点では、『私が最も恐れるのは我々のスピードが鈍ってしまうことだ。』という言葉が象徴的。
昨日の下記記事で宮城さんが紹介してくださっているNetflixの企業文化についてのSlideshareとも併せて咀嚼したい部分。自由と責任、両方についてが特にユーザベースもそこを両輪とする文化を構築中なので頷く点ばかり。
https://newspicks.com/news/2842900
"「だから、ちゃんと客が喜ぶことにお金を使えているのか、みんなが払っているお金に見合う以上の質のコンテンツを提供できているのか、我々自身に毎回問うているんだ」"
すごいですよね。Netflixと離れてしまいますが、この考えを為政者が持っていたら。税金をもっと効率的に使ってくれたら、と思ってしまいます。
・ネットフリックスは動画コンテンツに集中
・スポティファイは音楽コンテンツに集中
ネットフリックスとスポティファイに共通しているのは、その分野においては、コンテンツの質、蓄積したデータ量ともにアマゾンを上回るユーザー体験を生み出している。

通信環境も、ここまで細かくテストされていることには驚き。

選択と集中をして、圧倒的な顧客体験をつくる。このシンプルな法則を実行できることが大切だと強く感じます。
Netflixがコンテンツ展開で他の真似をしないということは、この市場を総取りしないということ。結局ユーザーが伝統的なケーブルテレビのベーシックパッケージの他にHBOやESPNに加入するように、NetflixユーザーはDisneyのOTTサービスにも加入するようになる。ただNetflixがAVODを始めるとインパクトがかなり大きいと思う。新興国では対NetflixでAVODに注力しているので。その他にインパクトが大きいのが、地味だが、通信環境が粗悪でも最適化させて高品質な動画を配信する技術。これは新興国のような通信環境でのモバイル対応は勿論なんだけど、気になるのは2Kuへの対応。機内WiFiで2Kuが普及し、映像品質が担保できれば機内エンターテインメントがNetflixに置き換わる可能性があるんじゃないかなと。機内WiFiの無料化は、Netflixとしてはマーケティング予算で相殺できるくらいの話だろうし、航空会社からしてみればいちいち作品を買い集めなくても良くなるし。そういう権利を売ってる我々としては苦々しい話だけども。
これまでの経験則に基づくコンテンツ制作がアルゴによって大きく効率化されてきている。従来型のメディア企業はこのスピードについて来られないから、やはり最後はアマゾンとネットフリックスの一騎打ちになりそう
テック文化とコンテンツ文化に高次元での融合ーーこれが新時代のメディアコンテンツ企業が栄える必要条件です。日本では、このポジションはまだ空いています。
スピード、スピード「FOXやディズニーは素晴らしい制作チームだが、大きな脅威かというとそれは難しい。それよりも私が最も恐れるのは我々のスピードが鈍ってしまうことだ。」
データ・ドリブンが加速してますね。ビープルアナリティクスも待ったなしです
この連載について
5G時代に向けて、コンテンツへの注目が高まっている。今後どう映像コンテンツは進化するのか、コンテンツの創り方やビジネスはどう変化するのか、どんなメディアの組み合わせが生まれるのか──来るべき「コンテンツ黄金時代」を各界のビジョナリーたちに展望してもらう。
Netflix(ネットフリックス、ナスダック: NFLX)は、アメリカ合衆国のオンラインDVDレンタル及び映像ストリーミング配信事業会社。アメリカ合衆国の主要なIT企業で、FAANGの一つである。2017年12月の時点で190ヵ国以上で配信事業を展開し、2018年の売上は157億ドル(1.57兆円)、契約者数は世界で1億2500万人。 ウィキペディア
時価総額
16.4 兆円

業績