新着Pick
NewsPicks編集部

この記事は有料会員限定の記事となります。

487Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
本日の記事は、連載の本題、暗号通貨を切り口とした貨幣史に突入です。ご笑覧頂ければ幸いです。

ところで本日の記事の締めくくりで、国際金本位制の盲点に言及しています。もしかすると、本日の記事をお読み頂いただけでその盲点を見破るピッカーの方々もいらっしゃるかもしれませんね…
暗号通貨は通貨(流通貨幣)なのか?という問いは、通貨はどうして通貨たりえるのか、という問いが答えられることによって、ほぼ答えが得られます。
現在の通貨制度は、グローバル化の急速な進展に対応するために慌てて構築されてきたものです。慌てて構築されたものであったので、その都度その都度、穴があり、通貨制度は再構築されてきました。穴を突こうとする試みもその都度現れ、現在の暗号通貨もそういった試みでしょう。
グローバル化を進めたのはまず移動と輸送、通信の技術発展ですが、大航海時代であり、産業革命であり、世界大戦でした。国際金本位制は、第一次世界大戦とその後の世界恐慌で維持できなくなり管理通貨制度に移行しましたが、第二次世界大戦と冷戦、マーシャル・プランはグローバル化をさらに進展させました。植民地化と独立を経て欧米以外の世界の大部分もブレトン・ウッズ体制とIMF体制の影響下に置かれました。

貨幣は、人類が広域の経済活動を可能にするために発明した道具です。同時に、富の蓄積と移動を容易にし、加速します。貨幣制度のデザインが権力の在りかを左右し、世界システムにおける覇権に必要であることは、20世紀にはすでに理解されていました。しかし、グローバル化する世界で、いかにして通貨に貨幣本来の役割(広域の経済活動)を果たさせ、同時に権力と覇権を確保するのか、は英国や米国にとって未知の課題でした。
現在の通貨制度は、中央銀行ないしはナショナル・バンクを発行機関とし、それ以上に公定利率を前提としたものです。つまり、国家による通貨の貸付と利子によって、広域の経済活動(=国際貿易、モノの価値の世界的な共有)を実現しようとしたものです。
暗号通貨が通貨であるために必要なのは、
・現在の世界でグローバルな経済活動を可能にする道具である、できれば現在の通貨以上に十全に可能にする
ことであると考えられます。しかしながら、もしそれが可能であったとしても、暗号通貨の機能が現在の通貨制度、つまり国家による公定利率を前提としたものであれば、通貨を補助する道具であるに過ぎず、通貨そのものとはいえない、と考えられます。
一般的受容性さえあれば草コインでも価値をそれなりに持つって事よね
信用の有無(=一般需要性、共同幻想が成立しているか否か)によって、政府が禁止をしても実質的に流通する。新興国だと、支払いを現地通貨よりドルで好む場合もあるのが、禁止とは少し違うが、現在も体感できる現実。

金本位制という観点では、はるか昔には偽装通貨も出現した。もっと安い金属と併せることで、実質的な価値を増やす。でも本位制を前提として信用されている場合にそれが発覚すると、当たり前だが通貨価値は一気に崩壊する。
あと、たしか日本の石見銀山とかで産出された銀が、他国でもっと高い価値の貨幣生産に使われていて、日本としてはシニョレッジを失っていたような記憶が…

今回の記事に興味を持たれた方は、『金融の世界史: バブルと戦争と株式市場 』(板谷 敏彦)もオススメ!
http://amzn.to/2GRUBVM
横山さんは、お話しが上手いですね。素晴らしい講義です。
"勝者がひとり勝ちをするのではなく、敗者復活のチャンスが用意されているとされた点で、各国の政策当局者にとって合意をとりやすいロジックでもあったのです。"
通貨が金によって価値を裏打ちされるというコンセプトはとても理解しやすいけど、言われてみればかなり原始的というかシンプルすぎますね。20世紀はケインズのように恐慌や不況の時の政府の振る舞い方などかなり多くのことが経済学で証明されつつあったので、馬鹿馬鹿シク映ったのでしょう
マネーは一般的受容性がすべて。
この連載について
独自の視点と卓越した才能を持ち、さまざまな分野の最前線で活躍するトップランナーたち。これらのイノベーターたちは今、何に注目し、何に挑んでいるのか。毎週2人のイノベーターたちに、さまざまなテーマで大いに語ってもらう対談企画。