新着Pick
270Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
”キーを打つのは女性事務員の仕事と考えているらしい夫たちは心を動かされた様子もなく”。

何かの高度化に使われる技術よりも、低コスト化という民主化に使われる技術の方がよりDisruptive、と思わなかったのかな。前世紀末以降については、米国大企業は買収で人材と技術を登用し、生きながらえているケースが多いようにみえる。CiscoやBroadcomのように。
面白かった〜。
技術史的な面白さもありますし、イノベーションのジレンマとしても読み込めますが、結局プレゼンが失敗だったという仮説(視点)からみるべきかもしれませんね。
ゼロックスといい、コダックといい惜しいです。これはどこでも起きうることですね。
とても面白い!!新しい技術は仕事のやり方そのものも変えることが伺える。
誰かに任せていたものを自分でテクノロジーと併せてもっと効率的にできるようになったり、テクノロジーがあるからこそ自分でやらなくて済むようになったり。
当時の状況、このカンファレンスの位置付けにもよるけど、発表する相手を間違っていたのかもしれませんね。
突っ込みがあったのでシェアしておきます。

https://mstdn.guru/@sumim/99561398180563179
これは経営をする者として心しておかないといけない歴史の一幕。
経営に関しては、イノベーションが起きやすい時代では、その業界に関して客観的である意味非常識であることが重要な事が多い。
ほんの少しの違いが、、
ゼロックス(Xerox Corporation)は、印刷機器の製造販売を行うアメリカ合衆国の会社。フォーチュン500に入っている。プリンター、複合機、複写機、デジタル印刷機、および関連サービスを提供している。創業地はニューヨーク州ロチェスター。 ウィキペディア
時価総額
4,094 億円

業績