新着Pick
413Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
「もし22歳だったらどこに就職するか」をテーマにお話させて頂きました!

ゼクシィのCMじゃないけど、「就職しなくても働けるこの時代に、どうして会社に入るのか」。そんな目線で考えました。

特に、今回深く考えたのは、女性のキャリア。

女性は、男性に比べると、出産や育児など「人生における仕事以外のこと」が多くなりがちです。
だからこそ、そういった事情で会社や社会を離れることがあったとしても、自分の名前できちんと仕事をもらえるよう、ライフイベントが発生する前に「自分の名前の価値を上げる“短期決戦”」に臨む必要があります。

そう考えると、特に女性が新卒で就職する会社というのは、実はすごく大切なんじゃないかなあと思うのです。
>会社という組織からいったん離れたとしても、自分の好きな働き方や仕事ができるように少しでも早く自分の名前で仕事ができる人間にならなくてはいけないと考えます。
>だからこそ「自分の1時間当たりの価値」を最大化する必要があると思いました。
>「人生における仕事以外のこと」がたくさんある女性こそ、自分の名前の価値を上げる短期決戦に今すぐ臨むべきだと思うのです。
←全てに共感します。

>「自分がコンテンツになる」ということは結局、「社会から消費される」のではないか、ということに気づいています。
←急激な女性躍進の流れにより、女性という観点も含めて昇進となり、苦労されている方を多々拝見します。
9割の女性が管理職になりたくないと思っているのは、自分がコンテンツになって会社から消費されている同僚の姿を身近で見ているからだと思います。
https://careerindex.jp/contents/column-report/ranking/711/

>自分自身が生み出す側の人間でありながらも、コンテンツとして消費されるというバランス
←常に自分の価値をあげないと、ただただ消費される側になってしまい、あっという間に自分の価値が磨り減ってしまうと思います。
だからこそ、どうOUTPUTを出していくかだけではなく、次に何かを生み出していくためのINPUTは非常に重要だと思っています。

>将来結婚して旦那さんがやりたいことをやるために海外に行きたいといったら、ついていくだろうし、ついていきたいと思っています。
←自分でライフスタイルを選択できる自由を手に入れるため、短期決戦で自分の価値を上げることに取り組む、そうしないと、人生100年時代、ずっと消費される側のままとなってしまうと思います。
疲労感ただよう顔で、満員電車で通勤している方々をみると、女性だけではなく男性も同様ではないかと思います。

「好きな人と、好きな場所で、好きなように暮らすこと」、そんな自由に選択できるライフスタイルを目指し、もう短期決戦ではなくなっていますが、引き続き、臨んでみたいと思います。
正能茉優さんは、26歳にして、ソニーの正社員、「ハピキラFACTORY」の社長、そしてこの4月からは慶應義塾大学大学院政策メディア研究科で特任助教という役割も担うパラレルワーカーのさきがけ的存在です。

「仕事も、家庭も、趣味も、全部70点」を目指す正能さんが、今行きたい会社はトヨタ、ホンダ、そしてUHA味覚糖…果たしてその共通点とは?

女性はとりわけ、男性よりキャリアのスタートダッシュをかけるべきという考え方には共感しました。
ラストワンイチの考え方には本当に共感。何故なら、ネット広告、クックパッドときて、オイシックスに入社した時にまさにそうだったので。

一方で、このラストワンイチの会社の多くが、インターネットテクノロジーの活用が遅れているのも事実。ここをしっかり見極め、少なからず積極的活用をしようとしている会社は面白いのではないかと。

ちなみに弊社もまだまだ試行錯誤中ですが、毎日の食卓を彩る美味しい食材を、お客様の体験に寄り添う形で商品やサービスとして提供してます。そして食は老若男女、国籍年齢問わず、一生ものです。

特に生鮮食品はサイクルが短く、生産者さんが想いを持って作ってくれたものなので、廃棄するなんてもってのほか。在庫にできないからこそ、売りに対するコミットも必要でなかなかハードルが高いです。

だからこそ、面白い!そう思って入社し、日々それを痛感しています。
女性のキャリアは男性に比べて「短期決戦」
男性よりも早く自分の名前で仕事ができるようにならなければには納得。こうして言ってもらえると爽快感があります。
仕事以外に割く時間が多くなる女性は販路が既にある企業を選ぶべきというのはなるほどー。が、記事中にある通り副業をガンガンしている人の本業と副業のクライアントが被るというケースも最近はあるとか。副業を認めている会社でも、承認制であるところや何でもokなところとでも分かれる。意外と副業と本業のシナジー、みたいなのもビジネス的には無かったり。こういう観点からみても所謂完全成果報酬、などの議論は生まれる。まゆゆみたいな人を増やすにはこうした制度がついてくることも大事だと考えます😼
Ps俺もハンバーガーを食べる時はアボカドをトッピングしたいタイプすazs!
私の著書には、「80点主義のススメ」を書いたのですが、70点でもイケてるということなので、新しい日本を背負う就活生の皆さんは、ぜひ60点を目指して欲しいです。

全員が60点で良しとなれば、80/60=1.33 → 33%の生産性向上になりますものね!
起業するのが良い。いろいろな企業を短い期間で見て判断するには説得力が欠け、自分でやりたいことをするのがいいとは感じました。
コロロが好きなんだ、かわいいな。
この連載について
圧倒的な売り手市場が続き、エンジニアに高額初任給を提示する企業、中途と新卒の採用区別をしない企業などが登場。採用チャネルも多角化し、「インターン採用」のスタイルも百花繚乱の様相だ。 片や学生は、学生にしてプロさながらのスキルを持つ「プロ学生」が登場する一方で、安定志向の学生が主流派で、バブル時代の若者の価値観に逆戻り…との指摘もある。 東大・早慶なら、いつかはどこかに受かると気楽に就活する人が増える中、学生はこのまま、売り手優位を貫けるのか? その内実に迫る。

業績