新着Pick
167Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
どうしてもヒットの規模感が気になります。
いわゆるおしゃれで楽しい家電・生活雑貨(言うなれば「蔦屋家電行っちゃう系」)の規模感をいろいろと調べたことがあります。バルミューダのトースター、バーミキュラライスポット、cadoの空気清浄機、Brunoのホットプレート等々・・・
推計も含みますが、そこでわかったのはこれらのヒット商品のシェアはだいたい各総市場の5〜10%の範囲ということです。

「蔦屋家電行っちゃう系」でヒットが生まれると、総市場の5〜10%の規模感。これは自分の中でひとつの目安にしています。
(ちなみに揶揄しているかのようですが、蔦屋家電はわたしも大好きです。揶揄ではなくて自虐ですね 笑)
世界に散らばるスタートアップメーカーから面白い製品を発掘するだけでもすごいですが、見つけた芽が育つかどうか、育てるということまでできる経験を持つ人はそういないでしょう。

今後、イタリア×日本の製品が出てきたりしたら、、と期待です。
大バイクが増えると今度は小回りの効く自転車が増えてくる感じですかね。
=
手が気づいていない、気づいていてもできないことがたくさんあるのだと、スタートアップの製品を見ていて思います。イメージとしては、大きな車の間をバイクがスーと抜けていくような感じです。
佐藤さんの規模感の推定が助かる(ありがとうございます!)。
好みも値段も人を選ぶ。だから刺さる人には刺さるし、刺さらない人には刺さらないのが実態。あとは、市場規模のわりに参入者が多いから、それを探すのが大変。蔦屋家電はセレクトショップそのものだろう。
例えば高級家電だとBang & Olufsenとかが有名。市場としてはむしろそちらの方が食い合いそうだが、影響とか出てきているのだろうか?
〝鳥かごのような造形のJinGoo〟
これ欲しいですね。デザイン性があって性能もいいということはありますが、それ以上にストーリー性を感じます。
枕が気になります
マクラ買ってみたけど高い!
この連載について
テレビ、掃除機、炊飯器、スマホにAIスピーカー……。我々の生活は、さまざまな家電・ガジェットに彩られているが、製品数は膨大な量だし、有象無象の情報もあふれているので、本当に良い製品を選ぶのは難しい。本特集では、広告に一切頼らないガチレビューで知られる「家電批評」とのコラボで、家電への本気の批評を掲載するほか、未来の家電を彩る最先端のガチ製品にもフォーカスする。