新着Pick
722Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
Instagramは自分のアカウントへの誘導というか、橋渡しが「タグる」です。検索して初めて知ってもらえる。TwitterのようにRTが無いので!

だからゆうこすは「10〜20代コスメ・ファッション好きなモテたい女子にタグられよう」と意識してハッシュタグを付けると、インスタ始める2年前まで95%くらいがアクティブではない男性ファンだったのに、今ではアクティブな女性ファンに支持されるようになりました(*゚O゚*)95%が女性です。

10〜20代女子は、きっと皆さんの想像以上に「タグる」使っています。リアルな口コミを気軽に見れるからです。新商品が出たら必ずタグる。私は今行きたいラーメン屋さんの名前をタグ検索して「最新投稿」からどれくらい並んでるかな〜、とかも見ます。海外の今の天気を見たりもします。これは私がヘビーユーザーだからではなく、みんなそうです。

「タグる」が一般化してるので、私は、インスタは自分がフォローしてほしい層がどんな「タグる」をしてるのかな、どんな仲間を集めたいかなって考えて、それに合わせたタグを付けて発信していると、価値観の近い人が比較的集まりやすいので、炎上しにくいし自己ブランディングには最適だと思います、タグる最高( ◠‿◠ )

ちなみにインスタで、広がるように意識してタグを付けた投稿の"フォロワー以外の人が見た率"は53%でした。https://instagram.com/p/BcPwL_OFSMe/ これはPRのお仕事っぽいですが、個人的な投稿です(笑)そして、広がりを意識してないフォロワー向けの投稿、つまりタグが少ない時は "フォロワー以外の人が見た率"は10%です。https://instagram.com/p/BfdWqkWHtWG/ タグによってこんなにも差が生まれます〜!

#菅本裕子 #ゆうこす #ゆうこす好きと繋がりたい
グラフィティ(いわゆるNYの地下鉄の落書き的なイリーガルアート)の世界では、電柱みたいなとこにギャングのシンボルマークを書くような行為を「タギング(tagging)」って言うんですけど、日本の「タグる」と「タギング」は全然真逆ですね。一方はタグ付けして環境に意味を与えるクリエイティブな行為だけど、一方は与えられた意味をひたすら掘るって感じ。

情報ってのは受け取る姿勢しか取らないと脳みそが飽和して何も考えられなくなります。重要なのは入力と等しい出力を持つ事です。SNSでも積極的にアウトプットしてる人は大抵SNS疲れとか言いませんから。
すごく納得。
情報過多の果てに、図書分類のような「タグ」ができるのは必然だが、それがユーザ同士で自然発生的に合意形成されていく仕組みがエレガント
ゆうこすのコメント参考になるわー
”ググる”から”タグる”ですか…。

確かに、ググると不要な情報がたくさん出てきますよね。

遠からず、機械の方から積極的に提供されて、”えらぶ”になる時代が来るのでしょう。
今でも提供はありますが、まだまだ感が強いです。
ハッシュタグって文末に羅列するのが今でも主流だとは思うけど、古くからある情報商材のブログ文末に検索キーワードとして無差別に入れまくる感じと被って、ネガ要素を当初感じていた気がする。(その時点でおっさんかも。)

しかしある時期を境に、文の途中に入れても読みづらくなくなったなぁという感覚があり、文末にタグMAXでもまぁ普通だよなぁと思うようにも。目が慣れたのか。

本文+ハッシュタグ(オチ)のような使い方も定着しているし、タグが完全に文化として溶け込んだね。
#ゆうこす #ゆうこすと繋がりたい #Azs!
すぐおっさんがマネするよ
Googleの存在意義薄れ始めている?
タグる。この技を巧みに操りたい。
株式会社電通(でんつう、英語: Dentsu Inc.)は、日本の広告代理店である。 ウィキペディア
時価総額
1.06 兆円

業績