新着Pick
361Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ガラスとは何でしょうか。

材料屋の私なら、固体とも液体とも言い難いフシギな非晶質物体と答えます。
現代人の多くは、窓や車に使われる透明でツルツルの板と答えるかもしれません。
辞書には、高温で溶融状態にあったものが急速に冷却されて結晶化せずに固化したもの、またはケイ酸塩ガラスのこと、と書かれています。
歴史学者にとっては最も古い宝石かもしれません。
中世のゴシック建築においては、教会のステンドグラスはキリスト教の絶大な権力を示し、また教会内の空間で天国を、光で神を表現するためのフィルターでした。
飛鳥時代の日本人にとっては貴族層の宝飾品であり、江戸時代の日本人にとっては馴染みのある磁器や陶器に比べて割れやすい容器と思われていたかもしれません。
日本語学者にとっては割れやすいもの・見えない障壁があること・見通しのいいことのたとえに使われる言葉でしょう。
旭硝子の創業者である岩崎俊哉にとっては、ロンドン留学で見つけ出した日本の近代化には欠かさない新素材だったのでしょうか。
その意思を継ぐAGCの方々にとっては、これは一言では表せないでしょうが、その魅力の1つは「グラスフィーリング」という言葉があらわす独特の質感にあるようです。

ガラスは世界中で共通する工業材料であることに間違いありませんが、広く世界中でその土地々々の歴史や宗教、文化風俗の影響を受けて土着した様々なイメージで人々の生活に溶け込んでいます。
ガラスの製造が始まって5000年が経つと言われています。
鉄も同様で、近代セメントのもとである火山灰セメントもローマ時代まで遡ります。
これだけ古い材料が今も進化を続けていて、自動車やディスプレイといった、ガラスを作ったと言われる古代メソポタミア人にとっては想像もつかない近代発明においても欠かせない材料になっています。
新しい発明やイノベーションの繰り返しが人類の工業史ですが、出来上がりの製品に合わせて、ガラスに代表される材料も進化を続けられます。
これだから材料屋はやめられません。
1冊の書籍になってもおかしくないと思うような、大変中身の濃い取材でした。

実際に、インパネに使用しているカバーガラスを触らせていただきましたが、想像以上にツルツルしていて、しっとりとした感触が心地よかったです。
記事の中にある「5つの化粧」を施すことにより、こんなに違いが出るのかと驚きました。

ルポに登場する湯浅さんの言う「グラスフィーリング」。
ガラスという素材の魅力を実にわかりやすく表現していて、
バナーにも使わせていただきました。


さて、連載のラストは4月下旬を予定しています。
テーマは医薬品。
こんなところにもAGC!は製薬会社とのコラボレーションにも及びます。
乞うご期待くださいませ。
「グラスフィーリング」、分かる!!
多分固さ・たわみ・音(共振周波数)などが主要素だと思うのだが、プラスチックに触れた時と違う感覚がある。

言えない・書けないとは思うのだが、やはり一番気になるのはCorningのGorilla Glassとの闘い。
Dragontrailはスマホ用に開発されたが、スマホの化学強化ガラス(スマホの表面に使われているガラス)はCorningのシェアが圧倒的。
そのなかで、記事に出ている領域は主にガラスへの追加的な加工について。ただそれが要件として重要であればCorningも注力しそうだし…

あと、「ガラスとは何か」?下記Pickなどで、継続的にPicksの素材・製造業系Pickerの間で話題に出ている件で、併せてご参照いただきたい。
https://newspicks.com/news/2591065
https://newspicks.com/news/799021
https://newspicks.com/news/755733
「高級感」って、そもそもそれを感じるのは、文化なのか、本能なのか、とても気になるところです。
なにかのセミナー(技術情報協会とかが開いているやつ)で、熱伝導率が高いものに人は高級感を感じる、と、聞いたことがありますが、どの程度普遍的なものなのだろう。

グラスフィーリングは素晴らしいですが、僕らは、それを数式で表して、エッセンスを取り出して、「つまりこういうこと」って言えるようにならないと、ダメだと思います。ポリカじゃ何でダメなのか?傷がつきにくければいいのか?何か適切な混ぜ物をして、熱伝導率がガラスと同じくらいの透明な板ができれば高級感を感じるのか??
考え抜かないと、そのうち足元すくわれる気がする。
これだけでなく、ガラスにアンテナを実装している。
そう、ガラスって美しいんですよね。とにかく。

>車内ディスプレイにガラスを使えないかという相談がAGCにもちかけられたのは2010年ころの話。同時期に、商品化される前のDragontrailをスマートフォン以外にも多様途展開できないかという動きが社内にあった。

AGCの強みでもあり弱みでもあると思うのですが、フロートでガラスを製造しているので、やはり「大面積」で「数が出る」アプリケーションがとにかく欲しいんですよね。そういう意味で、是が非でもクルマへの展開というのを成功させたかったというのはよくわかる話です。
記事もコメントも大変勉強になりました。
本当に素晴らしい。
そのうち、外側もガラス、フレーム以外全部ガラス、フレームも含めて全部ガラスになりそう