新着Pick
957Picks
シェアする
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
気づけばANKER製品を結構使っています。起業のきっかけといい、ビジネス展開といい、注目する企業の一つになりました。
人気 Picker
アマゾンは年間で20兆円を売り上げる、途方もないスケールの「売り場」をもっています。その一等地を占拠するということは、とてつもない価値がある訳です。それを大成功させたことで、家電メーカーとして爆進しているベンチャー企業のエッセンスを紹介します。

彼らは祖業のバッテリーメーカーという領域を超えて、非常に高速に商品開発サイクルを進める、新しい家電メーカーのモデルになりつつあります。記事にもある通り、オーディオ分野などでは、米国のBOSEなど一流メーカーを意識した製品まで作り始めました。

創業者のスティーブンは1982年生まれの三十代。北京大学卒、グーグルの本流エンジニアだったこういう若い頭脳が、家電産業の景色を変えてゆく流れは、ダイナミックで取材をしていて大変面白いです。
"「高級なメーカー純正品」と「怪しいノンブランド品」の中間を埋めるようなビジネスを築ければ、大きな商機があると感じたという。"
私が1番愛用しているのは充電ケーブルです。高品質で低価格、そしてバリエーションが豊富。Appleの純正から徐々に移行しています。レビューの点数もさることながらレビューの数の多さが信頼を裏打ちしていますよね。類似品よりも圧倒的に多い。
最近の疑問は純正品はもちろん、amazon basicのようなプライベートブランドと競合してますが、 AppleやAmazonから刺されないのが不思議です。450億円くらいだとまだまだ見逃してもらえる規模なんですかね。レビューも多いし価格もAnkerの方が安いです。
アンカー製品、気がついたら使っています。

Amazonを利用して業容を拡大していくとは…大胆な戦略ですねー。

そういえば、アイリスオーヤマもAmazonでよく売れるようになったような気がします。
記事を読んでも何が特にすごいのか分からなかったのがすごい。ファブレスで作る、レビューを高く保つ、苦情をフィードバックする、アマゾンの物流を使う、製品を増やす、そんなメーカーは山ほどありそうだが、この会社がユニークな点はなんだろう。最初に一気に評判を作って仕入れや生産の規模効果カーブを下ってしまったことなのか、元検索エンジニアが創業ということでそこの最適化が他社ではできないレベルだったのか。もうちょい知りたいところ
おそらく家電の中でも、機能で差別化しやすいものと、官能に訴えるものに分かれるのでしょうね。ANKERは徹底的に前者に張っている感じがして、だからこそ、純正品より安い価格設定やAmazonレビューの徹底分析が効いてくるのだと思います。

一方で先日特集に出てきた炊飯器なんかは「官能家電」の代表かと。記事を読むと、機能を言っているようで実は官能に訴えていることがよくわかります。
掃除機は両者の間くらい?冷蔵庫は機能で差別化しにくいが官能によく訴える製品も今はない気がするので、誰か新しいものを出してこないかな・・・とかとか、家電を見る目がちょっと変わっておもしろいです。
自分はANKER製品を使っていないなかでのコメント。読んでいて思ったのが、どこに「集中するのか」がとても明確で上手なのだろうなということ。
まずAmazonでのレビューをKPIとしていること。店頭営業ではなくAmazonに集中すると決めて、開発担当者に対してもそこを明示的にゴールとして社内プロセスを設計していること。
そして、そこの手として、顧客フィードバック。コールセンター任せではなく自社で正社員を雇い、コストをかける。顧客接点という点で店舗営業にコストをかけるのではなく、ひたすらAmazon。

最近は家電メーカーも増えている。他社がどこまでやっているか、どうやっているかまでは分からない。だけど、同じ業態で違いがなさそうなのに違いが生まれるケースは、こういう集中と徹底度の違いが累積的に効くことが多いと、経験則的には思っている。
ANKER製品、一番最初に購入したのはもう4年くらい前で、モバイル周り、PC周りの小物としてかなり愛用しています。米国の家電量販店は、日本とは違い小物が少ないので、Amazonに頼るとなると、デザインがかっこよく、「ちゃんとしてそう」というイメージということで買い始めました。今はもうラインナップにないですが、PCワイヤレスキーボードなんかもデザインがすっきりで使いやすいです。
連載1回目で話題になったアンカー。
私、家電リテラシー高くないので知らなかったのですが、購入検討するときのこれからは選択肢に入れたいと思います。

【核心】プロがメッタ斬り。日本の「ダメ家電」と世界の「ガチ家電」(2月26日)
https://newspicks.com/news/2846909/
コンテンツ・コンテナ・コンベアをAmazonとそのユーザーを中心に設計する。

もちろんAmazonを利用して売り上げを伸ばそうとするメーカーは多いと思うが、それはコンテナ・コンベアのところで留まっている。

ANKERの他社との違いは、コンテンツすらAmazonを利用しているところ。商品の開発をAmazonのレビューを元に改善していく徹底ぶりだと記事を読んで思いました。

これまでの商品開発は、ユーザーへのアスキングやヒアリングが中心でしたが、レビューをとことん利用したほうが良いというのは面白い。
その方がコストもかけず「苦情は宝の山」を実現できる。

しかし、それもまずは売ってレビューを貯めることから始まるので、Amazonで売れる仕組みと商品を先に作らなければ、これも出来ないこと。最初の商品のポジショニングも見事。

コンテンツ・コンテナ・コンベア、全てがカチッとAmazonとAmazonユーザーにはまっていますね。
ANKERのモバイルバッテリー、バッグに入っている率高いですよね(笑)グーグルのエンジニアが起業したベンチャーとは知りませんでした!!

確かに痒いところに手が届く感じは、ユーザーレビューを徹底的に反映した開発からなんですね。ヒアリングではなく書き込みなので文字起こしの手間もないし、点数とコメントで定量/定性両面見れるし、アフターフォロー次第では書き直してくれるし、良いのかも。

何を、いくらで、どこで、どうやって売るのか…古典的だけど王道のフレームワークを、先見性を持ってスピーディに実行していく。改めて大切ですね。
この連載について
テレビ、掃除機、炊飯器、スマホにAIスピーカー……。我々の生活は、さまざまな家電・ガジェットに彩られているが、製品数は膨大な量だし、有象無象の情報もあふれているので、本当に良い製品を選ぶのは難しい。本特集では、広告に一切頼らないガチレビューで知られる「家電批評」とのコラボで、家電への本気の批評を掲載するほか、未来の家電を彩る最先端のガチ製品にもフォーカスする。
Amazon.com, Inc.(アマゾン・ドット・コム)は、アメリカ合衆国・ワシントン州シアトルに本拠を構えるECサイト、Webサービス会社である。アレクサ・インターネット、A9.com、Internet Movie Database (IMDb) などを保有している。 ウィキペディア
時価総額
107 兆円

業績