新着Pick
845Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
動画は2014年のファーストウェーブから数えて、いまはサードウェーブだとONE MEDIA明石さんがインタビューで述べていました。

また別の話ですが、AIも第3次ブームだと言います。何事も本格的に普及するまでに何度かの波を乗り越えていきます。いよいよ時代を捉えたという時に、初期の波から取り組んできた生き残りと、まったく真っさらな感性で挑んでくる新参者が出会い、入り乱れながら時代をつくっていきます。

その時、歴史の流れを知っておけば、自分たちが何を継承しようとしているのか、あるいは自分たちが何を破壊しようとしているのか、焦点が定まりやすくなると思います。そんなことをスライドをつくりながら考えていました。
メディア史は人類史そのもの。いかにメディアというものが、人間や社会に大きなインパクトを与えてきたかがよくわかります。

「活字人間」が「映像人間」になり、いよいよ「ネット人間」への進化(退化?)が本格化。将来の歴史家は21世紀のメディア史どう描くのでしょうか。
高校や大学の授業や新人研修で使えそうな、ビジュアル的に分かりやすい資料!

映像と文字の融合は、まさしく「バラエティのテロップ芸」を筆頭にどんどん進化。
ネットもフリー写真や、キャッチ、埋め込み動画など、ビジュアル的工夫は当たり前に。

ちなみに、「テロップ芸」では「コメント」「煽りや目線付け」(キャッチ)、途中からの視聴者も分かるように「サイド」(右や左上にあるやつ)から、
タレントの「リアクションワイプ」で、はい!ここでびっくりするんですよー、と「過剰丁寧」感が…。

しかし、実はちょっと考えたり、想像する隙間「思考欲」は、子どもから大人にまであります。

テレビはもちろん、ネットも小説も雑誌、漫画、映画と、「0.5秒で誰でも意味が分かる編集時代」に、どう人間だからの「思考の自由」を融合していくか!?
が時代をリードしていくでしょう。

そして、ウソのない「クリエイターの意志、哲学」こそがテクニックよりも、この戦国時代を生き抜くキーになると思います。
昔トラディショナルメディアの経験が長い先輩に言われたことがあります。
「インターネットのポータルサイトやソーシャルメディアというのは新聞で言えば輪転機、雑誌でいえば大日本印刷や凸版みたいなものだろう。コンテンツを作らない彼らをメディアと呼んでいいのか」
なかなか上手いこと言うな、と感心しつつも、もちろんその答えは情報量が増えすぎたことやCGMやUGC、そしてテクノロジーで、説明できますよね。
先輩の問いは、メディアの本質的な役割はコンテンツを増幅させる事にあり、社会的な存在価値がある。その責任を果たさないものを同列に扱うべきではない、と言う趣旨の話でした。
情報の民主化の歴史そのもの、こうやって見るととても面白い。
いくつか備忘録含めて。

・ソクラテスの批判「書くことは人の記憶能力を破壊する」。ただ、記憶を外部化していったとも言えるし、外部化したからこそ知見が共有され、イノベーションが進んだ。
・「読売」の語源、知らなかった!面白い~
・雑誌は読者を巻き込む中間コンテンツ
・活字は理解する文化、動画は感じる文化。これは今も文字対動画という文脈でも同じように思う。マスにリーチしやすいのは動画。
・昔との違いで感じるのは、過剰な情報。情報への欲求は、人間の根源的なものだと思う。それがイノベーションによって満たされるようになってきた歴史。ただ、今は受発信が簡単になったからこそ、情報量が過剰になっていると個人的には感じる。次のイノベーションはそこだと思っている。
ネットによるメディアの分散化(=双方向化・個人化)は必然。Newspicksが当たったのもまさにその流れに乗ったもの。
今までの【中央集権型】メディアは「記事が出た直後」が最も価値が高く、時間劣化していた。しかしNewsPicksのような【分散型】メディアでは「記事を起点として展開された情報(NPでいうコメント)」に価値がでるため、時間劣化しない
とても分かりやすい。特に学生の方は必見だと思いました。

こう見ると、近年の情報量が爆発的に増えたことが分かります。

5G時代。ワクワクしますね。

さぁ。仕事仕事。
そこから遡るのか!っていうくらいの進化史。大学のマスコミュニケーション論の授業みたい。しかし何でも最初に始めた人はすごいよね。
いつもながら分かりやすい。
口伝えとメディアの違いはまさに「記録」ですね。
あとソクラテスが若干老害的な扱いで笑ってしまいました。
まさかパピルスから遡るとは。
1894年のリュミエール兄弟による「シネマトグラフ」については、伊藤穰一さんの『9 プリンシプルズ』で詳しく触れられていてオススメ。

5G開始の波にきっちり乗れるか否か。
映像・動画メディアにとって生き残りの分水嶺ですね。
身が引き締まる思い。
この連載について
5G時代に向けて、コンテンツへの注目が高まっている。今後どう映像コンテンツは進化するのか、コンテンツの創り方やビジネスはどう変化するのか、どんなメディアの組み合わせが生まれるのか──来るべき「コンテンツ黄金時代」を各界のビジョナリーたちに展望してもらう。