新着Pick
334Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
(追記)皆さんコメント多謝です。特にこのお二人のご指摘は慧眼かと思います。
tsuboi kazuna
「自分にとって価値があるもの = 尊い」ものにはお金を投じる
Shunya Hayashida
現代でオタクが認められ始めるというのはある意味当然の帰結です。好みが個人個人で異なるという自然な事実を体現している存在であるからです。

==================================

消費をめぐる連載の第3回は、無料が前提の現代の子どもたち、タダ・ネイティブ世代の意外な高額消費について深掘りします。
第2回のコメントでも勘の鋭いピッカーの方が指摘されていましたが、彼らの高額消費からは従来の一点豪華消費にはない、”応援”、”貢献”、”投資”といった言葉が浮かんできます。

紹介している子どもたちの取材内容は、弊所サイトで公開中です。
好きな作者は、お金を出して応援したい。パトロン志向のタダ・ネイティブ男子
http://seikatsusoken.jp/kodomo20/1-5/
欲しいものはネットの自由!「好き」に全力投球のタダ・ネイティブ女子!!
http://seikatsusoken.jp/kodomo20/1-1/

裏側にあるもう一つの大きな変化として、この10年でいわゆる「オタク」が急速に市民権を得てきたことも見逃せません。感覚としてですが、04年にmixi,GREE,前略プロフィールなどが登場して以降、それまでオタクのものだったネットに(いわゆるリア充を含めた)普通の人々が流入することで、オタク文化の一般化が起こっていったのは大きいでしょう。
06年には女性誌のPINKYが当時はアニオタ、ゲーオタしか知らないネットスラングだった”ツンデレ”という言葉をホレさせテクニックとして紹介しました。この辺りから、完全に潮目が変わっていった感があります。今では女性誌のモデルさんでもオタクであることを公言する人が多くなりました。
消費の未来を感じる面白い記事。

子供は特にそうですが、今の大人もこの記事にある通り「無料でコンテンツを楽しむけれども、自分が好きなものを深掘りすることや、その時・その場でないと体験できないことに関しては、惜しみなくお金を使う」

今のお客様はハードウェアそのものに価値を感じない。
我々が子供のころ、つまり昔はハードウェアそのものを所有することに価値があった。

そして、一部ソフトウェアも無料の時代。その導入口から好きなものを選ぶ。この記事にある通りで、
『コンテンツの選択基準が「流行っているから」「新しいから」ということではなくなりつつある』

つまり、共感できれば、新しいも古いもなく、各自にとって価値があればお金を使う。たしかにハードウェアは古くなるのが早いが、良いソフトウェアはなかなか古くならない。ソフトウェアへのエンゲージメントは持続しやすい。

そして、体験を重視する。CDを買うより、ライブに行く楽しさに価値を見出している。

これからはハードウェアとソフトウェアの組み合わせのバランスが変わる。ハードウェアそのものの価値より、ソフトウェア、共感、体験作りがお客様の気持ちを動かす。

ハードウェアはシェアする時代ですね。

ハードウェア志向が強い日本企業ハードウェアマインドセットを変えていかないといけませんね。
地元の小学生たちと話していると、確かに好みの多様性は感じますね。自分が子供の頃は、ドラゴンボール とか ドラクエ とか一極集中だったわけですが、マイナーな作品を好む子もいるし、やたら古いマンガにハマっている子もいる。しかもその多様性をお互いに適度な距離で理解している感じです。旧世代からすると少し不思議な感覚ですねー。

以下引用
〝ちなみに、コンテンツの選択基準が「流行っているから」「新しいから」ということではなくなりつつあります〟
コンテンツの選択基準が「流行っているから」「新しいから」ではなくなりつつある。

自分の価値観で選択されて、その中で好きになったものに対してはお金を払う。ということはとにかく触れてもらって、その中で何か一つに課金してもらえたら十分ということ。僕の取り組みが間違っていなかったと思えて少し安心しています。

それも「その時・その場でないと体験できない」こと。体験が大切になっていること。観戦であればウェブでみればいいけども、体験であれば会場で体験したいと思える。

応援する意味でのお金の使い方。
polcaを面白く幸せな空間だなと感じていますが、同じようなことが起こっている。演者とファンの距離が近づいたからこその部分もありますね。

作り手側として思うのは尖ったものであること。当てに行った作品ではなく振っている作品であること。
今日も面白い。タダネイティブ世代が金を使う場面。使いふるされた言葉で言ってしまうと「体験」なんでしょうが、ライブ、映画、ファンとしての応援と並べてみると、みんなと同じではない自分ならではの「好き」に根差しているところが面白いですね
応援するためにお金が動く。
私の高校生のいとこもライブに行くことに命をかけている。
良く「お布施」っていってるけど、お金を払わないんじゃなくて、必要なものは無料でだいたい手にはいるから、「自分にとって価値があるもの = 尊い」ものにはお金を投じることができる。そんな価値観に変わってきているのかな。
裏側から読むと作家の新しいメディア戦略論。
政治の世界にも参考になる。
この連載について
独自の視点と卓越した才能を持ち、さまざまな分野の最前線で活躍するトップランナーたち。これらのイノベーターたちは今、何に注目し、何に挑んでいるのか。毎週2人のイノベーターたちに、さまざまなテーマで大いに語ってもらう対談企画。