新着Pick
NewsPicks編集部

この記事は有料会員限定の記事となります。

116Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
中国の監視社会は今に始まったことではない。今や現金よりもWeChatの電子マネーが幅を利かせている状況。そうなると個人も企業も金の使い道はすべて当局に把握されることになる。これは究極の監視体制ではないだろうか。最近、日本は中国より遅れているという論調も見られるようになったが、我々には現金が使えるという「自由」があることを忘れてはならない。
 中国で自由な言論が認められないのは今に始まったことではありませんが、習近平時代が始まって5年の間に、言論活動に対する弾圧はさらに強まりました。
 共産党支配に批判的な香港の書店長らが不可解な「失踪」事件に巻き込まれたり、ネット規制を一層強めたりするなどしていますが、さらに習近平の「神格化」が強まっているとのこと。
 習近平の「功績」を讃える展示会が北京で開かれたり、テレビ番組のMCが習近平の名前を間違えて発音した映像がネット上から削除されたりするなど、北朝鮮以外の国では考えられないことが起きていると聞きます。
 アメリカに亡命し、言論活動を続けている陳奎徳氏に、中国で強まる弾圧の背景について北海道大学の西本紫乃研究員が聞きました。本インタビューはシンクタンク「アジア・パシフィック・イニシアティブ」のご協力で実現しました。
経済成長をしている間は、自由が制限されていても豊かになることで癒される。一方でいつまでも成長できるわけではないし、停滞期には二極化が起こるのも歴史。その時には権利・自由を巡る闘争が起こるのも世の常。その時にどうなっていくだろうか?
鄧小平は天安門事件の後、胡耀邦の後釜として江沢民を指名しただけではなく、さらにその後継として胡錦涛を指名したことが知られていますが、習近平は、鄧小平の指名と関係なく国家主席兼党総書記になりました。その意味でも、江沢民や胡錦涛、あるいは胡耀邦や華国鋒と比べてもフリーハンドをもっているといえるでしょう。さらには、結局毛沢東と周恩来の影響から抜け出せなかった劉少奇と比べても権力を掌握しきっているといえるでしょう。もはや毛沢東や鄧小平はおらず、江沢民はこの二人には相当しません。もっとも、毛沢東に比べると、人民解放軍や人民からの根源的な支持があるわけではありませんが。

中国共産党の新中国は、結局は中華民族の復興を目標としています。毛沢東は共産主義のある側面に惹かれはしましたが、人民公社や大躍進は、本当のところはマルクス主義とはかけ離れたものであり、結局は中華民族復興のための手段に過ぎませんでした。
中華民族の復興を担う中国共産党は、中国の圧倒的な主流です。習近平はその主流の中心にいます。別の勢力として、国際派、民主派というべき、欧米が普遍的とする価値観や制度を受け入れようとする勢力がいますが、あまりにも小さく、人民に根づいた勢力であるとはいいがたいです。まだしも道教やキリスト教の勢力の方がずっと大きいでしょうが、これらは共産党が取り込むことも可能です。
「創業家」というよりご本人は「中興の祖」と自認しているのではありませんか。
一党独裁政権を自分の代で終わらせた方が、世界の歴史に美名を残すのはゴルバチョフ氏を見れば一目瞭然。

それでも「自分の代では潰せない」という、共産党一家の意地というか誇りというか…後世になってどう判断されるでしょう?
西側諸国は、中国が西側の経済圏に参加することで国民が豊かになり、国民が豊かになると民主主義が発展すると考えたが、習近平永久国家主席の登場で幻想に終わりましたね。

前にも書きましたが、フランシス・フクヤマ氏の「歴史の終わり」は訪れず、自国主義の米、統制国家の中露という複雑な「新しい時代」になってしまいました。
なるほど、江沢民や胡錦濤は雇われ社長で、習近平は創業家と考えると、いろいろと分かりやすい。と。
少し忘れがちになっていたけど、これが重要なんですね。
「共産党は近年、経済や社会の様々な矛盾を抱えています。東欧の民主化やソ連の崩壊の歴史から、自分たちもそうなるのではないかという危機感があります」
それにしても「死んだ豚は熱湯を怖がらない(すでに当局ににらまれていてこれ以上何も恐れない)」って人々も出てきたのはいいことです。
これほど情報統制されても、豊かになれば、それでいいんでしょうか。
体制に従順であらねばならない中国人というのは、本当に気の毒です。
そういうことではなく、経済の転換点における改革にスピードが必要ということなんだと思います。
この連載について
NewsPicks編集部による特別企画を有料でお届けします。