【明石ガクト】動画のサードウェーブがやってきた

2018/3/6
今、動画にどんな構造変化が起きているのか。YouTubeの登場から何が変わったのか。動画の現在と未来をクリエイティブ集団ワンメディア代表の明石ガクト氏に聞いた。
動画のファーストウェーブ
──まず、歴史的な流れから見て、今の動画を巡る状況をどう見ていますか?
明石 わかりやすく説明すると、日本の動画業界にはファーストウェーブ、セカンドウェーブ、サードウェーブという3つの波があります。これはコーヒーのファーストウェーブ、セカンドウェーブ、サードウェーブになぞらえた定義です。
動画業界におけるファーストウェーブは、2014年のユーチューバーブームの到来です。
2013年ぐらいから、「いよいよ動画元年が来る」と言われ始めたのですが、実際に動画元年が到来したのは、翌年の2014年でした。
明石が、ONE MEDIAの前身となる動画制作会社を立ち上げたのも2014年。
僕は動画制作の会社を2014年から経営していますが、当時、YouTubeに凝った動画をアップしても、ほかの動画に全然勝てませんでした。