新着Pick
1728Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
同意です。ワクワクしますね。

ただし一点、2Gの終わりの時代、3G到来前夜の00年代半ばくらいの日本で皆、特にテック界隈の人々が何と言っていたか。
3Gは途轍もない異次元のスピードで世界が一変する、とか、しまいには電波が強過ぎて癌が多発するみたいな都市伝説まで囁かれていました。
その後3Gはもとより4Gまで日本全国ほぼ網羅されましたが、結果確かに途轍もない世界になったとも言える一方、当時言われていた事で実現していない事もあります。さて5Gやいかに。
日本の通信品質のこだわりはユーザー、キャリア共にもの凄く高いですよね。日本ではもうめったに3G表示を見ることがなくなりましたし。

記事にある内容は5Gの利用でよく語られていることなのですが、5Gだからできる、を勘違いしてはいけないと思います。
5Gは必要条件であり、十分条件ではない。自動運転も触覚伝送もリモートワークも5Gが全て解決してくれる訳ではない。

低遅延も決して5Gの専売特許なのではなく、3G,4Gもそれぞれ当時の中でのベストの改善は行われており、5Gも同様で(5Gでは保証しているのは大きいですが)、今のベストをサービスレイヤーがどう活かすか、です。

インフラは社会を支える基盤でしかないので、5Gになったらバラ色ではなく、技術・法制度・マインド等のサービスに係る物が非常に大事で、各人が「5Gすげー」なのではなくどう活かすか想像して形にしていくことが大事だと思います。
モバイルでの常時接続性と低遅延を活かしたテレプレゼンスが5Gの最大の特徴です。応用してできることが飛躍的に増える一方で、キラーアプリケーションとして自動車と遠隔TV会議を応用した在宅会議/医療/介護など以外に単一のプロダクトではあまり見当たらず、大きなエコシステム形成が必要とされる時代になったとMWCで現地を見てきたIoT News小泉代表がレポートしています。
https://iotnews.jp/archives/87257

また悩ましいのがそのタイミング(オリンピック終了後)からはリーマンショック以上かもしれない経済の落ち込みによって企業は投資しにくくなるかもしれません。
杞憂であれば良いのですが、エコシステム形成は今から着手しておいて丁度よく、そのため今年はその土台となる産業別プラットフォーム構築の話が後をたたないのです。
日本のモバイル通信網は、本当に素晴らしいと思います。
新幹線での移動中でも、どんな辺鄙な地域でも、ある程度快適にモバイル通信が可能です。

ここ数年で、地下鉄やトンネル内でも携帯電話が使えることが当たり前になりましたが、以前は通信状態が悪く携帯が使えませんでした。

数年で日本のモバイル通信インフラがどれだけ整備されたのかをたまに実感します。
記事にもありますが、伝送が早くなることで端末側で情報処理する必要がなくなり、クラウド側で全て処理してシンクライアントで良くなるというのはハードウェア設計には極めて大きなインパクト。極端に言えば車は回りの情報をクラウドに伝送し、命令を受信して動けば良いという「センサー付きハコ」になってしまう、ということですね
ホンの10年前には、携帯端末で気軽に動画を見るという状況は想像出来なかったわけで、通信速度が激変すれば、それに伴うコンテンツのあり方も大きく変化するのだろうと思います。VRのような正統な進化を遂げるのか?想像もつかないようなコンテンツの形が生まれてくるのかは分かりませんが。

途中で触れられていましたが、触覚は触れた瞬間に知覚される感覚なので、遅延に対しての感度はとても高いです。低遅延の通信の恩恵はとても大きいと思います
『日本再興戦略』の中から、5Gに関する考察の箇所を抜粋しています。何度読んでも勉強になります。
MWC2018のレポート見たけど「5G祭り」状態で、しかも出てくるのはクルマとか医療用途とか。
もはやモバイルじゃないじゃん!とひとりでツッコミました。笑
落合君らしくない普通の5G論だな。
インフラに対する高い要求水準はその通り。日本100名山全てでスマホが繋がるとか凄すぎです。5Gが作り出すかもしれない未来にはワクワクしますが、私は2Gから3Gに切り替わる時にドコモにいたので、ぬか喜びにならないか、ついつい警戒してしまいますね。あの時も、5Gに対する期待と同じようなことを、みんな言ってましたからね。
この連載について
5G時代に向けて、コンテンツへの注目が高まっている。今後どう映像コンテンツは進化するのか、コンテンツの創り方やビジネスはどう変化するのか、どんなメディアの組み合わせが生まれるのか──来るべき「コンテンツ黄金時代」を各界のビジョナリーたちに展望してもらう。